『TRICK』仲間・阿部の迷コンビが4年ぶり復活! シリーズ10周年で3度目の映画化決定

『TRICK』仲間・阿部の迷コンビが4年ぶり復活! シリーズ10周年で3度目の映画化決定

女優・仲間由紀恵演じる自称“売れっ子奇術師”・山田奈緒子と俳優・阿部寛演じる騙されやすい天才物理学者・上田次郎のコンビが、4年ぶりの映画『TRICK』で復活することが11日、わかった。
劇場版3作目となる『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』では、ヅラ刑事・生瀬勝久、奈緒子の母・野際陽子などのレギュラー陣が再び集結。
ゲストに松平健、佐藤健、夏帆、藤木直人、片瀬那奈、戸田恵子らを迎え、これぞ集大成という『TRICK』ワールドが展開される。
監督は、テレビシリーズから演出を手がける堤幸彦が務める。

2000年7月に深夜ドラマとして放送が始まるや、不可思議な現象の裏に潜む“トリック”を暴く謎解きと、登場人物の行動やセリフ、小道具などに散りばめられたコメディの要素が絡まった独特の演出と雰囲気が支持され、映画、ゴールデンタイムへと進出。
熱狂的なファンを多く抱えたまま来年、シリーズ10周年を迎える。

2006年公開の『TRICK 劇場版2』以来となる新作に、仲間は「4年も経っていたんですか!?という感じがします。時間が経っていたようで、実際現場に入ってみると、そんなに時間も経っていなかったような不思議な感覚に襲われていますが、久しぶりにトリックの現場に戻れて嬉しい」と“旧友”との再会を楽しんでいる様子。

 10月15日にクランクインし、12月下旬まで撮影は続き「変わらないコンビネーション、そして不思議なトリックワールド。一生懸命、いい作品を作りたいと思います」と意気込む仲間に、阿部も「トリックはトリックでしかない雰囲気というのがある」と同調。

今回は「さらにいろいろな俳優の皆さんが参加してくれて、トリックの世界観に可能性を感じているし、面白さも増していくような気がしています。僕も楽しみ」とコメントしている。

最新作では、絶大な力をふるう霊能力者カミハエーリが村人を治める村で、カミハエーリの後継者となる最強の霊能力者を選ぶバトルロイヤルが開かれる。
これに参加して大金をせしめようと企む奈緒子と馬鹿げた風習をやめさせるために村に招かれた上田が、壮大な“トリック”に挑む。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

篠山紀信、「原紗央莉」写真集が公然わいせつの疑い

篠山紀信、「原紗央莉」写真集が公然わいせつの疑い

警視庁は10日、今年発売された写真家、篠山紀信氏のヌード写真集「20XX TOKYO」の撮影で公然わいせつの疑いがあったとして、東京都港区にある篠山氏の事務所や自宅と、写真集のモデルで人気AV女優、原紗央莉の所属事務所を家宅捜索した。

捜査関係者によると、篠山氏は街中の人目に触れる場所で、原のヌードを撮影。
この行為が公然わいせつにあたるとみて捜索しているという。
警視庁は今後、篠山氏らに事情を聴く方針だが、写真集自体のわいせつ性は問わないとしている。

この写真集は篠山氏による「NO NUDE by KISHIN」シリーズの第1弾として、今年1月に朝日出版社から発売された。
女優2人のヌードを掲載したもので、原紗央莉はメーンモデル。
A4判64ページのうち50ページ以上がオールヌードで、路上であおむけに寝転がったポーズのほか、東京湾をバックにカメラを凝視する姿や、草むらでの雌豹のポーズなど、85センチEカップのバストを惜しげもなく披露。
“ご開帳”も数カット掲載されている。
昨年夏から東京・台場や赤坂、青山墓地などで撮影されたとみられる。

価格は3150円だが、現在は絶版。
このため、同写真集にはプレミアがついており、通販サイトなどでは1冊1万2500円の高値で取引されている。

篠山氏は、女優、宮沢りえらのヌード写真集などで知られ、1991年に発売した女優、樋口可南子のヌード写真集は、ヘアヌード論争を巻き起こした。

原紗央莉は、中学2年で芸能界デビューし、清純派美少女タレント兼モデルとして活躍したが、高校卒業と同時に2年間活動を休止。
昨年、芸能界に復帰し、11月にAVデビューした。
父方の祖父がドイツ人というエキゾチックな容姿とスタイルでヒット作を連発。
元ライブドア社長の堀江貴文氏が、自身のブログで原を絶賛したことでも話題になった。

現在、テレビ東京系で放送中のドラマ「嬢王Virgin」にも出演している。

捜索を受けたことについて、篠山氏の事務所は「一切答えられない」とし、発行元の朝日出版は「担当者が不在でコメントできない」としている。
posted by toshi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

“鬼嫁”高岡妹が本田泰人と離婚、夫婦生活はネタではなかった!

“鬼嫁”高岡妹が本田泰人と離婚、夫婦生活はネタではなかった!

サッカー元日本代表MFでサッカー解説者の本田泰人氏と女優、高岡早紀の実妹でモデルの高岡由美子の夫婦が離婚していたことが、分かった。

2人は「行列のできる法律相談所」などにそろって出演し、“恐妻家&鬼嫁”として人気を呼んでいた。

2000年11月に結婚。
本田氏は結婚当時、鹿島アントラーズに所属していたため、茨城住まいをイヤがる妻といきなり別居生活になったことなどを番組でネタにしてきた。

引退後は晴れて東京で夫婦生活が始まったが、高岡は部屋に鍵をかけ、別々で寝るという家庭内別居状態に。

高岡は結婚後の05年、テレビ東京系のドラマ「黄昏、その時」で女優デビュー。
最近は、テレビの露出が増えて、自信がついたのか、以前からくすぶっていた離婚話が持ち上がったようだ。

結局、高岡に押し切られる形で本田氏が離婚届に押印、5日に高岡が提出した。
7歳の一人娘の親権は高岡が持ち、慰謝料はないという。
posted by toshi at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「JIN 仁」第5話平均視聴率が20.3%

「JIN 仁」第5話平均視聴率が20.3%

8日放送された大沢たかお主演のドラマ「JIN 仁」第5話の平均視聴率が20.3%と、今秋放送開始された連続ドラマでは初めて20%を超えた。 

「JIN 仁」は、大学病院の脳外科医だった南方仁が、幕末の江戸にタイムスリップし、満足な医療器具や薬もない状態で人々の命を救う中、坂本龍馬や勝海舟ら志士たちと知り合い、歴史の渦の中に巻き込まれていく……という物語。

第5話は、仁が患者を救うため、「ペニシリン」を開発するというストーリー。

毎週日曜日午後9時の「日曜劇場」枠で、初回は16.5%で、
その後も順調に視聴率を伸ばしていた。

posted by toshi at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

酒井法子被告に懲役1年6月、執行猶予3年の判決!

酒井法子被告に懲役1年6月、執行猶予3年の判決!

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた元女優、酒井法子被告の判決公判が9日、東京地裁で開かれた。
村山浩昭裁判官は酒井被告に懲役1年6月執行猶予3年の執行猶予付き有罪判決を言い渡した。

判決で村山裁判官は覚醒剤使用の犯罪行為を認定したうえで「常習性やある程度の依存性が認められる」と、酒井被告の覚醒剤依存を認定。「逃走など事後の行動も卑劣」と厳しく指弾した。
しかし「夫との離婚を考えている」ことや、母親が監督を申し出ていることなどもあわせて指摘し、猶予刑を言い渡した。

公判は約20分で閉廷したが、村山裁判官が主文言い渡し後、酒井被告に量刑を復唱させる一幕もあった。

 検察側は論告で「数年間にわたって断続的に多数回、覚醒剤を使っており覚醒剤に対する依存性が認められる」として懲役1年6月を求刑していた。これに対し、弁護側は「常習性はなく、自分で覚醒剤を用意したのではない。再犯の可能性も低い」と主張していた。

元アイドルの覚醒剤事件は関心が高く、この日は21の傍聴席を求めて早朝から3030人が列を作った。
posted by toshi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

押尾被告に異例の執行猶予5年有罪判決

押尾被告に異例の執行猶予5年有罪判決

合成麻薬MDMAを使用したとして麻薬取締法違反罪に問われた元俳優、押尾学被告の判決公判が2日、東京地裁で開かれ、井口修裁判官は懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

判決理由の中で井口裁判官は、押尾被告のMDMA使用や犯行発覚までの経緯などについて、「押尾被告の法廷での説明は内容が不自然で、信用し難い」と指摘。
違法薬物に再び手を出さないかどうかを見守る期間として、5年という異例の長さの執行猶予を付けた。

押尾被告は10月23日の初公判でMDMAの使用を認めていたため、争点は刑の重さに絞られていたが、押尾被告がMDMAを常習的に使っていたかどうかも焦点の一つとなった。

 検察側は論告で、押尾被告が過去に海外でMDMAを使用していた経歴があることを指摘した上で、「違法薬物と認識しながら快楽目的で飲んだ。毛髪鑑定でMDMAが検出されていることも考慮すれば常習性は顕著だ」と述べていた。

 一方、弁護側は「押尾被告は自らMDMAを手に入れたのではない。海外での使用歴も正直に話しており、(国内で)飲んだのは今回の1回だけで常習性はない」と強調し、執行猶予付きの判決を求めていた。

 検察側は10月23日に開かれた初公判の被告人質問で、現場のマンションに一緒にいて死亡したホステスの女性=当時(30)=と会う前のメールのやり取りで、押尾被告が送った「来たらすぐいる?」との文言を示し、押尾被告がMDMAを勧めたのではないかと指摘。しかし、押尾被告は女性に勧めたことを否定していた。

 事件をめぐっては、押尾被告は女性が死亡した経緯について、公判や捜査段階の調べで「女性から錠剤をもらって一緒に飲み、途中で女性に異変が起きた」「女性に心臓マッサージをした」などと供述。だが、女性に異変が起こってから119番通報までに約3時間が経過していることや、女性の携帯電話が屋外に捨てられていたことなどから、警視庁は保護責任者遺棄などの疑いがあるとみて捜査を進めている。

 起訴状によると、押尾被告は8月2日、東京都港区のマンションでMDMAの錠剤少量を飲んだ、とされる。
posted by toshi at 12:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

日本テレビで30日深夜から<あしたのジョー2>異例のノーカット再放送

日本テレビで30日深夜から<あしたのジョー2>異例のノーカット再放送

80年に放送されたアニメ「あしたのジョー2」が、当時のせりふのまま、日本テレビで30日から再放送されることが分かった。
70〜80年代のアニメは、再放送時に表現などの問題で、せりふが一部カットされるケースもあるが、今回は異例の措置という。

 「あしたのジョー」は、高森朝雄(梶原一騎)さん原作、ちばてつやさん作画のボクシングマンガが原作。
不良少年の矢吹丈が、少年院で元プロボクサーの丹下段平からボクシングを教えられ、力石徹らライバルとの死闘を通じて成長していく姿を描いた。
1968年から「週刊少年マガジン」に連載され、スポ根マンガの傑作と言われる。

 80年に放送された「あしたのジョー2」は力石の死後、テンプルにパンチを打てなくなっていた丈が、再びボクサーとして復活し、カーロス・リベラらライバルたちとの死闘を経て、最強の王者ホセ・メンドーサに挑むまでが描かれた。

 関係者によると、「作品が描かれた時代背景や、作品性、制作者の意図を尊重し、基本ノーカットでの放送を決めた」としている。

放送は、30日深夜4時35分から毎週金曜日と日曜日に1〜3話不定期放送される。
posted by toshi at 12:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

日本唯一の招待客、中居正広、マイケル遺作映画に大興奮

日本唯一の招待客、中居正広、マイケル遺作映画に大興奮

SMAPの中居正広が、米ロサンゼルス・ノキアシアターで開かれた米歌手、マイケル・ジャクソンさん(享年50)のドキュメント映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のワールドプレミアに27日(日本時間28日)、日本唯一の招待客として出席した。

 「中学のころ、この世界を目指した時から尊敬していた人。感慨深いです」と中居。上映前に世界のVIPにまじって黒のタキシード姿でレッドカーペットを練り歩き、「追悼のような雰囲気を想像していたけど、大きなお祭りのようなイベントで、笑顔があふれていました」と感動しきり。

 映画は、マイケルさんが6月に亡くなる直前まで続けたライブリハーサルを中心に構成。「最高でした! 人間味あふれるマイケルの姿を見ることができて、うれしかった」と大興奮だった。

 上映後は、東京・台場のフジテレビ内に待機したSMAPのメンバー4人と中継で結び、現地の様子を報告。
この中継や中居の現場リポートなどは同局系「SMAP×SMAP」で後日、放送予定。
posted by toshi at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ビートたけしが「東京03騒動」で紳助をチクリ

ビートたけしが「東京03騒動」で紳助をチクリ

島田紳助さんがお笑いトリオ「東京03」をテレビの生放送中に叱責した件について、ビートたけしさんが「紳助批判」と受け取れるコラムをスポーツ紙に書いた。
この「事件」をきっかけに、あいさつに来るタレントが増え、とばっちりで「困っている」というのだ。
ネットでは「よくぞ言ってくれた」という声が大量に出ている。

問題になっているのは、TBSの特別番組「オールスター感謝祭」(2009年10月3日放送)。会場全体が暗くなっている時に、一瞬だけ番組司会の紳助さんが、「東京03」に詰め寄るシーンが映った。
何が起きたかの説明はなかったが、その後ずっと「東京03」がうつむいているのを見て、両者の間にトラブルがあったのではないか、とネットが騒然となった。

 これに関して、お笑いコンビ「オール阪神・巨人」の巨人さんが09年10月4日に自身のブログで経過を説明。

 「(紳助さんは)何か少しカチンと来たのでしょうね!? でも大丈夫ですよ、少し怒った後に打ち上げも一緒に行って最後は握手をしてハッピーエンド」

と明かした。
巨人さんはメールで、紳助さんに「堪忍してやって!」とお願いしたところ、「少し怒って堪忍した」という返事が来た、とも書いている。するとブログのコメント欄には、紳助さんへの非難が殺到、コメント欄は閉鎖された。

現在は、巨人さんのブログは平常に戻っていて、「事件」の記憶も薄れかけていたが、ビートたけしさんが09年10月27日付けの「東京スポーツ」で、

  「紳助のせいで俺にとばっちり」

 という記事を書き、ネットではまた騒ぎがぶり返した。

ちなみに、たけしさんは「東スポ」の客員編集長を務めている。

 記事には、

「紳助が『あいさつがない』とかって若手の東京03ってのを怒ったものだから、出番前にタレントがいちいちオレんとこにあいさつに来て、うるさくってしょうがないよ」

 などと書かれている。

たけしさんはテレビの出番前には寝ていることが多いのに、出演者など多くの人達がいちいちあいさつにくるようになってしまい、寝られなくなってしまった、というのだ。

これからは「紳助の逆に出ようかな」、つまり、あいさつ禁止、たけしさんの顔を見ても絶対なにも言わない、などの取り決めをしたい、というのだ。

皮肉交じりに、紳助さんを「チクリ」とやった感じだ。

これに対しネットでは、「紳助に灸を据えられるのはたけしだけ」など、賛美する書き込みが大量に出回っている。
掲示板「2ちゃんねる」にはスレッドが多数立つ「祭り」に発展。

「やっぱりタケちゃんマンは器がデカイ いちいち小さな事に目くじら立てないし 大物はこうでなきゃ」
「たけしを慕う芸人が多いのも頷けるなあ」
「まぁ挨拶は基本で重要だけどな でも、あそこまで怒るのは紳助の器の小ささ」

 などと書き込まれている。
posted by toshi at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

酒井被告が初公判で、離婚・引退・介護宣言

酒井被告が初公判で、離婚・引退・介護宣言

覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された元女優、酒井法子被告の初公判が26日、東京地裁で行われた。起訴事実を全面的に認めた元トップアイドルは、覚せい剤を勧めた夫で同罪の高相祐一被告に決別宣言!
「離婚して…お互いに…更生する努力が必要だと思います」と号泣しながら覚悟を語った。
今後については「福祉、介護の勉強をしたい」と芸能界引退を初めて言及。

検察側は懲役1年6月を求刑し、即日結審した。
11月9日に判決が言い渡される。

髪を後ろでまとめ、黒のジャケット&スカートで法廷に立った酒井被告に、かつてのトップアイドル、のりピーの面影はなかった。

「私としては、離婚して…お互いに…更生する努力が必要だと思います」

 証言台に立った酒井被告は、弁護人質問で高相被告との決別を嗚咽まじりに、はっきりと口にした。

 取り調べ時の「夫と息子と3人で暮らしたい」という供述から一変。薬絶ちの“証拠”として、入手ルートでもある覚せい剤漬けだった夫との別離を前面に押し出した。初公判で、夫婦生活の継続を望んだ高相被告とは対照的だった。

 検察側質問で「祐一さんと離婚するの?」と念押しされた際も、酒井被告は「主人とは今(保釈中で)話すことができていないので、話し合った上で決めたい」とトーンダウンしたものの、離婚の意志は揺らがなかった。

 法廷での“決別宣言”は離婚にとどまらない。

 「今後は母の介護をしていきたい」と肺がん手術を受けた継母に尽くす決意を語り、さらに「福祉、看護、介護を勉強して、今後の仕事や生活に取り組んでいけたら」と今後の生活の糧として、介護の仕事を選ぶことを初めて吐露。芸能界引退の決意を示した。

 午後1時半から始まった法廷では、冒頭で起訴事実を全面的に認めた。

 「だいたい主人と使っていました」。覚せい剤に手を染めた理由について、弁護人質問で「4年前ごろ、夫に『スッキリするもの』と勧められて。自分が未熟でした」と明かした。

 本業の女優ではなく、慣れない音楽番組の司会に挑戦していた昨年夏に薬物を再開し、月1〜2回使用するほど常習になったことも素直に話した。当時を振り返り、「生活のリズムが乱れ、肉体的にも精神的にも疲れが取れるので、好奇心でやってしまった。私は周りに期待されると頑張りすぎるので…」と“自己分析”した。

 弁護人から「言いたいことは?」と促されると、「悪いのは私。本来、夫から覚せい剤を引き離すのが私の役目でした。本当に申し訳ありません」と法廷に響く声で改心をアピール。検察官とのやりとりでも、か細い声ながら「大変、軽率で反省しています。心の弱さがありましたが、今は一切やることはない」と強調した。

 最後に裁判官から、離れて暮らしている長男について聞かれ、「子供には一番、悲しい思いをさせました。恥ずかしくない母親になるために一生懸命頑張ります」と涙ながらに語った。

 1時間の予定だった初公判は50分もオーバー。
離婚、引退で更生を誓った酒井被告に検察側は1年6月を求刑し、即日結審した。
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

<秋葉原エンタまつり2009>美少女ベッキー・クルーエルが登場

<秋葉原エンタまつり2009>美少女ベッキー・クルーエルが登場

日本のアニメや音楽をこよなく愛する、イギリスはマン島在住、14歳の美少女、ベッキー・クルーエル。大好きな日本の音楽に合わせて踊る姿を自らネットに投稿したところ、瞬く間に“可愛いにもほどがある!”と話題騒然、2009年10月現在で約330万回の再生を記録している。

そんなベッキー・クルーエルが10月25日(日)、<秋葉原エンタまつり2009>のステージに登場。
日本での生パフォーマンスを初披露した。

ブレイクのきっかけにもなった「男女」のパフォーマンスを終えると、思わず「ウフフ(笑)」と可愛い笑い声を漏らしながら、司会者の手からカンペを奪取。

そして片言ながらも一生懸命に「ミンナ、ドウモアリガトウ。ミンナデ、キイテクダサイネ。エヘヘ(笑)」と笑顔いっぱいに日本語で挨拶をした。

さらに、「可愛いにもほどがある!」と思わずツッこまずにはいられないほどキュートに、Buono!の「恋愛♥ライダー」などのダンスを披露したのち、スペシャル・ゲストとして「男女」の作者である太郎氏が登場。
“♪男女男男女男女(フォー!フォー!)”と掛け声のレクチャーをして、太郎Vo+ベッキーのダンスによる奇跡のコラボレーション。
場内が一体となった“フォー!フォー!”という掛け声に、満足げな笑みを浮かべてベッキーはステージを後にした。

ベッキー・クルーエルは、デビューDVD『ディス・イズ・ベッキー・クルーエル』を12月9日にリリースする。
今作は、「男女」のベッキーヴォーカルVer.のダンス映像のほかに、2009年夏の初来日映像などを収録。
“可愛いにもほどがある!”ベッキーの魅力が“これでもか!”と詰め込まれた一枚となっている。

デビューDVD
『ディス・イズ・ベッキー・クルーエル』
2009年12月9日発売
TKBA-1132 ¥3,360(tax in)
◇「男女」ベッキー・クルーエル Vocal Ver.
◇「NOAH」 iroha(sasaki) with うさ
◇「easy plus easy」 baker with はるよ
◇「ハシビロガール」 ゴム
◇「Yggdrasill」 SHIKI with リツカ
◇「break-」 KTG with Linco
◇「男女」ベッキー・クルーエル Vocal Ver. @キッチンシチュエーション
◇「男女」ベッキー・クルーエル Vocal Ver. @屋外シチュエーション
ほか
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

南田洋子、緊急手術「植物状態」

南田洋子、緊急手術「植物状態」

認知症で療養中にくも膜下出血の緊急手術を受けた女優・南田洋子の夫で俳優の長門裕之が20日夜、都内で会見し、南田が危険な植物状態に陥ったことを明かした。

 出演する明治座公演後に応対した長門によると、南田は17日夜に都内の病院に救急搬送され、重度のくも膜下出血で手術を受けた。

医師からは3分の1ずつの確率で、亡くなるか植物状態になるか助かると説明されたが「自力で呼吸できない。血圧は今も下がり続け30〜40台。人間の機能を失った洋子のむくろでしかない。もう助からない。時間の問題です」と絶望感を漂わせた。

 病床では48年連れ添う愛妻に何度も呼びかけており「俺の生涯で絶対に失いたくないものを失う時間を待っている。一生分のキスをやりました。さよならという意味ですね」と声を震わせた。

 南田は約4年前から認知症の症状がみられ、長門は都内の自宅で介護を続けてきた。
最近は回復の兆しも見えていた矢先で「17日朝は『ごめんね、寒い』って見送ってくれなかった」。長門が舞台公演後に帰宅すると「汚水を僕にかぶせて」おう吐する妻の姿があった。

「この2、3年の楽しさは洋子からの最後のプレゼント。(明治座の)芝居で『心の傷は時が治してくれましょうぞ』ってセリフがあって。俺の傷は治るのかな。ここで号泣して仕事に傷をつけることはできない」と自分に言い聞かせるように語った。
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

月9「東京DOGS」初回視聴率が18.7%、小栗旬、水嶋ヒロコンビで09年の月9最高

月9「東京DOGS」初回視聴率が18.7%、小栗旬、水嶋ヒロコンビで09年の月9最高

19日に放送がスタートした小栗旬さんと水嶋ヒロさんが主演のフジテレビ月9ドラマ「東京DOGS」の初回視聴率が、平均18.7%を記録したことが20日、ビデオリサーチの調べで分かった。
09年の月9ドラマで最高のスタートとなった。

「東京DOGS」は、ニューヨーク市警のエリート刑事、高倉奏(小栗旬)と、警視庁特殊捜査課の警察官・工藤マルオ(水嶋ヒロ)の“迷コンビ”が繰り広げる刑事ドラマ。
奏とマルオが出会うきっかけとなった事件にかかわる謎の女・松永由岐を吉高由里子さんが演じている。

ほかに、三浦友和、田中好子、大塚寧々、勝地涼、東幹久らが出演。

主題歌は、ダンスボーカルユニット「EXILE」が書き下ろした「ふたつの唇」。

 小栗さん、水嶋さんの月9初登場作品で、9月に行われたオリコンリサーチの調査で、秋の連続ドラマ期待度ランキングの総合2位を獲得するなど話題を集めていた。
今年の同枠では1月放送スタートの瑛太さん主演の「ヴォイス」の17.7%が最高だった
posted by toshi at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広末涼子 永井大と再婚決意か?

広末涼子 永井大と再婚決意か?

女優・広末涼子の再婚説が急浮上している。
再婚相手とウワサされるのはこれまで幾度となく熱愛説が報じられてきたイケメン俳優の永井大。
すでに2人は結婚を決めたというのが業界の定説になっているのだ。

アカデミー賞映画「おくりびと」でヒロインを演じ、完全にトップ女優の仲間入りを果たした広末が、ここへきて公私にわたり絶好調だ。

最新作「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」ではこれまでにない激しい濡れ場を披露。
主演の松たか子を“食ってしまった”と話題になっている。

「さらに11月14日公開の『ゼロの焦点』でも大胆シーンを披露している。出張先の金沢で失跡した夫の行方を追う新妻役で、新婚旅行での混浴を回想する場面がエロい。夫と露天風呂で絡むのですが、かなりきわどく肌をさらしています」(映画ライター)

「おくりびと」でも主演の本木雅弘との絡みで“艶技”を披露していた広末。
大人の女優への転身に成功し、女優としてまさに絶好調だが、私生活の方も充実しているようだ。

「永井と広末は現在も、半同せいに近い生活を送り、再婚の障害といわれた広末の長男も永井になついている」(テレビ関係者)

とはいえ、結婚は近々の話ではなく、一部の関係者の間では入籍は早くても来年以降になると言われている。

「現状では広末の離婚からまだ期間が経っていない。さらにCM契約や映画の出演話などが次から次へと舞い込み落ちつかない状態。当面は結婚どころではないだろう」(同)

 もっとも今回、浮上した再婚説に対し、最も慎重になっていたのはほかならぬ広末本人だったそうだ。
 「正直、いまも迷っている。前回は勢いに任せた“出来ちゃった婚”だったが今度、失敗すればようやく築き上げたトップ女優の地位が揺らいでしまう危険性がある」(芸能プロ関係者)
 迷っている広末の背中を押したのが5歳になる長男の存在だった。女優である前に母親の選択をしたようなのだ。

 「前夫と離婚した後、広末は今後の人生を子供のために捧げようと決めていた。そんな状況下で知り合ったのが永井だ。子煩悩な永井はこの長男を実の子のようにかわいがっている。以前、写真誌でも永井が広末と子供の3人で過ごしていたことが報じられている。広末も長男のためにも父親が必要だと考えているようだ。再婚は子供のためと言っていい」(関係者)

今後の展開が注目されそうだ。
posted by toshi at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

松田龍平・翔太がドキュメンタリー映画で兄弟初共演! 父、「松田優作」を語る

松田龍平・翔太がドキュメンタリー映画で兄弟初共演! 父、「松田優作」を語る

俳優の故・松田優作さんの生誕60年、没20年記念プロジェクトとして製作された初の公式ドキュメンタリー映画『SOUL RED 松田優作』に、それぞれ俳優として活躍する長男・龍平、次男・翔太の2人の息子が出演していることが13日、わかった。
1つの作品に兄弟揃って出演するのは今回が初めて。
公の場でほとんど語られることのなかった、“父・松田優作”について、自らの言葉で語っている。

40歳という若さでこの世を去り、それから20年が経とうとする今も、存在感を失わない俳優・松田優作。
公私共に男気にあふれ、情に厚く、その勇猛な人間性と卓越した演技力から、最も重要な日本の映画俳優の一人と評価されている。

そんな優作さんの生き様や軌跡を、現存する映画、テレビ、写真、未発表資料に加え、優作さんと親交の深かった映画監督、俳優らのインタビューで綴るドキュメンタリー。

「ホンモノとはなにか」を自問し「まじめに取り組むことの尊さ」を体現し続けた優作さんが、次世代に遺していったものを伝えていく。

その中で、血のつながりとともに遺された2人の息子たちが今、何を想い、優作さんについて語るのかが、最大の見せ場となる。

映画『SOUL RED 松田優作』は、優作さんの命日である11月6日(金)より東京・新宿ピカデリー、
翌7日(土)より東京・丸の内ピカデリーほか全国公開。
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

島田紳助の生放送中「東京03」への叱責めぐり、オール巨人ブログが炎上

島田紳助の生放送中「東京03」への叱責めぐり、オール巨人ブログが炎上

TBS系特別番組「オールスター感謝祭」生放送中に一瞬、司会の島田紳助さんがお笑いトリオ「東京03」に詰め寄るシーンが映された。
「東京03」はその後、うなだれたたままで番組に参加しなかった。
紳助さんが何をしたのかをめぐって、ネットでは騒ぎになっている。そうした中で、番組に出演していたオール巨人さんがブログで、今回の出来事について説明したが、「紳助を擁護するのはおかしい」などの書き込みが殺到し、巨人さんのブログが「炎上」した。

騒動になったのは2009年10月3日放送のTBS恒例の特別番組「オールスター感謝祭」。
芸能人や有名人200人がクイズの回答者として集合した。問題のシーンはサーカス団・シルクドソレイユが舞台でパフォーマンスを披露し、会場全体が暗くなっている時に起こった。

テレビカメラは、演技中のシルクドソレイユと、それに見とれている出演者達を交互に映していたのだが、突然、カメラの前を横切る人影が出たり、尋常ではない様子で司会の島崎和歌子さんや西川きよしさんが走る姿などが出て、不穏な空気が流れた。なぜか司会の紳助さんが回答者の場所にいて、揉み合っているようなシーンが映った。

紳助さんがいた場所は人気急上昇のお笑いトリオ「東京03」の近く。「東京03」はその後ずっとうなだれたまま。
この異様な展開にネットが騒然。ネットでは紳助さんと「東京03」の間に何かあったのは間違いない、とし、詮索が始まった。

 「東京03がクイズで不正を働き、紳助が激怒したのではないか」
 「先輩に対し思い上がった態度を取ったのが許せなかったのだろう」

などの憶測が飛んだ。
また、「東京03」は09年のお笑いの王者決定戦「キングオブコント」で優勝。
紳助さんがプロデュースした老舗の王者決定戦「M-1グランプリ」とはライバル関係にある。
これが今回の騒動と関係があるのでは、といった、根拠のない推測も出ていた。

そんな混乱が気になったのだろか。
番組に出演していたお笑いコンビ「オール阪神・巨人」の巨人さんが「感謝祭・パート2・こぼれ話!」と題したブログを09年10月4日に公開した。
紳助さんが番組で若手に詰め寄ったと騒ぎになっていることについて「(紳助さんは)何か少しカチンと来たのでしょうね」と明かした。何について「カチン」と来たのかについては触れていないが、巨人さんがメールで紳助さんに「堪忍してやって!」と、打ったら、

  「少し怒って堪忍したって・・あんたの優しさに感謝!」

と返事が来たという。
紳助さんは怒った後にその若手と打ち上げに一緒に行き、「最後は握手をしてハッピーエンド」になったのだそうだ。

しかし、この記事が思わぬ「炎上」へと発展する。
巨人さんに今回のブログで背景を説明してくれた感謝のコメントもあるのだが、紳助さんを非難するコメントが殺到、巨人さんが紳助さんを擁護する記事を書くのはおかしい、という非難が寄せられたのだ。コメントは500近く付いていて、

  「師匠がどんなにかばおうとどんな背景があろうと あの番組の司会者はやりすぎだったと思います。薄暗かったから自分がやったことが映らないだろうと思ったのでしょうか」
  「巨人さん、もうそろそろ、同じ吉本の同期として、彼を『堪忍せずに』本気で叱ってください」
  「美談にしたい会社 もしくは島田氏の意向を聞いた上で(巨人さんはブログを)書いたのでしょうか。不自然です」

などが書き込まれている。

 これに対し巨人さんのファンの人達は、

  「皆さん言いたいことはたくさんあるでしょうが、巨人師匠には迷惑をかけないであげて下さい‥お願いします」
  「関係のない巨人さんのブログを炎上させるって03ファンの人、どうかしてる」

などと炎上を止めるのにやっきになっている。
巨人さんのコメント欄は09年10月5日の夕方に閉鎖された。
posted by toshi at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

沢尻エリカが事実上解雇、事務所HPから削除

沢尻エリカが事実上解雇、事務所HPから削除

女優の沢尻エリカが30日、所属事務所・スターダストプロモーションの公式ホームページから名前を削除され、事実上解雇されたことが明らかになった。
9月中旬に沢尻が帰国して以来、話し合いを続けてきたが両者の主張は平行線をたどっていた。
最近、事務所側は最終的な契約解除通告を行ったもようで、HPからの削除により、対外的にも“絶縁”を示したとみられる。

スターダストの公式サイトのトップページ、タレント一覧と芸能3部のページには前日まで、沢尻の名前と写真が使われていた。
しかし、30日午後、沢尻の写真は削除され、プロフィルなども閲覧不能状態となった。

スターダストではこの件について「コメントできない」としているが、この日までに最後通告を意味する内容証明郵便で沢尻サイドに送付されたとみられ、これに合わせサイトから名前を外したもよう。
対外的にも“絶縁”を示したと思われる。今のところ沢尻側のアクションは確認されていない。

一方、アーティスト名「ERIKA」の公式HPは現在も閲覧可能。解雇騒動後、「次のステージで会いましょう」という意味深なメッセージが話題となったが、所属レコード会社のソニーミュージックは「2〜3カ月前にアップしたもので、今回の騒動とは関係がない」としている。

 これまでスターダスト側は、沢尻が過去の素行不良に加えて、新たに重大な契約違反が発覚したとして、数度にわたり解除通告書を送付。

しかし夫の高城氏が弁護士を立て、取り消しを主張してきたとされる。

posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

テレ朝が臼井儀人さんお別れ会開催、「クレヨンしんちゃん」は継続

テレ朝が臼井儀人さんお別れ会開催、「クレヨンしんちゃん」は継続

人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者で、群馬と長野の県境にある荒船山で死去した漫画家、臼井儀人さん(享年51)のお別れ会が開催へ向けて調整中であることが29日、分かった。
アニメ「クレヨンしんちゃん」を放送するテレビ朝日がこの日、東京・六本木の同局で行った定例会見で明らかにした。

早河洋社長は「臼井さんの作品は世界中の子供たちに愛されていました。お亡くなりになったことは大変ショッキングで、ご冥福をお祈りするばかりです」と追悼。
「ご遺族の意向をうかがいながらですが、ファンが多いのでお別れ会をしようという方向で調整中です」と説明し、「そう遠くない時期に」と明かした。
同局や出版社の双葉社など臼井さんと縁のある関係者が主催するという。

アニメについては、今後も放送を継続する方針で遺族や制作会社と話を進めており、「『ドラえもん』や『サザエさん』のような例もあるように、作者が亡くなってもその精神を継いだクリエーターが今後も作りあげていくことになる」と話した。
臼井さんの死後、初となる放送は10月16日になりそうで、早河社長は「変更しない方向で協議している」と話した。
posted by toshi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

友和&百恵さん次男・三浦貴大が映画で俳優デビュー

友和&百恵さん次男・三浦貴大が映画で俳優デビュー

俳優・三浦友和と元歌手・山口百恵さんの次男・三浦貴大が、来年初夏公開予定の映画「RAILWAYS―レイルウェイズ―」で、俳優デビューすることが28日、分かった。
学生時代にライフセービングで鍛えた強じんな肉体と精かんなマスクを持つ大器。ロックバンド「Peaky Salt」のボーカルで兄のユウ(三浦祐太朗)に続き、スターダムを目指す。

父親譲りの精かんな顔立ちに、母親をほうふつとさせる切れ長の目は、まさしくスターの遺伝子。
順天堂大では4年間ライフセービングに打ち込み、ガッチリとした肉体を作り上げた。
柔和な印象の兄とは違い、硬派な輝きを放つ23歳だ。

この春、大学を卒業する直前に父と同じ道に進むことを決めた。
「体育会だったので大学1年の時に寮生活をしていたんですが、十五、六人で一つのテレビを見るのが楽しかった。練習終わった後、疲れてるはずなのにみんな必ず集まってきて。その時、テレビって、みんなを引きつけるパワーのあるものだなと思った。すごくすてきな仕事だなと感じたんです」

将来への思いを打ち明けると、両親は自然に受け入れてくれたという。
「昔から『やりたいことは、やれば』という感じだったんで。父は必要以上のことは言わないけどしっかり応援してくれている。母は元気にやっているかの心配の方が強い感じですね」。
高校では同じ水泳部に所属するなど、小さいころから競い合ってきた兄からは「へえ、そうなんだ」という反応が返ってきた。

映画は出雲のローカル鉄道を舞台に、様々な理由で運転士になった男たちの物語。
与えられた役柄は、肩の故障でプロ野球選手への道を断念し、夢をあきらめた青年だ。
「それまで全く演技をしたことがなかったので撮影前は台本を読むしかなかった」。
主演の中井貴一、錦織良成監督らにアドバイスをもらいながら、7月末から今月上旬まで同地でのロケに参加した。
「最初は失敗してるのかどうかも分からないくらい戸惑ったけど、現場で気さくに話していただいて助けられた」

両親の存在が大きいことは重圧にはならないという。
「両親のことは尊敬してます。僕には何もないので、逆に注目してもらえるきっかけになれば」。
目指すのは「変に目立つのでなく、作品の一部としてしっかり溶け込める俳優」。若さだけではない。役者としての哲学もしっかりと備えている。
posted by toshi at 12:13 | Comment(2) | TrackBack(3) | 日記

実写版「宇宙戦艦ヤマト」森雪役のエリカ代役に黒木メイサが内定

実写版「宇宙戦艦ヤマト」森雪役のエリカ代役に黒木メイサが内定

事務所解雇騒動に揺れる沢尻エリカの女優復帰作として候補に挙がっていた大作映画のヒロインに、女優の黒木メイサが内定したことが27日、分かった。

 作品は来年12月公開の実写版「宇宙戦艦ヤマト」。
沢尻はヒロインの森雪役が検討されていた。
しかし、出演交渉の途中から、所属事務所側が辞退を含めて慎重に考えたいと申し出てきたため、新たにキャスティングを見直して黒木との交渉に入った。

 映画関係者によると、沢尻本人は出演に前向きだったという。
それが頓挫した背景には、事務所との解雇問題もあったとみられている。

同映画は、大ヒット映画「ROOKIES」と同じTBS、東宝などが製作・配給し、スタッフはアカデミー賞外国語映画賞に輝いた「おくりびと」のメンバー、メガホンを「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎監督が取るという大型作品。
製作費も10億円といわれる中、沢尻の所属事務所では解雇問題を慎重に進め、撮影に入る前に手を打った形だ。

映画は来月中旬から撮影に入る予定。
黒木らメーンキャストは、来月上旬にも正式発表される。
posted by toshi at 12:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。