長渕剛の長女・文音(あやね)がいきなり主演で女優デビュー

長渕剛の長女・文音(あやね)がいきなり主演で女優デビュー

シンガー・ソングライターで役者としても数々の名作を残した長渕剛の長女、文音=あやね=が来年夏公開予定の映画「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」の主役で女優デビューすることが2月28日、分かった。

母も日本アクション女優の始祖、志穂美悦子というサラブレッドである。

その文音=あやねがインタビューで「歌には興味なかったですけど、小さい頃から人前で何かを表現する仕事に就きたかったんです」と答え、暖めてきた夢の舞台へ、ついに踏み出す。

4歳で牧阿佐実バレエ団に入団し、小学校6年生でクリスマス公演の主役に抜擢されるなど将来を嘱望されたが、15歳の時にアキレス腱のけがで継続を断念した。
激しく落ち込む姿を見た母から、2年前に東映の演劇学校を紹介され、現在に至っている。

オファーを出した関係者の中でも、ほれ込んでいたのが「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」の岡田聖プロデューサーである。

岡田氏は「お会いした時に女優としての感性を感じた」と、高校を卒業するまでクランクインを待っていたという。

尊敬する女優はエアロスミスのスティーヴン・タイラーの娘、リブ・タイラー(29)だという。
「私と同じような環境で、プレッシャーもたくさんあったと思うのに、実力で大女優になったのがすごいです」。
リブの主演映画「アルマゲドン」(98年)でスティーヴンが主題歌を熱唱したように、いつの日か長渕父娘の共演も実現するだろうか。
エンターテインメントの世界に、またひとつ、楽しみな夢が誕生した。
posted by toshi at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最後の「冬」の日、観測史上初の都心に雪なし

最後の「冬」の日、観測史上初の都心に雪なし

今日28日は、気象庁が定義する「冬」の最後の日。
今日も関東地方は、高気圧に覆われて良い天気となり、東京都心で雪が降る可能性はほとんどなく、気象庁が1876年(明治9年)に観測を開始して以来初めて、都心で雪のない「冬」になりそうである。

3月上旬も暖かくなる見通しだが、「3月中旬には寒気が入り込んでくる見込み」(気象庁天気相談所)で、そのころに遅まきながら初雪が降る可能性も残されている。
雪なし記録は、さらに更新されそうな気配だ。

気象庁では、季節を3か月単位で区切っており、「冬」は12月〜2月で、あす3月1日からは「春」となる。
しかし、東京都心の正午現在の気温は12・7度で平年より3・7度高く、夜になっても雨や雪となる可能性は低いと見られている。

各地でも梅の花が平年よりも早く咲き、地球温暖化は、ますます進んでいるのでは、という実感がする。
posted by toshi at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

菊地凛子・アカデミー賞助演女優賞逃す

菊地凛子・アカデミー賞助演女優賞逃す

アメリカ映画界最大の祭典、第79回アカデミー賞の発表・授賞式が26日、ロサンゼルスのコダック・シアターで行われた。
「バベル」で助演女優賞候補になった菊地凛子は、残念ながら受賞を逃したが、「ばっちりな卒業式になりました。いい気分で日本に帰れます」と大満足の様子だった。

もし、受賞していれば、58年に「サヨナラ」で助演女優賞を獲得したナンシー梅木(77)以来の快挙となったわけだが、
49年ぶりの期待を背負う菊地とともに浮かび上がった伝説の女優は今、アメリカでひっそり暮らしているという。

これまでアカデミー賞にノミネートされたアジアの俳優は菊地や「ラスト・サムライ」の渡辺謙ら6人だが、受賞したのはナンシー梅木だけで、菊地のノミネート以来、複数のマスコミが行方を追ったが、連絡をとることはできていないという。
アメリカの日系社会でわずかにつかんだ情報によると、2000年以降、リタイアした説が可能性が高く、ハワイ移住や、ミズーリ州の小さな町で長男とその家族と住んでいる説がある。

伝説の女優の原点はジャズ歌手だった。48年にデビュー、50年に人気バンド、ゲイ・セプテットにボーカルとして参加し、米軍クラブやナイトクラブなどで活躍したジャズ歌手の草分け的存在で、ミュージカル映画にも出演していた。

55年、米国で音楽の勉強を開始した。当初はクラブで歌っていたが56年、人気オーディション番組「アーサー・ゴットフリー・ショー」に出演。着物姿で歌い優勝した。
オーディション番組がブレークのきっかけになったのは、菊地の最大のライバルで「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソンと似ている。

優勝をきっかけに出演したマーロン・ブランド主演の「サヨナラ」は、朝鮮戦争下、米国軍人と日本人女性の悲恋を描く。貞淑な女性カツミを初々しく演じる姿は、グラマラスなハリウッド女優の中で新鮮に映った。
オスカー受賞後はブロードウェーに進出し、58年開演のミュージカル「フラワー・ドラム・ソング」で演劇界の最高峰トニー賞最優秀ミュージカル女優賞にノミネートされた。
ただし、華々しいキャリアはそこまでで、十数本の映画やドラマ、舞台に出演したが、目立つヒット作はなかった。

私生活では2回結婚したが、76年に再婚相手と死別し、その後はショックを隠すように表立った活動はしていないという。
日本人がオスカー候補になるたびに、表舞台に現れる「ナンシー梅木」。今はどこで、どうしているんであろうか。
菊地の姿をどこかで見守っているのだろうか。
posted by toshi at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アカデミー賞授賞式のプレゼンターに渡辺謙

アカデミー賞授賞式のプレゼンターに渡辺謙

やはり、日本を代表する俳優といえば、ラストサムライで一躍脚光を浴びた渡辺兼ではないだろうか
その渡辺謙が日本時間26日に米ロサンゼルス・コダックセンターで開催される第79回アカデミー賞授賞式のプレゼンターを務めることが発表された。

渡辺兼は2004年に「ラスト サムライ」で助演男優賞、今回は主演映画「硫黄島からの手紙」が作品賞でそれぞれノミネートされ、第79回アカデミー賞授賞式に出席することから大役を務めることになった。
登場部門は発表されていないが、日本人がプレゼンターを務めるのはいまだかつてないことである。

日本からは「バベル」に出演した菊地凛子が助演女優賞に、「硫黄島からの手紙」が作品賞に挑む。
受賞すれば、菊地凛子は日本人としては、ナンシー梅木さん以来49年ぶり2人目の快挙となる。
そして、「硫黄島からの手紙」は全編外国語作品としてアカデミー史上初の快挙であり、イギリスのブックメーカー「bet365」では菊地が19倍、「硫黄島−」が15倍で、ともに4位にランクされている。
いずれにしても日本人が世界で活躍している姿はなんともうれしいものである。
posted by toshi at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

伊東美咲が連ドラに出られない理由

伊東美咲が連ドラに出られない理由

4月からの連続ドラマも発表されたが、“視聴率女王”こと伊東美咲の名前が出てこない、視聴率女王争いから脱落してしまったのだろうか?

4月からスタートする連続ドラマのラインアップが続々と決まる中、伊東美咲の名前が出てこない。
伊東美咲は、2年前のドラマ「電車男」でヒロインを演じて人気が急上昇した。
以後、フジの月9ドラマ「危険なアネキ」と「サプリ」に立て続けに出演し、一躍、視聴率女優の仲間入りを果たした。

伊東美咲は、その女優が出演することでアップするであろう視聴率を数値化した「潜在視聴率ランキング」でも、14.3%で仲間由紀恵、篠原涼子に次ぐ3位にランクインしている。

そんなトップ女優が06年夏の「サプリ」以来、3クールも連続ドラマから遠ざかってしまった。

この春放送予定のテレビ朝日の特別ドラマ「めぞん一刻」以外、ドラマの仕事は入っていないというのだ。

業界関係者の間では、「彼女は“演技が単調で微妙な感情を表現し切れない”と評価が芳しくない。『KAT―TUN』の亀梨和也と共演した『サプリ』は平均視聴率14.2%とイマイチでした。その一方で潜在視聴率ランキングの順位がアップしたため、ギャラは1時間あたり150万円以上の『2A』から250万円以上の『5A』に上がった。これでテレビ局は逆に使いづらくなってしまったんです」と厳しい批評がでている

伊東美咲は“視聴率女王”に復帰できるのか。
答えは今年ドラマでヒットを飛ばせるかどうかにかかっている。
「めぞん一刻」で新たな伊東美咲を発見することはできるのだろうか
posted by toshi at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

「LIAR GAME(ライアーゲーム)」ドラマ化

「LIAR GAME(ライアーゲーム)」ドラマ化

この春から、フジテレビが土曜23時台に新ドラマ枠を設けることになった。
そして、第1弾の主演に戸田恵梨香を起用し、ヤングジャンプ連載の人気コミック「LIAR GAME(ライアーゲーム)」を原作にドラマ化されることなった。ドラマは、4月14日スタートする。
戸田恵梨香は、昨年、前後編合わせ興収80億円を記録した「デスノート」のヒロインを務め、10代で最も注目される女優の1人であるが、連続ドラマは初主演となる。

フジテレビは、ドラマ人気復活を狙い「若く次世代を担う俳優の起用」などをコンセプトとするドラマ枠を、各局ともバラエティーが中心の週末午後11時台に編成する。

トップバッターとして白羽の矢を立てられた戸田は「プレッシャーを感じる余裕がないほど今は楽しみでいっぱい」とコメントした。

戸田恵梨香は、05年に木村拓哉主演ドラマ「エンジン」のレギュラーに起用され、亀梨和也・山下智久共演の「野ブタ。をプロデュース」でもヒロインを務め、ギャルサーでも独特な役柄を見語に演じた。

さらに活躍の場を映画に広げ「デスノート」で若者を中心に人気を獲得した。

「デスノート」では、心理戦が大きな見どころだったが,今回のドラマも不条理なゲームに巻き込まれた女の子の心理戦を描くストーリーで、ヒジテレビも「ドラマが本来持っていたハラハラドキドキする面白さを徹底追求する」と戸田への期待を寄せた。

原作では、いよいよ「ライアーゲーム」も3回戦(密輸ゲーム)に突入した。
果たしてドラマでは、どのよなゲーム展開になるか楽しみである。
posted by toshi at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

視聴率TOP3三つ巴の争い

視聴率TOP3三つ巴の争い

いよいよ2月も終盤、熾烈な視聴率争いを繰り広げる今クール話題の連続ドラマは、放送は中盤に差し掛かり、いよいよ後半戦に突入するところだ。
その視聴率レースは三つどもえの争いとなってきたようだ。
これまでトップをキープしてきたのは、前評判通り好調な数字をキープする『華麗なる一族』。しかし、徐々に数字は下がってきている。
この週も視聴率トップに立ったのは『華麗なる一族』(23.5%)。
前回で数字を落とし、『花より男子2』に追い上げられたものの、今回は見事に回復し、不動のトップをキープする結果になった。

そして、横ばいの数字となった『花より男子2』のすぐ後に迫るのが『ハケンの品格』(20.7%)。
今回は、前々回に続いて開始以来2度目となる20%代にのせ、『花男』にわずか0.3%差と迫った。

これまで以上にこの上位3作の視聴率は接近してきており、激しい三つどもえの争いの様相を呈してきた。
最終回に向けての各ドラマの展開に期待がかかるところだが、ここから一歩抜け出すのは果してキムタクか、井上真央か、篠原涼子か後半戦が見ものである

posted by toshi at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

セルティック中村俊輔、いよいよ欧州CL決勝

セルティック中村俊輔、いよいよ欧州CL決勝

いよいよ欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦、セルティック×ACミラン戦が日本時間21日午前4時45分キックオフを迎える。

今期、セリティックのも好調であるが、もちろん俊輔の力によるところが大きい。
特に、フリーキックは絶好調といって良い。

レッジーナ時代には、リーグ戦で4回対戦し、3敗1分け。03年3月のホームでの0−0以外は0−2(アウエー、02年11月)、1−3(04年10月、アウエー)、0−1(05年2月、ホーム)と完敗している。
得点に絡んだのも1回だけで、04年10月の試合の後半14分に、サンシーロスタジアムでの日本人初アシストを記録した。

今度は、チームそのものも攻撃のはばもあり、厚みもある強豪チームだけに俊輔のパフォーマンスも最大限に発揮されるのではないだろうか、
欧州チャンピオンズリーグという大舞台でどんなFKを見せてくれるか、今夜の試合は絶対に見逃せない。


posted by toshi at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キムタクが日本アカデミー賞を辞退した理由

キムタクが日本アカデミー賞を辞退した理由

キムタクこと木村拓哉はやっぱり逃げた、とこんな声がまたぞろ大きくなっている。
それは、今月4日に草ナギ剛が読売演劇大賞の「杉村春子賞」を受賞したことから再び湧き出した。

昨年暮れ、木村拓哉は、映画「武士の一分」での日本アカデミー賞主演男優賞のノミネートを辞退した。
ジャニーズ事務所によると「所属タレント同士で争うのは本意ではない」との方針を打ち出したからだ。

しかし、おかしいのは今月4日に草ナギ剛が読売演劇大賞の「杉村春子賞」を受賞したことだ。
そこで「キムタクは最優秀賞を逃したら名前に傷がつくから逃げた」との声が再び強まってきている。

しかし、木村の辞退には別の理由があるという。
業界関係者は、「日本アカデミー賞中継の裏番組にジャニーズのタレントが出演しているからなんです。今年の授賞式は日テレが16日の夜9時から2時間放送する。その時間帯はTBSが9時から中居正広の『金曜日のスマたちへ』、10時からは嵐の松本潤が出演しているドラマ『花より男子2』が放送される。キムタクがアカデミー賞に出席すると、ジャニーズのタレント同士で視聴率争いをすることになる」と指摘する。

一般的には、あまり知られていないが、ジャニーズ事務所は所属タレントの出演番組が同じ時間帯でかぶらないよう調整しているという。
最近では、人数が増え、所属タレントが帯番組を任されるケースも出てきたため例外もあるが、基本的には“ガチンコ対決”を避けている。
SMAPクラスの大物になればなおさらだ。

今回の木村拓哉の辞退は、同じSMAPの中居の冠番組とカチ合うことを避けた結果ということになるといえば、納得である。
posted by toshi at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

なぜモテる、お笑い芸人

なぜモテる、お笑い芸人

お笑い芸人・陣内智則と女優・藤原紀香の結婚式が17日に行われ、神戸の生田神社では、警察官、警備員合わせて400人以上を動員して、厳戒警備に当たり、一般非公開とはいいながらも、雨天の中、朝から300人以上もの一般人も祝福に駆けつけるなど、注目度は高く、2007年初頭を飾るビッグニュースのひとつであることは間違いない。

その一足先に入籍を発表したのが、モンキッキーと山川恵里佳。こちらも「美女と野獣」ならぬ「美女と芸人」カップル。
過去には明石家さんまと大竹しのぶというビッグな組み合わせがあったものの、05年のスピードワゴン・井戸田潤、安達祐実のサプライズな入籍以来、ここ最近、熱愛の噂も含め、芸人モテモテ時代がきたという感がある。

時代を遡れば、70年代にはフォークシンガーが次々にアイドルと結婚して、周囲を驚かせた。吉田拓郎と浅田美代子。
甲斐よしひろと竹田かほり。少しブランクがあって長渕剛、石野真子。当時はフォーク全盛の時代であり、その意味では今が「お笑い全盛時代」であると象徴する、一連の流れなのかもしれない。

それにしても、なぜ、お笑いばかりがそんなにモテるのか? 

そこには2つの決定的な理由があった。まず「芸人のステータスが飛躍的に上昇した」こと。いまや、中堅クラスのお笑いタレントも続々と看板番組を持つ時代。スターを見るのと同じ目でお笑いタレントを見ているのが感じられる。

そして、一般の人にも大いに参考になりそうな点がひとつ。それは「巧みな喋りを身に付けている」という点だ。

そんなのプロには適わないよ、と思うかもしれないが、いわゆる「ひな段トーク」でのやり取りをチェックするだけでも、参考になるトークのノウハウは幾つもある。大勢の芸人が普通にトークしてるだけに見えるかもしれないが、そこには芸人達の経験と技が込められているのだ。

思えば、70年代の人気フォークシンガー達も、ライブでのMCや深夜ラジオ番組などで聞かせたトークのうまさは、並みの芸人以上だったといわれている。今も昔も、どれだけ自分の思いをトークで上手く相手に伝えられるかが、最終的な決め手なのだろう。
これからもお笑いブームは続くのだろう。
posted by toshi at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ドラマ「ママが料理をつくる理由」に長澤まさみシェフ登場

ドラマ「ママが料理をつくる理由」に長澤まさみシェフ登場

タレントの久本雅美と女優の広末涼子がフジテレビ系ドラマ「ママが料理をつくる理由」でダブル主演することが発表された。

ドラマは、食と家族をテーマにした作品で、久本扮する超粗食のスランプに陥ったかつての人気漫画家でグルメとは縁遠い節子と広末が演じる今をときめくカリスマグルメライター・たまきという価値観が全く違う2人が、衝突しながら、1本のグルメ漫画を作り上げていくというストーリーを軸に家族の温かさを描くものである。

そのドラマに、女優の長澤まさみが特別出演することが分かった。その中で、グラタンが得意なレストラン「風味堂」の料理人を演じる。
そして、このたびその長澤まさみがシェフ姿を初披露した。

セーラー服のヤクザの組長から元スーパーモデル、時代劇では明智光秀の妻、さらに現代版「ロミオとジュリエット」まで、ハタチを目前にさまざまな役柄に挑戦している長澤が、今度はシェフに変身する。

長澤は広末演じるたまきの行きつけの店「風味堂」のシェフ・みゆき役。「魔法の手」と言われる腕前で、物語の鍵を握るグラタンを披露する。

シェフ姿は初めてになる長澤は「プライベートでも料理をするので、プロのシェフの役は楽しみです」と気分は料理長に。「共演してみたいあこがれの女優さん」だったという広末や、「(同じ名前で)お姉さんみたいな感じ」の久本との初共演を楽しみにしている。

久本、広末、長澤とキャラクターの全く違う3人の共演は楽しみである。 
posted by toshi at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ジャストシステムがブログサービスを開始

ジャストシステムがブログサービスを開始

ジャストシステムが、9日より、ブログを簡単に作成・公開できる「ジャストシステムブログサービス」を開始した。

「ジャストシステムブログサービス」は、簡単な登録だけで利用可能な無料ブログサービスとなっており、登録ユーザに加えて、オフィシャルブログとして、弁護士やファイナンシャルプランナー、記者、コンサルタントなど各方面で活躍中の人物がすでにブログを開設している。

また、ジャストシステム社員によるスタッフブログも開設しており、ユーザとの情報交流を図りたいとしている。

そして、同じく9日よりブログ編集・管理ソフト「xfy Blog Editor Trial Pack」最新版のダウンロード提供を開始した。

「xfy Blog Editor」は、ローカル環境でのWYSIWYG編集をワープロ感覚で行えるアプリケーションで、xfyの特長であるXVCDによる機能拡張により、多様なWebサービスを簡単に自分のブログ記事に取り込むことが可能となっている。

正式対応するブログサービスは「MovableType」「TypePad」に加え、「ジャストシステムブログサービス」「ココログ(フリー)」「FC2ブログ」「SeeSaaブログ」となっており、今後も順次追加されるという。

無料ブログ大手といえば、FC2、seesaaがあり、ちょっと遅めの参入ではあるが、今後のサービスに期待したい。

http://www.justblog.jp/
posted by toshi at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「トリビアの泉」でも捏造発覚

「トリビアの泉」でも捏造発覚

「あるある大辞典」での捏造事件もまだまだ覚めやらぬというのに、同じくフジテレビのバラエティー番組「トリビアの泉」の企画コーナー「雑種犬の能力検証」で飼い主ではない動物プロダクションの社長を、飼い主であるかのように放送していたことが13日、分かった。
これは、NPO(非営利組織)「動物実験の廃止を求める会(JAVA)」の指摘に答えたものである。

フジテレビなどによると、番組は05年9月14日に放送され、コーナーでは「飼い主が突然倒れ、苦しみ出したら犬はどうするか?」を、100匹の犬を対象に調査するというものだった。
そのうち1匹は実際の女性の飼い主でなく、犬の所属する動物プロダクションの男性社長が出演した。
また、倒れた男性社長の上に乗った犬をうまく撮影できなかったため、社長の衣服の中にドッグフードを入れて撮影したという。

フジテレビ広報部は、「社長を『飼い主に準じる方』と判断した。『やらせ』『ねつ造』とはまったく違うものと考えている。しかし、反省すべき点は反省したい」とコメントしている。
しかし、JAVAは「飼い主ではない社長を飼い主に仕立て上げたことなどは、『やらせ』以外の何ものでもない」と批判している。

結局、フジテレビ系の捏造体質は、関西テレビだけではなくキー局も「同じ穴の狢」だったということだろう。
視聴率さえ良ければ、何をやっても良い、というテレビ局本来の体質改善が必要になってくることだろう。
posted by toshi at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

内山理名・今度は「生徒諸君!」に主演

内山理名・今度は「生徒諸君!」に主演

「嫌われ松子の一生」では、転落人生を歩むヒロインを見事に演じ、今までの「お嬢様」キャラクタから大女優として成長している内山理名が、4月スタートのテレビ朝日系ドラマ金曜・9時の「生徒諸君!」に主演することが発表された。

今回の「生徒諸君!」は、1977〜84年に「週刊少女フレンド」で連載された庄司陽子さんの代表作「生徒諸君!」の続編で、女性コミック誌「BE・LOVE」で連載中の「生徒諸君!教師編」が原作となっている。
80年と87年にはテレビドラマが、86年にはアニメも制作された。
84年には、小泉今日子主演で実写映画化されるなど、これまで数多く映像化されているが、「生徒諸君!教師編」をモチーフにした作品は、今回が初めてとなる。

主演の内山理名は、夢と理想を抱いて中学校に赴任してきた新任教師・北城尚子(ナッキー)役。
生徒たちとの掛け合いも「11歳年下の中学生ですが、若さのパワーに負けずに頑張ります!」と気合も十分である。
「体力には自信があるので、生徒たちとぶつかり、スポーツで対決するシーンはすごく楽しみ」と話している。

ますます役柄の幅が広くなった内山理名が、今度は「ナッキー」の自分に素直な感性と快活さをどのように演じてくれるのか、
たのしみである。
posted by toshi at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

マリオネットムービーに草なぎ剛自ら志願

マリオネットムービーに草なぎ剛自ら志願

日本映画史上初となるの4月28日公開マリオネットムービー「ストリングス〜愛と絆の旅路〜」が製作され、SMAPの草なぎ剛が操り人形の声に挑戦することになった。
映画は、2004年にカンヌ映画祭で世界中から絶賛された北欧のドールムービーを日本版として新たに製作したもので、監督、脚色、声優と日本を代表する顔が集結し、4年の歳月と6億円の製作費をかけて作り上げられた大作である。

監督は、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明氏、脚色は俳優で演出家、劇作家の長塚圭史が務める。
主人公を演じるのは、その斬新な映像世界に魅せられ自ら志願した草なぎ剛、そして、恋人・ジータ役は女優としても「嫌われ松子の一生」で新たな境地を開いた中谷美紀が演じる。

舞台は操り人形たちが生きる世界。
へバロン国王・カーロの息子の王子ハル・タラ(草なぎ剛)は父の死が長年敵対してきたゼリス一族の仕業と知り仇討ちのためゼリスの長・サーロを探す旅に出て、その道中での恋や試練、運命に翻ろうされながらも、成長していく姿を描いたものである。

オリジナルは、デンマークで製作され2004年に世界中の映画祭で絶賛された「STRINGS」。
日本版の撮影はデンマークのスタジオで6週間にわたり敢行し、人形は5メートルの糸数十本で動かすため、1体につき5人の操り人形師が担当するなど、総勢150人を超すスタッフによって人形に命が吹き込まれた。

これまでも「サンダーバード」などドールムービーはあったが、「ストリングス」はCGやアニメ、視覚効果を一切使わず、“匠”の技だけで滑らかな動きを実現している。

まだ、日本では誰も見たことがない新たな世界に日本中が驚嘆することになるだろう。

CGアニメ映画「ロボッツ」以来2度目の声での出演となる草なぎ剛は、「みんなが願う平和、希望、自由、愛が一本の糸のように絡み合っている、そんな映画です。ぜひ、この糸を一本一本ひもといてください。僕たちが願う平和、希望、自由、愛が見つかるはずです」と自信をのぞかせた。

初めて声優に挑んだ中谷も「魂を吹き込まれた木彫りの人形は、こんなにも豊かな感情を表現できるものなのかと、感嘆させられました」。

懐かしく温かな新感覚の映画に日本中が魅了されそうだ。

posted by toshi at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ユーチューブ買収で創業者2人が億万長者へ

ユーチューブ買収で創業者2人が億万長者へ

動画配信で有名なYouTube, Inc.
You Tube(ようつべ)は、PayPal 元従業員のチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムらが2005年2月にアメリカのカリフォルニア州・サンマテオで設立し、11月にベンチャーキャピタルの Sequoia Capital から資金提供を受け、翌12月に公式にサービスを開始したSNS(ソーシュアルネットワークサービス)では最大手である。
社名の "Tube" には英語で「真空管」「ブラウン管」 (Cathode Ray Tube) の意味があるという。
設立のきっかけはチャド・ハーリーらが友人にパーティーのビデオを配る方法として考えた結果に作った技術を使い、皆で簡単にビデオ映像を共有できればと思いついたことによる。
そして、今では世界中で注目されるウェブサイトとなった。

その「ユーチューブ」を米インターネット検索最大手グーグルにより買収され、ユーチューブの創業者2人がそれぞれ時価3億ドル超のグーグル株を取得したことが、分かった。

それぞれ、チャド・ハーレー最高経営責任者(CEO)が取得したグーグル株の時価(8日終値換算)は約3億4600万ドル(約419億円)、スティーブ・チェン最高技術責任者のグーグル株は約3億2700万ドル(約396億円)に相当するという。

2人とも、2005年のユーチューブ創業から2年足らずという異例のスピードで大富豪になってしまった。
まさにアメリカンドリームである。
ジャパニーズはドリームはあるのか?
posted by toshi at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あやしいサイトを調べるには?

あやしいサイトを調べるには?

ネット上で見つけたURL、メールアドレスの発信元、もしくはアクセスログで得られたサイトやドメインについて、実際にブラウザで開く前に情報を得たいことがある。

ドメインに関する基本情報はWHOISを使えば確認できるが、あくまでもテキスト主体でサイトの概要しか知ることができず、ネット上での評判まで知るのは不可能である。

最近、こうした場合に便利な、サイトの詳細情報や周辺情報を提供してくれるサービスが続々登場してきている。
今回はその中から代表的なサービスを紹介しよう。

まず1つめは「aguse.net」だ。このサービスでは、WHOISで得られる基本的な運営者情報はもちろんのこと、サイトのスクリーンショットや、サーバの所在地をGoogleマップで表示してくれる。さらに当該のドメインが国内外のブラックリストに載っていないか一覧表示してくれるので、メールの発信元をチェックするにはもってこいだ。

ドメインだけではなく下層ページも表示できるので、例えば「www.itmedia.co.jp/bizid/」といったページの情報が表示できるのも特徴だ。日本語サービスということもあり、情報の多くが日本語の見出しで表示され、分かりやすい。

次に紹介するのは、Domain Toolsのサービスの1つ「whois source」だ。こちらはWHOIS情報に加え、Wikipedia上で当該サイトに言及されているページをリストアップ。ネット上での評判や他サイトとのつながりを知るのに適している。

また、サイトのスクリーンショット以外に、テキストブラウザで見た場合のスクリーンショットも表示するほか、AlexaでのランクやSEOのスコア、さらにMetaタグの内容を抽出して表示するなど、サイト運営・構築側の視点に立った情報を提供しているのが特徴だ。表示は英語だが、多くの情報を見やすくカテゴライズしており、特に分かりづらいということはない。

セキュリティ対策ソフトで有名なMcAfeeが提供する「McAfee SiteAdvisor」もユニークだ。このサービスの特徴は、各サイトごとに協力者によるレビューが提供されていることだ。つまり、さまざまなドメインに対し、人力で評価が行われているのである。レビューの数はそれほど多くない上、英語中心のサービスではあるものの、日本語での投稿もチラホラと見かけられる。上記2サイトとはまた別の視点でサイトを評価したい場合にぴったりのサービスといえそうだ。

posted by toshi at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」が大ヒット

「梅は咲いたか 桜はまだかいな」が大ヒット

ただ今、受験シーズン真っ盛り。
そんななか、今週シングル1位のV6の『早稲田アカデミー』CMソング「HONEY BEAT」と同じく、受験関連ソングの「梅は咲いたか 桜はまだかいな」が1月24日(水)の発売以来急上昇している

この曲を歌うのは、菅原道真の末裔という女性レゲエシンガーのMetis。
“学問の神様"菅原道真の力にあやかりたく、「梅は咲いたか 桜はまだかいな」を聴いたという、多くの受験生からメーカーへ喜びのメール、書き込みが殺到しているという。
受験生の間では、“本年度ナンバーワン合格ソング"として話題となっている曲だ。

今週、この曲は初登場となった先週2月5日付の58位から28位に急上昇(累積売上0.7万枚)。
そして、受験シーズン本格突入と、時を同じくしてこの曲も急上昇を果たした格好となった。
神様になった菅原道真も驚いていることだろう。
posted by toshi at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

山下智久と長澤まさみで「プロポーズ大作戦」

山下智久と長澤まさみで「プロポーズ大作戦」

そろそろ春の新番組の製作発表がされる頃だが、
その中でも注目度NO.1は、いまをときめくNEWSの山下智久と長澤まさみが4月スタートのフジテレビ系“月9”「プロポーズ大作戦」だろうか。
このドラマは、山下智久と長澤まさみがW主演することになり、ひょんなことから過去にタイムスリップし、やり直すチャンスを得た男が彼女を取り戻そうと奮闘するラブコメディーである。

「プロポーズ大作戦」は、幼なじみの2人の思春期から大人になるまでの7年間の恋心と友情を明るいタッチで描くオリジナルストーリーである。
大好きな女性に想いを告げられぬまま彼女の結婚式に出る羽目になった男が、過去にタイムスリップしてしまった。
もう一度やり直すチャンスを得たことで彼女を取り戻そうと奮闘するラブコメディーで、山下智久は意地っ張りで恋に不器用な男、岩瀬健役。
長澤まさみは、体育会気質で快活で明るく、負けん気の強い女の子、吉田礼に扮する。
ちなみに、2人とも今回がフジの連ドラ初主演となる。

山下智久は、長澤まさみと共演するのは平成17年放送のTBS系「ドラゴン桜」以来となるが、「共演したこともありますし、同じ高校(私立堀越高校)の後輩なので息は合う気がします。皆さんが見て笑顔になれて元気がでるような作品にしたい」と強力タッグによるホットな作品を約束してくれた。

一方の長澤まさみは、制服からウエディングドレスまで披露し、コスチュームでも楽しませてくれる。
「山下さんとは2作目。また素敵な共演ができることになってうれしいです」と喜び、「ドラマは“あきらめない”というポジティブな内容の作品なので楽しみです」と張り切っている。

この春、フレッシュコンビが私たちにに明るくさわやかな風を送り込んでくれそうである。
posted by toshi at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Micro・Def Tech解散説を否定

Micro・Def Tech解散説を否定

人気ユニット、Def TechのMicroが1日、一部で報じられた解散説を完全否定し、「Shen君は最高のパートナー。お騒がせしていますが、Def Techは今年もインディーズで活動します」と活動継続を明言した。

そもそもこの解散説は、東京生まれの日本人Microとハワイ育ちの米国人Shenの2人組だが、仕事に対する“温度差”が最大の原因といわれた。

仕事熱心なMicroに対し、Shenはインディーズならではの時間に縛られない音楽活動を希望しており、デビュー盤の大ブレークによって多忙な生活を強いられるようになりShenの不満がつのっていったが、Microが必死に抑えてきたようだ。

しかし、7月の全国ツアー終了の頃には、ライブの打ち上げ中に「仕事はいつ終わるのか」などとあからさまに不機嫌な態度を見せるShenの身勝手さにMicroの我慢も限界を超え、つかみ合いのけんかをしたこともあったという。

Microは、都内で自ら代表を務める新レーベル「PRIMARY COLOR RECORDS」の設立会見を行い、男性2人組ラップユニット、Spontaniaらのプロデュースや自身のソロメジャーデビューを発表した。

その席上、昨年結婚した日本人女性と故郷の米ハワイで生活しているShenについて、「少し長いブレークを取ってます。3月には戻ってきます」と説明した。

そして、昨年7月以降、活動を休止した背景には、アルバム3枚で計480万枚をセールスし、多忙な仕事をShenが嫌ったともいわれているが、「ハワイにいる間に作っている曲もある。(Def-を)最優先で考えてます」ときっぱり解散説を否定した。

Def Techの歌は、歌というより日本の青年へのメッセージというメッセージ性の高い音楽であり、ファンの一人として早く二人の新しい歌がききたい。
posted by toshi at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。