岡田ジャパン・アウェーでバーレーンに力負け

岡田ジャパン・アウェーでバーレーンに力負け

サッカーW杯アジア3次予選2組第2戦 岡田ジャパンが、アウェーでバーレーン代表に0−1で敗れた。
終始、劣勢だった日本は、後半32分にバーレーンのFWアラー・フバイル(25)にゴールを許し0−1で完敗。
日本がW杯の最終予選の前のラウンドで敗れたのは、90年イタリアW杯の1次予選、北朝鮮戦(89年6月)以来、約19年ぶり。
岡田武史監督率いる日本は通算1勝1敗となり、3次予選2組で首位陥落した。

それは、後半31分40秒だった。
岡田ジャパンがゴールを割られた。左サイドでパスを胸トラップしたイスマイールのプレーは、ハンドのようにも見えたが、笛は鳴らない。そのままクロスが入る。
GK川口は苦し紛れのパンチング。
完全にクリアできずこぼれ球をA・フバイルにヘディングでねじ込まれた。
これが決勝点となり、負けた。

「ちょっと油断した。簡単にクロスを上げさせ、その後、ミスが出た。非常に残念です」岡田監督は努めて冷静に話したが、こめかみ、唇はプルプルと震えていた。「パンチングかキャッチの判断がうまくできなかった。見ての通り、技術的なミスです」川口はミスを認めるしかなかった。

これがアウェーだ。

試合中、常に中東独特の音楽が流れ、敵地を実感させられる。気温約30度、湿度42%の暑い空気が、日本イレブンの体力を徐々に奪っていった。

バーレーンは3次予選第1戦のオマーン戦で敵地ながら1−0で快勝。マチャラ監督(64)は、ホームでも引き分けOKというような手堅い戦術でスタートしたが、日本がバーレーンに合わせるようにスローペースの流れを作ると、徐々にペースを上げ、前半30分過ぎには完全にバーレーンが主導権を握った。

 日本は防戦一方。決定的なチャンスはなかった。守備の柱、中沢は「相手に対し、受けてしまった。もう少し、攻めることができればよかった」と敗因を振り返った。やられるべくしてやられ、負けるべくして負けた。完敗だ。

司令塔の中村俊輔、実力派ボランチの稲本潤一をそれぞれ、日程面、故障のため、岡田監督は招集を断念。
エース高原直泰は直前で右太ももを痛め、戦列を離れた。
「飛車、角、金抜き」の岡田ジャパンが、アウェーで力負けした。

W杯最終予選の前のラウンドで負けたのは、約19年ぶり。
日本サッカー夜明け前の出来事だ。
93年Jリーグが創設後としては初の屈辱。まさか、また、あの暗い時代が来るのか…。「最悪のシナリオになった。もう一度メンバー選考を含めて考えていく。」指揮官が唇をかんだ。南アフリカへの道が、かすむ。
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

月9『薔薇のない花屋』最終回視聴率、今期1位の22.1%

月9『薔薇のない花屋』最終回視聴率、今期1位の22.1%

フジテレビ系ドラマ『薔薇のない花屋』の最終回が24日(月)に放送され、視聴率は22.1%ということがビデオリサーチ(関東地区・世帯平均)の調べでわかった。
これで、08年1月期の連続ドラマはほとんど終了。
最終回における視聴率ランキングで『薔薇のない花屋』は1位に。
平均視聴率も18.6%となり、今シーズンのナンバー1ドラマということになる。

『薔薇のない花屋』は、08年1月期の月9枠のドラマとしてスタート。初回も22.1%と20%を超え好調なすべり出しを見せた。
月9枠でいえば、前シーズンの『ガリレオ』も初回24.7%でスタートしており、引き続き月9ブランドの健在ぶりを示した形だ。

今回の作品は「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「高校教師」などで知られる野島伸司が脚本を書いたもので、SMAP香取慎吾がはじめて父親を演じたドラマとしても話題を呼んでいた。
香取は男手一つで8歳の娘を育てるという父親役に「今までも“お父さん”という感じの役が多かったから」「物静かな設定の主人公とは似ているところがあるとも」と番組スタート前の会見で語っていた。

やはり、「月9」&「SMAP」は、ブランドとなっているようだ
posted by toshi at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

月9「キムタク」ドラマの主題歌が決定。世界初、マドンナがテレビ主題歌

月9「キムタク」ドラマの主題歌が決定。世界初、マドンナがテレビ主題歌

SMAP「キムタク」こと木村拓哉が、総理役で主演する話題の月9を、マドンナの美声がホットに盛り上げることになった。

関係者によると、スケール感があり、夢や希望にあふれたドラマだからこそ、主題歌も世界的なスケールの大きいアーティストにお願いしたいと制作スタッフは考えた。
そこで、名前が挙がったのがマドンナ。
四半世紀にわたってヒット曲を放ち続ける一方で、英映画監督、ガイ・リッチー氏の妻として、2人の子供の母として、そして女優としても、世界中の人々に夢を与え続ける姿に共感したからだ。

フジは、昨年12月にダメもとでマドンナ側にオファー。
ちょうどそのころ、ニューアルバム「ハード・キャンディー」(4月30日発売)の制作中だったマドンナは、ドラマの内容やスタッフ側の熱意に感銘を受け快諾した。
収録曲の1曲「マイルズ・アウェイ」にドラマのイメージを反映させて、完成させたという。

この曲はしっとりしたミディアムテンポのバラード。
遠くに離れた恋人や夢に対して、自分のあこがれや不安を歌った内容。
木村拓哉演じる小学校教師がある事情から政界に担ぎ出され、奮闘するストーリーをマドンナが聞き、イメージを膨らませた。

マドンナの楽曲が、テレビ番組の主題歌になるのは世界初の快挙。
マドンナは平成17年12月放送の同局系「SMAP×SMAP」にゲスト出演しているが、木村とすでに対面していたことも快諾した一因にあったのかもしれない。

マドンナは「私の曲がドラマで使われることはとても光栄だわ」と感激し、「実はこの曲は、アルバム収録曲で一番気に入っている曲なのよ。日本の人々がテレビをつけるたびに曲を聴いてくれるのは、とてもすてきなことだわ」とコメント。

一方の木村拓哉は「まだ曲を聴いていませんが、撮影現場にはこの曲を聴きながら向かいたいと思います」と今月中に始まる撮影を楽しみしている。
マドンナという強力援軍を得て、ますます“高支持率”が期待される。
posted by toshi at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

KAT−TUN亀梨&キョンキョン“20歳差愛”に終止符。もっと大きくなってほしい

KAT−TUN亀梨&キョンキョン“20歳差愛”に終止符。もっと大きくなってほしい

“20歳差愛”が報じられていたKAT−TUNの亀梨和也(22)と女優の小泉今日子(42)が破局したと、13日発売の「女性セブン」が報じている。

2月下旬、小泉今日子が“彼とはもう別れた”と親しい関係者に話したという。
亀梨は、2人の将来を真剣に考えていたが、小泉には“もっともっと彼のフィールドで大きくなってほしい”という願いがあったようだ。

最初に、2人の交際が報じられたのは06年4月。
一部写真誌が、小泉の自宅マンションに通う亀梨の姿をキャッチ。
その後もマンションを訪れる亀梨の姿が目撃され、昨年7月には2人でパリ旅行をしたとも報じられた。

亀梨の所属するジャニーズ事務所は、交際発覚当初から「芸能界の大先輩として尊敬していたので、ファッションに関するアドバイスを頂いているが、皆さまが思っていらっしゃるような間柄ではありません」と“特別な関係”を否定していた。
今回の報道に関しては、双方の事務所ともに「お話しすることはない」としている。
posted by toshi at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

三谷幸喜監督最新作、超豪華俳優7人が“ちょい役”出演

三谷幸喜監督最新作、超豪華俳優7人が“ちょい役”出演

三谷幸喜監督の新作「ザ・マジックアワー」(6月7日公開)に登場する“銀幕スター役”を、俳優の中井貴一、唐沢寿明、女優の鈴木京香ら、監督ゆかりの豪華俳優7人が演じていることが5日、分かった。
最長でも出番は3分という“ちょい役”のために、主役級の役者が勢ぞろいした。
三谷監督の人望だからこそ、成せた技だ!

まずは、故市川崑監督の名作「黒い十人の女」の続編、という設定の劇中映画「黒い101人の女」。
三谷監督いわく「女が91人も増え、さらにパワーアップ」した作品に主演するのは、中井貴一と女優の天海祐希だ。

さらに助監督役で山本耕史(31)を、「前作(THE 有頂天ホテル)のとき『なんでワンシーンだけでも使ってくれないんですか』と文句を言われたから」と、言われた通りワンシーンだけ起用。このほかわずか数分の劇中映画のため、エキストラを含め総勢約120人が出演する。

また、モノクロ映画「暗黒街の用心棒」では、主演の役者で京香と谷原章介、タイ人役に「出てきただけでうさん臭いイメージ」という理由で寺脇康文が登場する。
3本目の劇中映画「実録・無法地帯」では、アクの強い大物主演俳優役を唐沢が熱演している。

まさに、豪華キャスト陣で話題になった「有頂天ホテル」に匹敵する顔ぶれ。
これだけの主演級俳優陣が、最長で3分、最短で1分半という出演依頼を快諾した。
それぞれが監督の性格と作品にほれ込んでいるからだ。

唐沢は、三谷監督のデビュー作「ラヂオの時間」から、すべての三谷映画に出演している。
「スタッフもよく知っている方々ばかりだったので、久しぶりに会えてうれしかった」とコメント。
「ラヂオ−」や三谷監督が脚本を務めたNHK大河「新選組!」に出演した京香は、「撮影は短い時間でしたが、とても楽しく過ごせました」と振り返っている。

この豪華客演陣は、8日から全国の劇場で上映される予告編で初公開される。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

オセロ中島知子大胆ヌード、秋吉久美子も一肌脱いだ

オセロ中島知子大胆ヌード、秋吉久美子も一肌脱いだ

7日発売の女性月刊誌「GLAMOROUS」の企画で、乳がん撲滅運動に賛同した女優、タレントら10人が迫力あるセミヌードを披露した。
会見には、オセロ中島知子(36)女優秋吉久美子(53)モデル道端ジェシカ(23)平子理沙(37)AKEMIの5人がチャリティーヌードに挑戦し4日、都内でお披露目した。

乳がん撲滅のためのピンクリボン運動をPRする目的で、写真家蜷川実花さん(35)が撮影した。
撮影依頼が来た時「間違い電話かと思った」と笑うオセロ中島は、女性お笑い界屈指といわれるバストを手ブラで隠し、黒のネクタイを首に巻くボンテージ風。「(大胆なアイメークが)デビルマン? って感じでしょ。男子のアイテムを裸に付けるのが好き。裸にカフスとか。わはは。多少の魔よけにはなると思う」。
秋吉は、「新妻ですので夫に相談したら『すごくいい考えだ』と言われた」。
全員で早期発見、早期治療を訴えた。

posted by toshi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

演歌界にも黒船襲来、ジェロ、25年ぶりの快挙 2週連続TOP5入り

演歌界にも黒船襲来、ジェロ、25年ぶりの快挙 2週連続TOP5入り

話題の黒人演歌歌手ジェロが本格的ブレイクの兆しを見せてきた。
先月20日(水)に発売したデビューシングル「海雪」は、オリコン週間シングルランキングで初登場4位と、これまでの演歌歌手によるデビューシングルの初登場順位記録を塗り替える快挙を達成。
そして今週、登場2週目にあたる3/10付同ランキングでも5位にランクインしており、週間売上も先週3.5万枚から3.6万枚とアップしており、演歌歌手のデビューシングルとしては1983/5/2付の佳山明生「氷雨」以来、24年10か月ぶりの2週連続TOP5入りで(グループからのソロ、再デビューは除く)、“初登場週”からの2週連続TOP5入りは演歌歌手では史上初の快挙となる。

ジェロは、アメリカ・ピッツバーグ生まれの26歳。
2005年に他界した日本人の祖母、多喜子さんの影響で幼い頃から演歌を聴いて育ち、2003年に演歌歌手になるために来日。
NHK『のど自慢』をはじめとする各地のカラオケ大会に出場し、好成績を収めていたところレコード会社の目に留まりスカウトされ、
今回、秋元康作詞、宇崎竜童作曲による本作「海雪」でデビューを果たした。

posted by toshi at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ケータイ小説の魅力とは?そして、今後に期待

ケータイ小説の魅力とは?そして、今後に期待

携帯電話で読むティーン向けの「ケータイ小説」が相次ぎ映画化されている。
ケータイ小説が少女だけではなく映画の作り手にも人気を呼んでいる魅力はどこにあるのか?

2002年ごろから広まりだしたケータイ小説が初めて映画になったのは04年4月公開の「Deep love アユの物語」。
昨秋には「天使がくれたもの」に続き、新垣結衣主演「恋空」が公開され、特に「恋空」は女子中高生の人気を集めて興行収入39億円を稼ぎ出して興行界を驚かせた。

そして、日本ケータイ小説大賞の第1回大賞受賞作を映画化した「クリアネス」が現在、公開中だ。
「月とキャベツ」「はつ恋」など恋愛モノを得意とする篠原哲雄監督がメガホンを取った。
実力派監督だけに、従来のケータイ小説映画に見られたファンタジー一辺倒の描写とは一線を画している。
浅見敬プロデューサーは「ヒロインを想うレオとコウタロウの男性2人を、ステレオタイプではないキャラクターにして対比づけた」と語る。

ケータイ小説の多くは文章表現が単調と指摘され、扱われるテーマも売春やレイプといった際どいものが多い。
一方で、中高生を活字に親しませる可能性もある。
「10代を映画館に呼ぶにはケータイ小説が極めて有力と『恋空』が証明したことで、幾つもの企画が進んでいる。ただ、大人の映画ファン対象ではない」と映画ライターの安保有希子氏は話す。ケータイ小説は新しいジャンルだけに権利関係が入り組んでおらず、映像化する時に交渉窓口が少なくて済むのも映画会社には魅力的だ。今は映画化を条件に作品を集めることも多くなっている。

今後は、酸いも甘いもかみ分けた大人のカップルを酔わせるケータイ小説映画の登場に期待したい。
posted by toshi at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

キムタク「総理大臣」のギャラは連ドラ史上最高額

キムタク「総理大臣」のギャラは連ドラ史上最高額

4月からフジテレビの“月9”ドラマでキムタクこと木村拓哉が総理大臣ドラマのギャラは連ドラ史上最高額が首相を演じるというので話題になっている、
タイトルは未定だが「プライムミニスター」などが候補に挙がっているという。

そんな中で、ここにきてもっとも関心を集めているのはズバリ、木村の出演ギャラだ。“連ドラ史上最高額”になるのではないかといわれているのだ。

SMAPのメンバーのドラマ出演料は軒並み高額とされるが、出演作の視聴率が常に20%以上をキープしている木村は中でも別格。
1回出演するときのギャラの相場は300万円以上とみられてきた。
そんな“高額化”に拍車がかかったのが昨年の主演ドラマ「華麗なる一族」で、2倍の600万円程度にハネ上がったといわれている。

「今回の“月9”で、木村がその記録を再び更新するのは確実とみられています。外れなしで高視聴率を稼げる木村は、どの局にとってもノドから手が出るほど欲しい存在です。各局ともかなり前からドラマの企画とギャラを木村サイドに提示し、争奪戦を繰り広げてきました。結果的に、フジに軍配が上がったわけですが、『華麗なる一族』を上回るギャラを提示したことが勝因ではないかとウワサされています」とマスコミ関係者はいう。

テレビ関係者の間では、1話あたりのギャラを500万円にし、これに“企画料”名目で200万円を加算して「華麗なる一族」を実質的に上回る700万円にしたといわれている。
これだと全11話で7700万円。
また、「華麗なる一族」の5割増しの1話900万円、トータル1億円にしたという仰天情報も浮上している。

もっとも、ドラマにかかる制作費は4000万〜5000万円が相場とされる。
今回の“月9”の制作費を飛躍的にアップさせなければ、高視聴率を稼いでも、木村の出演ギャラが高くて赤字になりそう。

フジとしてはドラマの映画化、DVD化で採算がとれるように考えているだろうが?
posted by toshi at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

木村拓哉主演「武士の一分」が4月に全米公開

木村拓哉主演「武士の一分」が4月に全米公開

SMAPキムタクこと木村拓哉主演のヒット映画「武士の一分」(山田洋次監督)が早ければ4月にも、全米公開されることが分かった。
英語タイトルは「Love and Honor」。
昨年、米国でも好成績を残した渡辺謙主演「明日の記憶」(堤幸彦監督)の米国公開を手掛けた配給会社イレブン・アーツが、ロスをはじめ、シカゴ、サンフランシスコ、デトロイト、ホノルルなど全米の主要都市の劇場との交渉が最終段階に入っている。
順調にいけば、4月から順次公開される。
木村拓哉にとって主演映画の全米公開は初めて。

時代劇映画「武士の一分」は国内では06年12月から封切られ、興収41億円を記録するヒットとなった。
全米公開は、メガホンをとった山田洋次監督の実績と木村のスター性が決め手となった。
山田作品は時代劇「たそがれ清兵衛」が米国各都市で公開され、04年米アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた。
受賞は逃したが、米国内における知名度、評価は一気に高まった。続いて手掛けた04年の時代劇「隠し剣 鬼の爪」も米国公開された。

「武士の一分」の全米公開はこうして築き上げた山田作品の評価に、日本のトップスター木村の主演という話題性が加わり、順調に交渉が進んだ。
現在、公開日の日程など最終段階の調整中で、主要都市の公開は確実となった。

木村は、昨年撮影を終えた欧米合作映画「I COME WITH THE RAIN」(トラン・アン・ユン監督)が年内にも世界公開される。
今年は国際的な評価を受ける機会が増えそうだ。
posted by toshi at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

社会派ドラマ「斉藤さん」を10代も支持

社会派ドラマ「斉藤さん」を10代も支持

観月ありさが「NO!」と言える幼稚園児の母親を演じる日本テレビ系「斉藤さん」(水曜後10・0)が視聴者の間で予想外の反響を呼んでいる。
主なターゲットの主婦からの共感・応援メッセージが相次ぐ一方、想定外だったティーン層から「斉藤さん、カッコイイ」コールが続々…。
平均視聴率15〜17%台のスマッシュヒットとなっている。

主演の観月ありさは、反響の大きさについて、
「すごく個性的なキャラクターなので、最初はどう演じればいいのか、受け入れてもらえるのかと心配でした。でも、『すっきりした』とか、たくさんの反響をいただき、正義感とか正しいことを求めている人は多いんだなというのが実感です」
と話す。

 他人の迷惑を顧みない若者、それを見て見ぬふりをする大人たち。そんな世の風潮に群れることなく、悪いことは悪いと言う主婦「斉藤全子」を主人公にした社会派同名漫画(作・小田ゆうあ)が原作。

日和見派ママにミムラ、アンチ斉藤派ママに高島礼子、不良高校生のリーダーに山田親太朗らを配したドラマは1月9日にスタート。
新年特番が並ぶ中で15・3%をマークした。
翌週、自己最高の17・4%を記録した後も15〜16%の間をしっかりキープしている。

ドラマのメーンターゲットである20〜40代の主婦からの反響は「斉藤さんに勇気づけられた」「自分のダメさに改めて気づいた」などが大半。「言い方がストレート過ぎる」「現実にはあり得ない話」との反論もあるが、主婦たちの声に次いで目立つのが「斉藤さんみたいな人がいたら日本は変わると思う」といった10代男女からの斉藤さん賛歌。

こうした茶の間の反響に、担当の西憲彦プロデューサーは「ティーンが見るとは思わなかった。日本人はまだまだ正義感が強いと思った」と驚く。
自身、2歳の子供の父でもあり、「子供を抱いて歩いていると自転車の暴走、繁華街での歩行喫煙など、日本はこんなにもマナーがない社会だったのかと思った」。そんなときに出合ったのが今回の漫画原作だったというわけだ。

だが、「根っこのテーマはあくまで母としての愛情の深さ」と西プロデューサー。
「最終回(卒園式)まで日常を切り取った話を積み重ねることで、何かを感じてもらえたら」と視聴者の“正義”に期待している。

観月ありさは「ライトな感じのドラマが多い中、こういう社会派のドラマをたくさんの方に見てもらえて本当にうれしいです」と話している。
posted by toshi at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「燃えよ!ピンポン」で四元奈生美が、ミニスカチャイナドレスで応援団長

「燃えよ!ピンポン」で四元奈生美が、ミニスカチャイナドレスで応援団長

卓球界の“ビジュアル女王”こと四元奈生美選手が25日、映画「燃えよ!ピンポン」(3月22日公開)の応援団長に就任した。
東京・目黒区の中目卓球ラウンジで行われた就任式で、ミニスカチャイナドレスのユニホーム姿を披露した。

この映画は 裏社会の世界卓球デスマッチを最新CGとカンフーアクションで描くハリウッド初のピンポンムービー。
多彩なコスプレユニフォームで知られる四元選手は、劇中でアクションが得意な女優、マギー・Q演じるスーパーセクシー選手・マギーに魅了された様子で「マギーのセクシーで強い姿に憧れて、作った自前の衣装です。マギーになった気分」と満足げな表情を見せつつも「衣装代?まだ請求書が来ていないんですが、ちょっと怖いかも」と苦笑い。

 さらにマギーはアクロバティックな技を得意とし開脚、側転を披露するが「私もそんなパフォーマンスができたら」とセクシープレーにも意欲を見せた。劇中で登場するゴールデンラケットのレプリカを映画界への招待状として贈呈されると、「チャンスがあれば映画をやってみたい」と女優業に前向きだった。

posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ブログの女王「しょこたん」もテレビ番組で不適切発言

ブログの女王「しょこたん」もテレビ番組で不適切発言

「しょこたん」の愛称で知られる人気タレント、中川翔子が24日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、海上自衛隊のイージス艦「あたご」の衝突事故に対するコメントで、行方不明の吉清(きちせい)治夫さん親子の安否がいまだ不明にもかかわらず、「絶対に避けられるべきだった事故ですよね。本当に、二人とも絶対に避けられた…死ななくてすんだはずなの…」と発言した。
番組のエンディングと、自身のブログを通じて謝罪した。

「感情が高ぶり行方不明の方に対して失礼な発言をしてしまいました。本当に申し訳ありませんでした…。生存して無事に戻ってくることを願いたいです。申し訳ありませんでした」とブログに掲載。「私は言葉に対しての認識を考えなおさなければならないですね本当に…」と深く反省している様子をつづった。

posted by toshi at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

速水もこみち「絶対恋人」で"完ぺき恋人型ロボット"役二に、恋敵は水嶋ヒロ

速水もこみち「絶対恋人」で"完ぺき恋人型ロボット"役二に、恋敵は水嶋ヒロ

速水もこみちが、4月8日(火)スタートのフジテレビ系ドラマ『絶対彼氏(仮)』(火曜、後9・00)で、恋人に絶対的な愛をささげるイケメン“ロボット”役に挑戦する。

 渡瀬悠宇さんの少女漫画「絶対彼氏。」(小学館 Sho-Comiフラワーコミックス刊)が原作のこのドラマで、速水もこみちが演じるのは“完ぺきな理想の恋人型ロボット”として開発された主人公・ナイト。
人間社会で暮らすうちに自我が目覚め始めた彼が、悩みながらも人間である彼女・梨衣子(相武紗季)をいちずに思い続ける姿を描く。
設定は奇抜だが、ナイトの真っすぐで純粋な愛に思わず心温まるラブコメディーになりそうだ。
速水は「プログラムでしか動かないロボットが、人間との愛情に目覚めてどう変化していくのか楽しみ」と、クランクインを心待ちにしている様子だ。

 また、ナイトが勤務する会社の御曹司で、梨衣子をめぐる恋敵となる創志役には、「仮面ライダーカブト」や「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」などに出演し、人気急上昇中の水嶋ヒロが抜てきされた。
水嶋ヒロは「2クールぶりの連ドラなので、また新たな一面が見せられれば」と気合い十分だ。
速水VS水嶋の“イケメン俳優対決”も見どころとなりそうだ。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ミキティこと藤本美貴がアダルト歌謡で再出発

ミキティこと藤本美貴がアダルト歌謡で再出発

元モーニング娘。のミキティこと藤本美貴が、5年ぶりにソロ歌手として再始動することが13日、発表された。
新曲は4月23日発売のアダルト歌謡曲「置き手紙」。
「吾亦紅(われもこう)」をヒットさせた歌手、すぎもとまさとが作曲した。
昨年5月にお笑いコンビ、品川庄司の庄司智春との熱愛が発覚し、モー娘。を脱退し、音楽活動を自粛していたミキティが、アイドルを脱し、アダルト歌謡路線で再起を賭ける。

ソロ再デビュー曲は、千昌夫の「北国の春」を手掛けたいではく氏)が作詞。
昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」の初出場をきっかけに「吾亦紅」を大ヒットさせたすぎもとまさと=作曲家名・杉本眞人=が作曲。
韓流ドラマ「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」を作曲したユ・ヘジュン氏が編曲という豪華布陣だ。

きっかけは事務所の先輩歌手、堀内孝雄だった。
昨年秋、いで氏から「置き手紙」の詞をもらったすぎもとがメロディーをつけた際、「ベーやん(堀内)がシャンソン風に歌ったら面白い」と考え、堀内サイドにオファー。堀内も気に入り、新曲として歌うことになった。

時を同じくして、藤本美貴も再起を賭ける楽曲を探していた。彼女の歌声はウエットの効いた中低音が武器。
この曲のデモテープを聴いた藤本のスタッフが、その魅力を最大限に生かせる歌だと直感。
彼女に勧め、堀内との競作シングルとして同日発売されることになった。

レコーディングは今月上旬。すぎもとの立ち会いのもと行われ、藤本は20代女性のひたむきな恋の切なさを歌い上げた。すぎもとは「思っていた以上に声質がよかった。彼女のこの雰囲気、なかなかいい」と絶賛。

藤本も「本当に難しい曲でしたが、すぎもとさんが『♪料理、掃除下手な私…ってところは少し笑いながら言うくらいがいいよ』と、分かりやすく指導していただきました」と振り返った。

昨年5月、モー娘。のリーダーに就任したばかりにもかかわらず、庄司との熱愛が発覚し「ケジメをつけたい」と脱退。
松浦亜弥とのデュオ、GAMの全国ツアーが終了した7月以降は、フットサルの試合出場以外、芸能活動を行っていなかった。

「今まで歌っていた曲とは違う感じですが、新しい藤本美貴を応援してください」と決意表明。もともとソロ歌手としてデビューしていただけに、恋愛経験を糧にニューミキティで、もうひと花咲かせる。

その後の庄司智春との関係も気になるところである
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

麻生太郎前幹事長が「SMAP×SMAP」で政治を語る

麻生太郎前幹事長が「SMAP×SMAP」で政治を語る

自民党・麻生太郎前幹事長が、18日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」の人気コーナー「ビストロSMAP」に初来店した。

中居正広に肩を触られ「なんでご出演を決めたんですか?」と問われた麻生氏は「バラエティーは珍しいね。うまいものを食べさせます、と乗せられて来ました」とニヤリ。
オーダーは「挽き肉を使った洋食とデザート」。
料理の話題から若いころの話、お得意のマンガやファッションの話もノリノリで披露した麻生氏だが、中居が「総裁選はチャレンジしたですか?」と大胆質問もあった。
麻生氏は「政治家にとって総理になるということは手段であって目的ではない」と話し、理想の政治にも言及した。

この「ビストロ」のコーナーはかつて安倍晋三前首相、小泉純一郎元首相らが首相就任前に出演している。
果たして次の総裁は麻生氏か…?
posted by toshi at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

まだ終わらない、倖田來未“羊水騒動”

まだ終わらない、倖田來未“羊水騒動”

倖田來未の“涙の謝罪”が波紋を広げている。
「羊水が腐る」発言が大問題になったことで、倖田來未は、7日放送の「FNNスーパーニュース」(フジテレビ)に録画出演。
涙ながらに「本当に軽率でした」と謝罪して注目を集めた。

だが、今回の謝罪が「スーパーニュース」の独占放送だったことに、他のテレビ局で大ブーイングが巻き起こっている。

某テレビ局関係者は「今まで(倖田が所属している)エイベックスには散々協力してきたのに、『スーパーニュース』だけというのはどういうことか。平等に“謝罪会見”をやるのが筋ではないか」と激高。

さらに別のテレビ局関係者も「倖田が失言したのはニッポン放送のラジオ番組だったから、1発目の放送が関連会社のフジなのは仕方がない。だとしても、その後で収録したテープを回すなどして放送権は全局に与えるべきだ。エイベックスは配慮が足りない」と憤慨している。
 今回の騒動については「謝罪したわけだし、ぶっちゃけキャラの倖田の発言にそこまで目クジラたてなくても……」といった意見や「マスコミは騒ぎすぎ」と倖田を擁護する声もある。
しかし、テレビ局を敵に回したのは大きな誤算で、倖田サイドはピンチだ。

もっとも、話題性のある“ネタ”を独り占めされてしまったことに対して大騒ぎしているテレビ局もいかがなものか。

彼らの考え方は倖田の謝罪の内容や反省の姿勢などは二の次三の次で、注目を集めて視聴率が取れればいいというものだろう。
“羊水騒動”はさまざまな意味で考えさせられる事件だ。
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倖田來未の暴言がテレビ局広告界にも影響

倖田來未の暴言がテレビ局広告界にも影響

歌手の倖田來未が、先月のラジオ番組で「35歳をまわると羊水が腐ってくる」と失言し、ホームページ(HP)で謝罪した件で、倖田が出演する「キリンチューハイ 氷結」のCM放送が当面自粛されることが4日、分かった。
また、7日放送のテレ朝系「徹子の部屋」は、倖田の活動自粛を受け、局では延期を決定。
余波は広告、テレビ業界にも飛び火した形だ。一
方で、先月30日発売の新アルバム「Kingdom」はオリコンで初登場1位を獲得した。

倖田來未がCM出演している「キリンチューハイ 氷結」を発売しているキリンビール広報部はこの日、スポーツ報知の取材に「弊社の判断で、広告の起用を差し控えます」と説明。
予定されていた倖田出演のCM放送を当面取りやめ、ほかに差し替えることを決めた。

エイベックス関係者は一時休止について「厳粛に受け止めます」としている。契約そのものの解除ではないという。倖田は少なくとも2月いっぱいは活動を自粛する見通しだが、CM放送が再開されるかどうかも含め、現在のところ未定だ。

すでに、テレビCMの放送期間は終了した企業も対応に追われた。
謝罪コメントを発表した1日までにHPを閉鎖したコーセーに続き、ホンダも「ZEST SPORTS」のHPを閉鎖。
森永製菓「ウイダー プロテインバー」も倖田の画像やCM映像を削除した。

ジレットジャパンでは、今月発売する「Venus」シリーズの新商品のCMにも倖田が出演予定だったという。同社によると、放送予定が来月以降だったため、オンエアするかどうか、2月の謹慎期間中に世間の動静をみて判断するという。

余波は、テレビ局にもおよんだ。テレビ朝日ではこの日緊急会議を開催し、すでに収録済みで、7日放送予定の倖田が出演する「徹子の部屋」の放送延期を決定。
「倖田さんが活動を再開された際に、改めて放送させていただきます」とコメント。オペラ歌手の島田祐子が出演する分と差し替える。日テレは2日の「恋のから騒ぎ」、フジテレビは3日の「新堂本兄弟」に倖田が出演していたが、予定通り放送。
フジにはこの日「なぜ出すんだ」など100件を超える批判があった。

「2ちゃんねる」などでは、スポンサー企業やテレビ局への問い合わせ先が何度も掲載された。
結果、各企業の早急な対応につながったようだ。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

暴言で倖田來未が自宅謹慎

暴言で倖田來未が自宅謹慎

ラジオ番組で「35歳になるとお母さんの羊水が腐る」と発言してネット上で騒動となり、1日夜にHPで謝罪した歌手、倖田來未が、謝罪コメント発表から一夜明けた2日、自宅謹慎した。
この日はFMラジオ番組の公開生放送に出演する予定だったが、同じ所属事務所の歌手、鈴木亜美が代役出演した。
倖田來未は、新アルバムのPR活動を自粛する見込みだ。

所属レコード会社のエイベックスによると、「本人は自分の発した言葉の重さに改めて気付かされ、大変後悔し、反省しています」という。

本来この日は、東京・渋谷スペイン坂スタジオで公開生放送されたTOKYO FM「Hits from the Heart」に登場予定だったが、鈴木亜美が代役出演した。
同局では観覧ファンのためにスタジオ前に張り紙で出演者変更を告知し、整理券を配布する際にも説明したため、特に混乱はなかった。

倖田來未は13日の名古屋まで全国5都市で新アルバム「Kingdom」のプロモーション活動を行う予定だったが、すべてキャンセルした。
ただ、収録が済んでいた2日放送の日本テレビ系「恋のから騒ぎ」や7日のテレビ朝日系「徹子の部屋」などはそのまま放送する。

エイベックスでは「自粛期間は未定」としているが、4月12日から全国ツアーがスタートすることを考えると、3月中にはリハーサルに入らなければならず、少なくとも2月いっぱいまでは自粛する見通しだ。

倖田來未の問題発言は、29日深夜に放送されたニッポン放送「倖田來未のオールナイトニッポン」で飛び出した。
冒頭に女性マネジャーが結婚したことを報告し、「やっぱ、35(歳)まわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよ。(マネジャーには)35歳ぐらいまでには子供を作ってほしいな」と冗談交じりに話した。

それを聴いたリスナーが、高齢出産が珍しくない時代に、医学的根拠もなく35歳以上の女性に対して配慮に欠く発言だとして、「2ちゃんねる」などのネットに抗議や批判の書き込みを大量に行った。
倖田は1日、エイベックスとニッポン放送のHPで、「皆様に不快な思いをさせてしまったことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

この問題、いつまで続くのだろうか?
posted by toshi at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「カムイ外伝」けが人続出!菊地凛子・大腿筋肉離れで降板

「カムイ外伝」けが人続出!菊地凛子・大腿筋肉離れで降板

女優の菊地凛子が、出演を予定していた09年公開の映画「カムイ外伝」(崔洋一監督)をけがのため降板したことが30日、分かった。
関係者によると菊地は先月中旬、撮影のための役作り中に両足の大腿筋に肉離れを起こしたという。

作品は、すでにクランクインしているが、菊地凛子の撮影はこれからの予定だった。
菊地は、24日に都内で行われた映画「ラスト・コーション」(アン・リー監督)のプレミア試写には元気な姿を見せており、日常生活には支障はない模様だ。
アクション大作のため筋肉トレーニングや殺陣の練習が必要不可欠のため、やむなく降板したという。

「カムイ外伝」では、その他、主演の松山ケンイチも殺陣のシーンを撮影中に右太ももを打撲し、全治3週間のけがを負っている。

posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。