「東方神起」が所属事務所から提訴される

「東方神起」が所属事務所から提訴される

活動を休止している韓国の5人組男性ダンスボーカルグループ「東方神起」の所属事務所は14日までに、メンバー3人を相手取り、総額22億ウォン(約1億8000万円)の損害賠償を求める訴えをソウル中央地裁に起こした。
聯合ニュースが伝えた。

所属事務所は、3人の独自の芸能活動を認めた同地裁の仮処分決定に異議を申し立てた上で、3人の契約有効確認のほか、中国でのコンサート中止に伴う損害など総額22億ウォンの賠償を求めた。

3人は昨年7月、専属契約内容が不当だとして、契約の効力停止を求める仮処分を申請。
地裁は契約の一部効力停止を認め、独自の芸能活動を容認するよう事務所側に命じた。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。