北野武監督のフランス美術展が異例のロングラン

北野武監督のフランス美術展が異例のロングラン

北野武監督が、3月11日に仏パリのカルティエ現代美術財団で開幕する美術展「Gosse de peintre−絵描き小僧」の会期が当初の予定より3カ月のび、9月12日までになったことが14日、分かった。

異例のロングランは、たけしの欧州での人気と芸術家としての才能を証明。

展覧会ディレクターには夏休みの子供たちに見せたいとの意向もあるという。
posted by toshi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前立腺がん
Excerpt: 間寛平ガンでも走らされる理由とは - Infoseek みんなのニュース Infoseekみんなのニュース。早期発見と言ってもがんはがんです。転移の恐れもあるので一時帰国し治療に専念しそれから再スタ..
Weblog: 超最新ニューーース!
Tracked: 2010-01-15 21:06

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。