坂口憲二主演ドラマ日本版ダイ・ハード、矢田亜希子が復帰!

坂口憲二主演ドラマ日本版ダイ・ハード、矢田亜希子が復帰!

俳優の坂口憲二が本格的刑事ドラマに初挑戦することが15日、分かった。
フジテレビ系「刑事・鳴沢了〜讐雨〜(仮題)」で“日本版ダイ・ハード”とも言えるド派手なアクション満載の作品だ。
坂口の相棒の女性刑事を演じるのは女優・矢田亜希子。
元夫の押尾学被告の事件の影響で芸能活動から遠ざかっていたが、約1年ぶりに仕事復帰する。

坂口憲二が米俳優ブルース・ウィリス顔負けの演技を披露する。
作家・堂場瞬一氏の人気作を原作にしたフジテレビ系「刑事・鳴沢了―」に主演が決定。
パニックに陥った東京を救うため、たった一人で正体不明の犯人に立ち向かう刑事を演じる。

坂口演じる鳴沢了は、型破りなまでにストイックな刑事魂を持つ男。「連続猟奇殺人犯を釈放せよ」と要求する謎の連続爆弾魔の逮捕に執念を燃やす。タイムリミットは24時間。警察の捜査をあざ笑うかのように繰り返される爆破事件。“人質”となった東京都民1300万人の命を救うことができるのか―。

過去にコミカルな刑事役を演じたことはあるが、硬派で本格的な刑事ドラマは初挑戦。
制作サイドは「正義感あふれる男でありながら、ただの熱血漢ではない極めて優秀な刑事像にぴったりだと考えた」と起用理由を説明した。

人気映画「ダイ・ハード」シリーズでブルース・ウィリス演じる刑事、ジョン・マクレーンもたった一人で悪に立ち向かう。
ドラマでは映画にも負けないド派手なアクションが繰り広げられる予定。
役作りに没頭している坂口は「原作の世界観をドラマの中で表現できればと思っています」と意気込んでいる。

共演者も豪華だ。
鳴沢とコンビを組む敏腕刑事役を矢田が演じる。
押尾事件の影響で女優業から遠ざかっていたため、昨年1月クールの同局系「ヴォイス〜命なき者の声〜」以来、約1年ぶりのドラマ出演となる。坂口との共演は同局系「恋のチカラ」以来、約8年ぶり。
気心の知れた“相棒”の後押しもあり、スムーズに現場復帰できそうだ。

ほかにも寺島進や遠藤憲一、竹中直人ら豪華メンバーがズラリとそろった。
坂口は「キャスト、スタッフ一丸となって、今までにない骨太な刑事ドラマを視聴者の皆さんにお届けしたい」とやる気満々だ。

posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。