資生堂CM発表会、河合その子が20年ぶりに出演

資生堂CM発表会、河合その子が20年ぶりに出演

80年代にアイドルとして活躍した河合その子さんと薬丸(旧姓・石川)秀美さん、伊藤つかささん、荻野目洋子さんが30日、出演する資生堂のエイジングケア製品「IN&ON(インアンドオン)」のCM発表会に出席した。CMで夫の薬丸裕英さんと共演し、今回のCM限定で復帰した薬丸さんは「お話をいただいたとき、本当にいいのかなと思いましたが、同窓会みたいな感じで楽しく撮影できて、本当に素が出ています」と話し、元「おニャン子クラブ」で20年ぶりのテレビ出演になる河合さんは「久々のお仕事で緊張しましたが、今日が一番緊張しています」と話していた。

新CM「よみがえれ、私編」15秒編は20年ぶりの同窓会をイメージし、4人が再会。
30秒編ではそれぞれの現在の様子をドキュメントタッチで演じ、薬丸さんは夫と5人目の子供との買い物シーン、伊藤さんはお芝居のけいこシーン、荻野目さんは3人の子供とのドライブ、河合さんはママ友とのランチシーンで自然な表情を見せる。

CM曲には、斉藤和義さんが同窓会をイメージして書き下ろした「ずっと好きだった」を起用。
4月1日から全国で放送される。

3人の子を持つ荻野目さんは「まだ小さいので、もれなくついてくるという感じでいつもにぎやかです。子供も『わあマミーすごいねー』って言ってくれて、今日も『がんばってね』って送り出されました」とうれしそうに話し、「秀美さんのお宅もそうだと思うのですが、子供が多いと自分のことに時間をかけられないんですが、(インアンドオンは)短い時間でつけられるし、次の日効果が出ているのでうれしいです」と商品をアピールした。

舞台のけいこやけいこ後のストレッチを披露している伊藤さんは「実は運動は苦手なんです。なるべく食べ過ぎないように気をつけたり、無理しないようにがんばっています。撮影は当時と変わらなくて、皆さん生き生きしてらっしゃって、安心したのとうれしかったのと、もっと自分もがんばらなきゃと思いました」と撮影を振り返った。

CM曲「ずっと好きだった」を披露した熱唱した斉藤さんは「同窓会でまた好きな子にあってドキドキするというイメージでつくりました。皆さんと同じ世代なので、いろいろとお世話になってました。お変わりなくすてきです」と話し、笑わせた。

「インアンドオン」は、40代半ばの女性向けの新ブランドで、「夜の肌の手入れに加える6週間の美容プログラム」とうたっており、美容食品と美容液をラインアップ。
体の内側と外側から、肌のたるみやしわなどに働きかける成分を配合。フェースラインを引き締める「シャープフォーミュラ」(美容ドリンク、美容液、マスク)と、加齢で衰えた肌をうるおいによって柔らかく整える「スムーズフォーミュラ」(美容サプリメント、部分用美容液)の二つの商品ラインがあり、ドリンクとサプリメントには、健やかで美しい肌を保つ働きを助ける新開発成分「ケイヒ(桂皮)エキス」を配合している。
想定販売価格は4200円〜1万1550円。全国の百貨店や化粧品専門店など約3500店舗で販売する
posted by toshi at 12:18 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

アーティストの卒業式ライブが激増 背後に見え隠れする音楽業界の思惑

アーティストの卒業式ライブが激増 背後に見え隠れする音楽業界の思惑

思い出深い学び舎を去る惜別と新たな生活への期待に胸を膨らませながら、行われる卒業式。最後のホームルームでの担任の教師からの言葉に涙腺を緩ませた記憶のある人も多いだろう。

 そんな誰もが経験する卒業式に人気アーティストの出演が相次いでいる。徳島県美馬市立岩倉中学校でファンキーモンキーベイビーズが「お忍び卒業式ライブ」を行ったほか、谷村奈南、西野カナ、flumpool、福田沙紀、BENIなど、人気歌手がこぞって各地の卒業式に出演し、ライブを披露している。ある音楽雑誌の編集者は次のように明かした。

「卒業式ライブで伝説の残したのはGACKT。2006年、神戸市の県立舞子高卒業式にサプライズで参加し、この日のためにつくったバラード『野に咲く花のように』を披露しました。実は、Gacktのラジオ番組にその学校の男子生徒が『自分の在籍する環境防災科が定員割れの危機にあるため応援してほしい』と相談。その際Gacktが『学科の意義や魅力を自らの手でアピールする活動を興してみては』と提案し、定員割れを防ぐことができたら卒業式に行くと約束。その後、学科の志望人数が定員を上回り、GACKTが『約束は果たしたからな』と卒業式に出演。歌い終えたGACKTは『夢は見るものじゃなく、叶うもの。叶えるために強く意思を貫くこと。君たちの未来に期待します』とメッセージを送りました。さらにGACKTは過去に合計4回ほど各地で卒業式ライブを行っています」

 GACKTの「野に咲く花のように」は07年2月に発売し、NHK『みんなのうた』にも起用されてヒットとなった。この一件以降、卒業式ライブは増加の一途をたどっている。前出の編集者は次のように分析する

「卒業式でサプライズライブを行うと、とにかくマスコミの食いつきがいいようですね。単なるイベントライブだとスポーツ紙でもベタ記事ですが、卒業式ライブだと、一般紙でも取り上げてくれる上、ニュース番組でも取り上げられることもある。しかも、感動の卒業式を演出することで、アーティストとしてのイメージも良いですからね。壊滅的なCD不況で未来が見えない音楽業界の中、こんなオイシイPR方法にレコード会社は乗らない手はない。その上に、訪れた先の学校の生徒、教師もCDを買ってくれるでしょうし、そこから火が着けば、教科書に載る可能性もある。定番曲となれば、まさに『1曲だけで一生食える』世界ですからね。卒業式ライブはアーティストにとってはメリットだらけのプロモーションの場です」

 レミオロメンの「3月9日」、ボーカロイド・初音ミクに歌わせてニコニコ動画にアップし、話題を呼んだabsorb「桜ノ雨」、NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となったアンジェラ・アキの「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」、同じく同コンクール課題曲のいきものがかりの「YELL」などなど、近年、卒業式の新たな定番曲も生まれている。今年も、AKB48の「桜の栞」、北乃きいの「サクラサク」、湘南乃風の「ガチ桜」など桜ソングが発売されたが、新たな卒業式の定番となる曲はあるのか? 音楽業界の卒業式ビジネスは今後も増加しそうだ。
posted by toshi at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「鉄骨飲料」CMが、小雪の姉・弥生が鉄骨娘で復活

「鉄骨飲料」CMが、小雪の姉・弥生が鉄骨娘で復活

女優・鷲尾いさ子が「鉄骨娘」を演じた「サントリー鉄骨飲料」のCMが、女優・小雪の姉・弥生演じる「鉄骨女神」として約20年ぶりに復活する。

89年、鷲尾が「ソーレソーレ鉄骨飲料」と風呂場で踊る姿が話題を呼んだCM。
弥生は「美肌ミュージック」を提唱するなど神秘的な雰囲気を持つモデル・歌手で、関係者が「骨格がしっかりした、新しいイメージの美人」として今回、抜てきした。

弥生は妖精のようなシルバーのセクシー衣装を身につけ登場。
バスルームで「そーろそーろ鉄骨飲料」の歌をバックに「会社も日本も頼りない、頼りになるのはカルシウムだけ」と独特のダンスを披露している。
弥生は「20年前のCMも覚えていて印象的だった。家族や友達に『鉄骨女神に決まったよ』って報告したら、みんな喜んでくれました」と語った。

今回のCMは「鉄骨飲料」のリニューアル発売に伴い、当時と同じ制作スタッフが再結集し現代版にアレンジし完成させた。

30日から全国でオンエア予定。
posted by toshi at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

沢村一樹の“相棒”が、仮面ライダーヒロイン「森カンナ」に決定

沢村一樹の“相棒”が、仮面ライダーヒロイン「森カンナ」に決定

沢村一樹主演の新ドラマ『警視庁 失踪人捜査課』で、沢村演じる主人公の“相棒”となる女性刑事・明神愛美役をオーディションで決定するという異例の企画が開催され、応募総数2298通の中から女優の森カンナに決定したことが22日、わかった。

見事大役を掴んだ森は「オーディションに合格したときは、『まさか!』と思いました。年齢設定も27歳と実年齢よりも随分(6歳)上だったので、電話で合格を聞いたときはうれしくて飛び上がりました(笑)。とにかく今はみなさんに食らいついていくつもりです!」と気合十分だ。

今回のオーディションは、応募総数2298通(プロ695通、アマ1603通)の中から書類による1次選考、2次選考面接、最終選考面接という過程を経て女性刑事・明神愛美役が決定。

同ドラマの三輪祐見子プロデューサー、飯田新プロデューサーは、選考理由について「オーディションで出会った森カンナさんは、とても若々しくフレッシュで、且つ独特の存在感がありました。特に目を引いたのは、目力の強さ。気の強い明神愛美そのものでした」と高く評価。
さらに「身長も170センチと高く、主演の沢村一樹さんとのバランスもピッタリ。まだ何色にも染まっていない分、彼女の存在が他のキャスト陣とうまく化学反応を起こし、新しい女性刑事像を作り上げてくれるのではないかと」と期待をよせている。

先ごろ森とのシーン撮影に臨んだ主演の沢村も「今日初めてセリフのやり取りをしたんですけど、森さんはいい意味で“色気のない”女優さんで、サバサバした雰囲気なので、気を遣わずに自由なお芝居ができるんじゃないかなと思っています」と森の演技を評価した。

森カンナは、今作がゴールデンタイムの連続ドラマ初出演となる新進女優。
170センチの身長を生かしてファッション雑誌『mina』などのモデルを務め、2008年映画『うた魂』で女優デビュー。
『仮面ライダーディケイド』では、ヒロインの光夏海役を演じ、注目を集めた。
現在、放送中のドラマ『インディゴの夜』では、性同一性障害のイケメンホスト・テツ役を演じ、長かった髪をバッサリと切る“女優魂”を見せている。
posted by toshi at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

坂口憲二主演ドラマ日本版ダイ・ハード、矢田亜希子が復帰!

坂口憲二主演ドラマ日本版ダイ・ハード、矢田亜希子が復帰!

俳優の坂口憲二が本格的刑事ドラマに初挑戦することが15日、分かった。
フジテレビ系「刑事・鳴沢了〜讐雨〜(仮題)」で“日本版ダイ・ハード”とも言えるド派手なアクション満載の作品だ。
坂口の相棒の女性刑事を演じるのは女優・矢田亜希子。
元夫の押尾学被告の事件の影響で芸能活動から遠ざかっていたが、約1年ぶりに仕事復帰する。

坂口憲二が米俳優ブルース・ウィリス顔負けの演技を披露する。
作家・堂場瞬一氏の人気作を原作にしたフジテレビ系「刑事・鳴沢了―」に主演が決定。
パニックに陥った東京を救うため、たった一人で正体不明の犯人に立ち向かう刑事を演じる。

坂口演じる鳴沢了は、型破りなまでにストイックな刑事魂を持つ男。「連続猟奇殺人犯を釈放せよ」と要求する謎の連続爆弾魔の逮捕に執念を燃やす。タイムリミットは24時間。警察の捜査をあざ笑うかのように繰り返される爆破事件。“人質”となった東京都民1300万人の命を救うことができるのか―。

過去にコミカルな刑事役を演じたことはあるが、硬派で本格的な刑事ドラマは初挑戦。
制作サイドは「正義感あふれる男でありながら、ただの熱血漢ではない極めて優秀な刑事像にぴったりだと考えた」と起用理由を説明した。

人気映画「ダイ・ハード」シリーズでブルース・ウィリス演じる刑事、ジョン・マクレーンもたった一人で悪に立ち向かう。
ドラマでは映画にも負けないド派手なアクションが繰り広げられる予定。
役作りに没頭している坂口は「原作の世界観をドラマの中で表現できればと思っています」と意気込んでいる。

共演者も豪華だ。
鳴沢とコンビを組む敏腕刑事役を矢田が演じる。
押尾事件の影響で女優業から遠ざかっていたため、昨年1月クールの同局系「ヴォイス〜命なき者の声〜」以来、約1年ぶりのドラマ出演となる。坂口との共演は同局系「恋のチカラ」以来、約8年ぶり。
気心の知れた“相棒”の後押しもあり、スムーズに現場復帰できそうだ。

ほかにも寺島進や遠藤憲一、竹中直人ら豪華メンバーがズラリとそろった。
坂口は「キャスト、スタッフ一丸となって、今までにない骨太な刑事ドラマを視聴者の皆さんにお届けしたい」とやる気満々だ。

posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「トリック」4年半ぶり復活!2時間スペシャル今春放送

「トリック」4年半ぶり復活!2時間スペシャル今春放送

女優の仲間由紀恵、俳優・阿部寛主演のテレ朝系人気ドラマシリーズ「トリック」が「新作スペシャル2」(今春放送)として4年半ぶりに2時間ドラマで復活する。

同ドラマは今年、初回放送から10周年を迎え、大感謝祭を開催。
109(トリック)本の企画が用意され、同局系でのスピンオフドラマ「警部補 矢部謙三」(4月スタート、金曜・後11時15分)と共に、目玉プロジェクトとしてスペシャル版放送が決まった。

舞台は古い因習に縛られた村。
愛憎渦巻き、子守歌に導かれ起こる惨劇に、自称天才マジシャン・山田奈緒子(仲間)と大学教授・上田次郎(阿部)が挑む、というもの。

05年11月にスペシャル版が放送されたが、平均視聴率24・7%、瞬間最高で29・5%をマークした。

今回の制作費は「初回の劇場版(02年11月公開)以上」(同局)で、ゲストとして浅野ゆう子、手塚理美ら、本格派をそろえ、「今回のスペシャルも映画化すればいいんじゃないか、という気持ち」と関係者は絶対の自信を見せている。
posted by toshi at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

北野武さんにフランス芸術文化勲章授与

北野武さんにフランス芸術文化勲章授与

フランスのミッテラン文化相は9日、映画監督の北野武さんに対し、同国の芸術文化勲章の最高位にあたる「コマンドゥール」を授与した。

授賞式は、パリのカルティエ現代美術財団で行われた。
北野さんは、「パリが文化の中心地だということは子供心に知っていたが、まさかここで表彰を受けるとは、夢のよう。この章に値するよう、これからも一生懸命努力したい」と喜びを語った。

同財団美術館では11日から9月まで、北野さんの絵画やオブジェを集めた個展「絵描き小僧」が開かれる。
パリの現代美術館ジョルジュ・ポンピドー芸術文化センターでも、11日から6月まで、北野監督の映画作品が連続上映される。
posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

東方神起・ジェジュンがドラマ初出演!! 瑛太、上野樹里らと“Twitter”ドラマで共演

東方神起・ジェジュンがドラマ初出演!! 瑛太、上野樹里らと“Twitter”ドラマで共演

韓国出身の人気グループ・東方神起のジェジュンが、俳優・瑛太、上野樹里ら男女5人の青春群像劇を描く4月スタートの新ドラマ『素直になれなくて』で初のドラマ出演を果たすことが8日、わかった。
同作と同じく脚本家・北川悦吏子が手がけた映画『天国への郵便配達人』が昨年韓国で公開され、その主演を務めたジェジュンが、今回は日本語での演技に挑戦する。
自身初となるドラマ出演についてジョジュンは「普段の活動とは全然違うフィールドなので、今でもすごく緊張していますが、共演者のみなさんと楽しく撮影に臨めればいいなと思っています。一生懸命がんばります」と意気込んでいる。

ジェジュンは、瑛太演じる駆け出しのカメラマン・ナカジ、上野演じる私立高校の非常勤講師・ハル、そしてハルの親友・ピーち(関めぐみ)、5人のリーダー格となるリンダ(玉山鉄二)とツイッターを通して知り合うことになるドクター役。

ツイッター上でハル(上野)の言葉に支えられて次第に恋心を抱くようになるという。

中野利幸プロデューサーは、ジェジュンを起用した理由について「ジェジュンさんには画面を通してみると目をそらせなくなる圧倒的な存在感があると思います。新しい青春群像を作りたい時に、必要なキャラクターは彼だと直感しました」と明かす。
さらに、「実際お会いしてみると、ひょうきんな方で役柄もそれに合わせて作っています。日本語も芝居も猛特訓しており今回、芝居の上手な役者陣の中に入った時に素晴らしい化学反応を起こしてくれると思います」と期待を寄せている。

ジェジュンは、東方神起として韓国で2004年1月、シングル「HUG」でデビュー。
05年4月、日本でもシングル「Stay With Me Tonight」でデビューする。
作詞、作曲、編曲も手がけ、JEJUNG & YUCHUN (from 東方神起)として昨年9月に発売したシングル「COLORS〜Melody and Harmony〜」でも作曲・編曲を担当。昨年11月韓国で公開された映画『天国への郵便配達人』で映画初主演を果たしている。
posted by toshi at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

伝説的ボクシング漫画「あしたのジョー」が山下智久主演で実写映画化

伝説的ボクシング漫画「あしたのジョー」が山下智久主演で実写映画化

伝説的ボクシング漫画「あしたのジョー」が実写映画化され、アイドルグループ「NEWS」の山下智久が主人公の矢吹丈を演じる。
卓球映画「ピンポン」を手掛けた曽利文彦監督のメガホンで、来年年明けから春までに公開される予定。

丈の才能を見いだす丹下段平役は香川照之が務める。

山下智久は以前からボクシングに興味があり、20歳の時に2カ月、昨年も3カ月、ジムに通った。
今月後半から、さらに本格的なボクシング練習を積み、4月から撮影に入る予定。「偉大な作品を傷つけないよう一生懸命やります」としている。

 映画化が悲願だったという伊與田英徳プロデューサーは「山下さんなら肉体美も期待できる上、ジョーの持つ芯の強さとチャーミングな部分を兼ね備える」と説明。生身の迫力と、曽利監督が誇るCG技術を組み合わせて迫真の試合映像を作り出すとし「ロッキーを超える」と自信を見せる。

香川もボクシングの大ファン。
試合中継で解説したことや、専門誌で連載を持ったこともあり「私生活でボクシングを30年間見守り続けてきたのは、この役のためではなかったか。リアルなボクシング映画、リアルな段平を狙いたい」とコメント。
2月の顔合わせでは、山下とシャドーボクシングしてコンビネーションを確認。伊與田氏は「香川さんの雑草魂が段平とだぶった」とする。

あしたのジョーは1968年1月〜73年5月に「週刊少年マガジン」で連載され、単行本は累計2000万部を発行。ジョーの宿命のライバル力石徹が死んだ時には出版社に抗議が殺到し、葬儀が行われるなど社会現象になった。テレビアニメは70年4月〜71年9月と80年10月〜81年8月に放送された。

今作ではジョーと段平の出会い、力石との壮絶な死闘が軸に描かれ、マンモス西、ヒロインの白木葉子らも登場。

他のキャストは今後、発表される。クランクインは今月下旬予定。物語の舞台となった昭和40年代の東京都荒川区と台東区の境にある泪橋(なみだばし)周辺の街並みは、都内近郊に広大なロケセットをつくり再現される。
posted by toshi at 12:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

石川遼選手のCMタイアップ曲に忌野清志郎さん“幻の未発表曲”

石川遼選手のCMタイアップ曲に忌野清志郎さん“幻の未発表曲”

昨年5月にがん性リンパ管症のため亡くなった歌手・忌野清志郎さん(享年58)と、昨年の男子プロゴルフ賞金王・石川遼選手との異色コラボが実現したことが4日、分かった。
清志郎さんの死後、発見された“幻の未発表曲”「Baby#1」が、石川選手が出演するハウス食品「カレートータル」のCMタイアップ曲に決定したもの。

約6年ぶりにCMに楽曲起用された清志郎さんの歌声は10日からオンエアされる。
 
CMに起用される「Baby#1(ベイビー・ナンバーワン)」は、清志郎さんが長男・竜平(たっぺい)君への思いを歌った家族愛漂う1曲。

21年前に米ロサンゼルスでレコーディングされながら昨年9月まで行方不明になっていた貴重な音源で、ファンの間では「幻の未発表曲」として関心が集まっていた。

「愛し合ってるかい!!」と最後まで“愛”を歌い続けた清志郎さんらしい1曲となっており、CMコンセプト“家族が1番”に合致。

幼少期からの石川選手と父・勝美さんら家族の写真が流される映像のバックで「心地よく温かい音楽が、石川プロ自身による家族にまつわるナレーションにマッチしている」(ハウス食品)として起用された。

清志郎さんの楽曲がCMに起用されるのは、04年にエースコック「スーパーカップ」を彩った「JAMP」以来、6年ぶり。
死してなお、清志郎さんの愛の歌は人々へと紡がれていく。

また、同曲は清志郎さんのデビュー40周年記念日となる5日発売の同名アルバムに収録されるが、PVに関しても未発表映像で構成することが決定。
公の場では「1、2回しか披露していない」(EMIミュージック)が、89年4月にRCサクセションの全国ツアー初日での歌唱映像が見つかり、これを使用する。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

<仲里依紗>悪のヒーロー「黒ゼブラ」が公開

<仲里依紗>悪のヒーロー「黒ゼブラ」が公開

哀川翔さん主演の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」で、ヒールヒロイン「黒ゼブラ」が4日、公開された。

仲里依紗さんが演じるゼブラクイーンが変身した姿で、哀川さんが演じる正義のヒーロー「ゼブラーマン」の最終形も明らかになった。

「ゼブラーマン」は、哀川さんの映画主演100作を記念して、三池監督、宮藤官九郎さんの脚本で「白黒つけるぜ」が決めゼリフのヒーロー・ゼブラーマンの活躍を描き、04年に公開された。

「ゼブラシティの逆襲」は、2015年に地球の危機を救ったゼブラーマンは、科学者により、正義の白=市川新市(哀川翔)と邪悪の黒(仲里依紗)に分離されてしまう。
15年後、すべての記憶を失った市川は、黒がゼブラクイーンとして君臨するゼブラシティに現れる。市川が、白ゼブラに変身し、ヒーローに戻った時、ゼブラクイーンも黒ゼブラに変身、白と黒、正義と邪悪の壮絶な戦いが始まる……というストーリー。

仲さんは、セクシーなボンデージファッションに身を包んだ邪悪なアイドル、ゼブラクイーンとして歌手デビューすることでも話題となったが、黒ゼブラもダークでセクシーなデザインとなっている。

さらに、気温2度という悪条件の廃工場でのロケでは、15メートル上空に宙づりにされ、360度回転するワイヤー悪書にも初挑戦し、撮影時間は哀川さんに次ぎ、100時間を超えたという。

また、哀川さんは、半身ゼブラから白ゼブラ、そして最終形ゼブラへと3段階の変身を遂げる。
映画は5月1日、全国で公開される。
posted by toshi at 12:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

<ワンピース>57巻の初版300万部突破 ハリポタ超えで初版部数の日本新記録

<ワンピース>57巻の初版300万部突破 ハリポタ超えで初版部数の日本新記録

4日に発売される尾田栄一郎さんのマンガ「ONE PIECE」57巻が、初版の発行部数が300万部を突破し、04年に発売された「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の290万部を超えて、日本記録を更新したことが3日、明らかになった。

09年12月に発売された56巻で更新したコミックスの初版部数日本記録(285万部)も塗り替えた。

「ワンピース」は、「週刊少年ジャンプ」で97年から連載、コミックスは4日発売の最新刊を合わせて1億8560万部を発行している。
手足が自在に伸びる「ゴム人間」のルフィが、海賊王になるため、剣士ゾロや女航海士ナミ、トナカイで船医のチョッパーらと大海原を冒険する物語。

最新巻57巻では、ルフィの兄・エースを奪還するため、白ひげ大艦隊が、海軍本部と王下七武海と全面戦争に突入するというストーリーが描かれる。

09年12月には、尾田さんが製作総指揮を担当した劇場版アニメ「ワンピース フィルム ストロングワールド」が公開され、来場者に「0巻」がプレゼントされて話題を呼んだ。
posted by toshi at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フジ系新情報番組「Mr.サンデー」で宮根&滝クリが初共演

フジ系新情報番組「Mr.サンデー」で宮根&滝クリが初共演

人気キャスターの宮根誠司とフリーキャスターの滝川クリステルが、フジテレビ系新情報番組「Mr.サンデー」(4月18日スタート、日曜・後10時)にレギュラー出演することが28日、分かった。
2人が共演するのは初めて。

独特の語り口と“ホンネ”トークで関西中心に人気爆発中の宮根が、ついに東京進出を果たす。
現在司会を務める日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」は06年に関西ローカルで開始したが、1年後には全国区に。
高視聴率を連発し、“西のみのもんた”とも呼ばれるほどの人気となった。

宮根は「滝川クリステルさんとご一緒できることをとても楽しみにしています。斜め45度以外の顔は見慣れていないので、しっかり見つめ合っていこうと思います」とコメント。

一方の滝川は、半年ぶりのレギュラー番組となる。
フジテレビ系「ニュースJAPAN」では、7年間にわたって「斜め45度の女神」として君臨。
昨年9月に“卒業”して以降は、資生堂のCMに出演するなど、活動の幅を広げてきた。

滝川は「新しい番組を作っていく楽しみや不安の中で、宮根さんという、私にとって更に未知の要素が加わり、いい意味でドキドキしております(笑い)」と話す。

6年連続で視聴率3冠王に輝いたフジテレビだが、土日の視聴率は少々苦戦気味。
「ミヤネ&滝クリ」という強力タッグを、“日曜夜の顔”に持ってくることで、巻き返しを図りたい構えだ。
posted by toshi at 12:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。