フジ開局特番で名作ドラマ&映画が復活!司会はSMAP

フジ開局特番で名作ドラマ&映画が復活!司会はSMAP

SMAPの司会で4月6日放送のフジテレビ開局50周年特別番組に、50人近い超豪華俳優陣がスタジオ生出演することが30日、分かった。
フジのドラマ&映画の50年を振り返る番組。
大ベテランから人気の若手まで、どんな大作ドラマも不可能な空前のオールスターキャストだ。かつて「ダブル浅野」と称された2大トレンディー女優の約10年ぶり“共演”も実現。
3時間半、ナマで語り尽くす。

 タイトルはズバリ「フジテレビ開局50周年名作ドラマ&映画全て見せます! SMAP PRESENTS ドラマの裏の本当のドラマ」。

ドラマには欠かせないSMAPの5人が司会を務め、同局ドラマ&映画の懐かしい名場面や裏話・秘話などを映像とトークでひも解く。
ゲストには主役を務めた約50人の豪華俳優陣を迎え、スタジオで一堂に会するというからゼイタクな企画だ。

 なかでも注目なのが、80年代後半から一世を風靡したトレンディードラマの立役者、浅野温子と浅野ゆう子の“W浅野共演”。
88年の「抱きしめたい!」でタッグを組み、当時の若い女性たちの間でカリスマ的人気となった。

スペシャル版も3回放送され、最後が99年というから約10年ぶりの顔合わせとなる。
特に温子は、トーク・バラエティー系番組への出演自体が極めて異例で、超レアなツーショットとなりそう。

「ロングバケーション」の山口智子は、VTR出演する。
ロンバケ以降は連ドラ出演を控え、CMや自ら企画した紀行番組の出演など露出が限定的。

95年に結婚した夫の唐沢寿明は生出演するため、この“
夫婦共演”もレアだ。

作家の辻仁成と結婚後の02年からフランス・パリに拠点を移した中山美穂もVTR出演。
異例ずくめで、見どころ満載の刺激的な3時間半生放送となること間違いない。

posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『ごくせん』卒業スペシャル、視聴率18.1%

『ごくせん』卒業スペシャル、視聴率18.1%

女優の仲間由紀恵が教師を演じる人気ドラマ『ごくせん』のスペシャル番組『開局55年記念番組ごくせん卒業スペシャル’09・ヤンクミ最後の卒業式』が、28日(土)に放送され、視聴率が18.1%を記録した。

02年の4月に第1シリーズが放送された『ごくせん』は、08年4月には第3シリーズが放送され、高い視聴率も話題に。
熱血教師の“ヤンクミ”こと山口久美子を仲間由紀恵が演じ、若手人気俳優を生徒役にいち早く起用している点も多くの視聴者獲得に繋がった。

今回で、3度目の卒業式となった仲間は、番組の放送決定が発表された昨年末に「これまでに2回、教え子たちの卒業を見てきました。どの卒業式もとても感動的で、想い出がつまっています。第3シリーズの生徒たちをヤンクミがどんなメッセージを込めて送り出すのか、楽しみにしていてください」とコメントを寄せていた。
また、同じく放送決定を発表した昨年末にプロデューサーの加藤正俊氏が「『ごくせん』7年間の集大成ともいえる卒業スペシャルです。ヤンクミに伝えてもらいたいメッセージはすべて出し切るつもり。これで見納めになるかもしれません」と、今回の放送が“最後”となることを示唆していた。
『ごくせん』ファンからの関心も高まっていた。
posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

新社会人が選ぶ理想の上司は?

新社会人が選ぶ理想の上司は?

新年度を間近に控え、生命保険会社の明治安田生命は26日(木)、今春の新入社員994人を対象に行った『理想の上司』についての調査結果を発表した。
「男性上司」1位には『’09 WORLD BASEBALL CLASSIC』でも、チームリーダーとして活躍し連覇に貢献した、米メジャーリーグ・シアトルマリナーズの【イチロー】。
「女性上司」1位には、テレビドラマなどで見せる役柄の印象から、女優の【真矢みき】が選ばれた。

理想の男性上司1位は【イチロー】。
先日のWBC決勝戦での活躍も記憶に新しいが“実力があって頼もしい”彼の姿に高い支持が集まった。
対して、女性上司1位の【真矢みき】は、出演ドラマやバラエティ番組で見せる“姉御肌で頼もしい”かつ“知性的”なイメージから新社会人の憧れの存在となった様子。
共に、昨年5位からのランクアップとなっている。

男性上司2位は、タレントの【島田紳助】。
バラエティ番組などでの名司会ぶりから“頼もしい”“指導力がある”という点で高評価を得た。
3位のタレント【関根勤】は、テレビを通して見受けられる、面白くて優しそうなキャラクターから“親しみやすさ”で人気を博した。

一方、女性上司2位には女優の【菅野美穂】、
3位には【篠原涼子】がランクイン。
【真矢みき】と同様に、出演するドラマやCMを見て“親しみやすい”“頼もしい”というイメージを抱く新社会人が多かったようだ。

その他は以下の通り
理想の上司女性ベスト10
1位 真矢みき
2位 菅野美穂
3位 篠原涼子
4位 久本雅美
5位 江角マキコ
6位 黒木瞳
7位 安藤優子
8位 天海祐希
9位 仲間由紀恵
10位 エド・はるみ

理想の上司男性女性ベスト10
1位 イチロー
2位 島田紳助
3位 関根勤
4位 タモリ
5位 所ジョージ
6位 オバマ大統領
7位 山口智充
8位 堤真一
9位 古田敦也
10位 橋本徹大阪府知事









posted by toshi at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

陣内の女性遍歴・元トップAV女優、グラドルなど

陣内の女性遍歴・元トップAV女優、グラドルなど

どのメディアもWBCの祝福ムード一色で、格好悪いニュースが目立たなかったのは不幸中の幸いだったか、女優、藤原紀香との離婚で24日、涙の謝罪会見を開いたお笑いタレントの陣内智則。
“吉本No.1のモテ男”といわれた陣内には、どんな女性遍歴があったのか。

 「自分の未熟さ、心の弱さで浮気をしてしまった」と会見で猛省した陣内。ケニアのナイロビに滞在中の紀香は、その日の夜、自身のブログを更新するとともに、離婚後初めてコメントを発表した。

 紀香は、「がんばれるところまでやってみました やはり夫婦だから。でも、時が経つに連れ、また心をえぐられるような事実が湧き出てきて。。。」と暗に陣内の浮気癖に言及している。

 陣内は紀香との交際前から、吉本では明石家さんまに継ぐプレイボーイとして女性の噂が絶えなかった。
お相手は、元トップAV女優で、現在はセクシータレントの及川奈央やグラドル出身の森下千里ら紀香に負けないナイスバディーの持ち主の名が挙がっていた。

今週発売の女性週刊誌各誌も陣内の女性問題に注目。
「週刊女性」は、及川との仲が紀香と知り合う2006年まで3年近く続いたことを指摘。
紀香と一昨年に結婚する少し前には、福岡・中洲のクラブホステスとも関係を持ったとしている。

「女性自身」は、紀香とは別人の“紀ちゃん”なる女性との浮気疑惑を報じている。
26日発売の「女性セブン」も「女性問題のスクープを仕込んでいるらしい」(プロダクション関係者)と、陣内は針のムシロだ。

芸能リポーターの梨元勝氏は「及川や森下との交際が結婚後も続いていたのかは僕も注目していて、陣内に直接確認したかった」として、会見で直撃したが、陣内は「相手がいることなので。差し控えさせていただきます」と言葉を濁している。
posted by toshi at 12:13 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

石川遼がGMから直接ビュイックOPへ招待

石川遼がGMから直接ビュイックOPへ招待

石川遼が、7月30日開幕の米ツアー、ビュイックオープンから招待出場のオファーを受けたことが分かった。
この大会を主催するゼネラル・モーターズ社から、昨季限りでスポンサー契約を解消したタイガー・ウッズに替わる大会の“目玉”として指名された。
異例の直接オファーだ。
26日開幕のアーノルド・パーマー招待出場に備え、米ツアーで初めてプロアマに参加した石川が、プレー中に驚きの要請を受けた。
13番からスタートし、7ホール目の1番ホール。
7月30日開幕のビュイックオープンのトーナメンント・ディレクター、ロブ・グラインガー氏から、声を掛けられた。

「君を招待したい。声を掛けたのは、君が1番目だ。出場してくれるか?」。

 突然の招待出場オファーに、さすがの石川も「えっ?」と驚き、すぐに海外マネジメント契約を結ぶIMG社の担当者に相談。
すぐに結論が出るはずもなく、出欠は保留となり、後日メールで返信することになった。

 実力、人気の両面を認められた。
ビュイックオープンの主催者GM社は、世界的経済不況の影響を受け、昨季限りでウッズとの契約を解消。
契約期間中は02年から5年連続出場していたウッズだが、左ひざ手術から復帰したばかりの今年の参戦は微妙な状況だ。
その代役として、先週トランジションズ選手権で日本人最年少で米ツアー予選通過を果たした17歳の石川に、白羽の矢を立てた。

グラインガー氏は「ファンを呼べる選手を招待したいと考えていた。かつてはジョン・デーリーも招待したことがある。リョウにも才能がある。ぜひ、出場してほしい」と、熱い思いを打ち明けた。同オープンは、日本ツアーのサン・クロレラクラシックと時期が重なるため、石川も迷うところ。
だが、同オープン直後には出場できる可能性がある世界選手権シリーズのブリヂストン招待、全米プロもあり、高校生最後の夏休みに“夢の米ツアー3連戦プラン”も浮上してきた。
posted by toshi at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

藤原紀香と陣内智則が格差婚から2年で離婚

藤原紀香と陣内智則が格差婚から2年で離婚

女優、藤原紀香とお笑いタレント、陣内智則が2007年春の結婚からわずか2年で離婚することが決定的となった。

芸能界史上最高の5億円披露宴で話題を集めたカップルだが、関係者によると、昨年秋ごろから2人の関係は悪化。
紀香は今年1月からミュージカル「ドロウジー・シャペロン」の主演を務め、先月28日には大阪での1日限定公演も終え、仕事に一段落がついたことで離婚を決意したようだ。
紀香は現在、日本赤十字社広報特使として18日からアフリカ・ナイロビを訪問中で、離婚届は帰国を待って提出されるとみられる。

2人の結婚生活には最初からすれ違いがあった。
東京中心に活動する紀香に対し陣内は大阪。
陣内は月曜から木曜まで大阪・読売テレビの朝の情報番組「なるトモ!」で司会を担当し、週4日の新幹線通勤を余儀なくされた。
陣内は、昨年9月に番組を降板したが、今度は紀香が秋から主演ミュージカルのけいこに突入。
2人がゆっくり家庭生活を営む時間は持てなかったようだ。

紀香の発言を追うと、心境の変化も読み取れる。
昨年7月のミュージカル発表会見では陣内について「見に来てもらって、びっくりさせたい」と語っていたが、12月の公開げいこの際は「たぶん、来ると思います」。

先月24日のイベントでは「人生はこれからもいろいろなことがあると思う」と意味深な発言をし、昨年の結婚記念日には2人で「うどんすき」を食べて祝ったと紀香は公式ホームページで報告していたが、今年は何も言及されていなかった。

2人は、06年7月の日本テレ系ドラマ「59番目のプロポーズ」での共演から親しくなり、12月26日に結婚を発表。
翌年2月17日に挙式、4月10日に婚姻届を提出し、5月30日のホテルオークラ神戸での豪華披露宴はテレビで放送され高視聴率を記録していた。

最初から言われていた通り、想定の範囲内というところであろうか
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

<メイちゃんの執事>最終回視聴率は16.6%、「執事喫茶」が女性に人気

<メイちゃんの執事>最終回視聴率は16.6%、「執事喫茶」が女性に人気

17日に最終回を迎えた連続ドラマ「メイちゃんの執事」の平均視聴率が、16.6%だったことが分かった。
フジテレビによると若い女性層に人気を博したという。

「メイちゃんの執事」は、イケメン執事(水嶋ヒロさん)の手で、平凡な女の子(榮倉奈々さん)がお嬢様へと成長するラブコメディー。

原作は、宮城理子さんのカーガレット連載の同名マンガで、コミックスの発行部数は12月ごろは40万部だったが、ドラマ化を機に急増し、現在は250万部になっている。
ここ数年、若い女性の間では、「メイド喫茶」ならぬ、上品な「執事」にかしずかれてお嬢様気分が味わえる「執事喫茶」が女性の人気を集めている。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

“遊助”が初動20万枚突破。ソロアーティストとして宇多田ヒカル以来2年ぶりの快挙

“遊助”が初動20万枚突破。ソロアーティストとして宇多田ヒカル以来2年ぶりの快挙

俳優・上地雄輔が先週11日(水)に“遊助”名義で発売したソロデビューシングル「ひまわり」が発売1週目で21.9万枚を売上げ、3/23付週間シングルランキングでKAT-TUNの「RESCUE」に次ぐ2位に初登場。07/3/12付の宇多田ヒカル「Flavor Of Life」の27.1万枚以来、2年ぶりのソロアーティストによる初動20万枚突破に「みんなから笑顔をもらった」と喜びのコメントを寄せた。

初動売上枚数は、先月25日に発売された浜崎あゆみ「Rule/Sparkle」の9.5万枚を上回る結果となり、09年のソロアーティストでの初動売上げ枚数トップに躍り出た。
男性ソロアーティストでは、2006/7/24付の堂本光一「Deep in your heart/+MILLION but-LOVE」の22.1万枚以来、2年8か月ぶりの初動20万枚突破となっている。

ユニットの羞恥心、アラジンを含め自己最高のスタートとなった“遊助”としてのソロデビューに上地は「みんなに少しでも笑顔になってほしくて作った作品ですが、逆にみんなから笑顔をもらった気がします。ありがとう」とコメントを発表した。
posted by toshi at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

伊藤隆大さん通夜、兄・伊藤淳史号泣「天国で共演しよう」

伊藤隆大さん通夜、兄・伊藤淳史号泣「天国で共演しよう」

「電車男」などで人気の俳優・伊藤淳史さんの実弟で、8日に自殺した俳優の伊藤隆大さんの通夜が15日、千葉県内の斎場で営まれた。
参列者によると、あいさつした淳史さんは、「家族思いのやさしい弟でした。天国に行っても俳優を続けてください。いつかそっちに行くから、その時は共演しような」と号泣。
笑顔の遺影の下で眠る最愛の弟に、兄として同じ俳優として無念な胸の内を届けた。

隆大さんが出演した映画「容疑者Xの献身」の西谷弘監督が駆けつけ「クールで繊細な演技ができる役者で、期待していた」と肩を落とし、歌手の斉藤和義も参列。
祭壇の脇には、ドラマ「電車男」で兄弟と共演した伊東美咲のほか、2人と親交のある、とんねるず、織田裕二、長澤まさみらからの花が供えられた。

posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「黒部の太陽」香取慎吾「死ぬほど食べて」現場に差し入れ

「黒部の太陽」香取慎吾「死ぬほど食べて」現場に差し入れ

SMAPの香取慎吾が11日、フジテレビ開局50周年記念ドラマ「黒部の太陽」のPRで東京・蒲田の建設現場を訪れた。
同所では、黒部のトンネル貫通を成功させた建設大手の熊谷組の作業員約140人が働く。
香取は「お疲れさまでーす!おにぎり死ぬほど食べてください」と声をかけ、黒部ダムがある富山名物の昆布と黒部の米を使ったおにぎりと豚汁を配った。
「(ドラマの収録)現場が心地よかったのを思い出します。多くの人がひとつの思いになって、ひとつのものに向かっていた。その心地よさを思い出しました」と振り返った。
posted by toshi at 12:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

寛平ちゃん、ロスのロングビーチに到着!

寛平ちゃん、ロスのロングビーチに到着!

マラソンとヨットで世界一周に挑戦しているタレントの間寛平さんが10日午後(日本時間11日午前)、ヨットでの太平洋横断に成功し、ロサンゼルス近郊のロングビーチ港に到着した。

元日に、元マネジャーと共に千葉県の港を出航してから2か月余り。一番つらかったのは、「波がなくて、ヨットが動かなかった時」だったという。船が割れそうなほど強い波の時もあったが、「意外に(ヨットは)こけないものですね」。真っ黒に日焼けした間さんは、足取りもしっかりし、持ち前のギャグも飛び出すほど舌も滑らかだった。

3日間ほど休んだ後、次は約4か月半かけてアメリカを横断。
さらに、ヨットで大西洋を渡った後、1年以上かけてユーラシア大陸を横断し、2011年春ごろに日本に戻る計画だ。

とにかく、最後まで無事故で頑張ってほしい。
posted by toshi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「GReeeeN」が「デッカイ愛」をテーマに初めてバラードを制作

「GReeeeN」が「デッカイ愛」をテーマに初めてバラードを制作

人気ユニット「GReeeeN」が初めてバラード曲を制作した。
タイトルは「遥か」で、得意のラップを封印。

テーマは「デッカイ愛」。
メンバー自身が抱く両親への思いをもとに普遍的な愛を描いた。07年にデビューして以降36曲を発表したが、ラップを封印するのは初めてだ。

これまでラブソングでは「愛唄」と「キセキ」が大ヒット。
しかし、今作はピアノ演奏から始まり、リズムも含めて作風が一変。ヒップホップグループと形容されることも多かったイメージを一新する作品になりそうだ。

 ♪「信じる事は簡単な事、疑うよりも気持ちがいいね」母の愛…と、両親の教えが歌詞に登場する。
メンバーの実体験から生まれた曲だ。歯科医を目指し、学業と両立しながら音楽活動をする中で、たびたび親との言い争いもあった。
真剣に両立を志していたが真意が伝わらず、時にはけんかになることも。それでもあきらめずに対話を続け、その結果、深い愛情に気付かされ「遥か」が誕生した。

映画「ROOKIES」の主題歌にも決定した。
熱血教師が野球を通じて不良高校生を更生させ甲子園を目指す物語で、昨年4月から7月まで放送されたTBSのドラマ版でも「キセキ」が主題歌に起用されていた。
なお、今作は映画公開に合わせて発売される予定。

「キセキ」はデジタル配信で約600万ダウンロードを記録。
センバツの入場行進曲に決まり、今年に入ってからもオリコンチャートのトップ30位入りを果たすなど大ヒット。
メンバー4人は「キセキが恋愛を描いた歌とするならば、“遥か”はより広く、デッカイ愛について歌ったと言えるんじゃないかと思っています。キセキ以上にたくさんの方々の耳に届いてくれたら幸いです」とコメントを寄せた。

メンバー4人のうちnaviとSOHは先月、歯科医師国家試験に挑み、今月末の合格発表を待っている。
残りのHIDEと92は昨年合格した。
現在、「学生の身分なので」と、素顔は一切明かさず活動しており「全員が合格して以降はどうなるのか」とインターネット上などで話題になっている。
posted by toshi at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

松田翔太が連ドラ初主演〜推理ドラマの“タブー”破る探偵役に挑戦

松田翔太が連ドラ初主演〜推理ドラマの“タブー”破る探偵役に挑戦

俳優の松田翔太が4月スタートの新ドラマ『名探偵の掟』で連ドラ初主演を務めることが3日発表された。
初主演作で推理ドラマの“お約束”をこき下ろしてしまう型破りな“探偵役”に挑む松田は、「アンチ王道というコンセプトに共感しています。何か新しいことをここで出来ると思い武者震いしています。掟破りのドラマをみせていきたいと思います」と意気込む。
探偵ドラマといえば、父親で俳優の故・松田優作さんの代表作『探偵物語』が有名だが、親子2代に渡って型破りな探偵を熱演する。

この作品は、『容疑者Xの献身』で直木賞を受賞、ドラマ『ガリレオ』『流星の絆』など、人気ドラマの原作者として知られるミステリー作家・東野圭吾の同名小説が原作。
本格推理の王道ともいえる、難事件を解決するのはもちろん、推理の世界を支える“お約束”の数々を徹底的に扱き下ろしてしまう禁断の“パロディー”ミステリー作品だ。
主人公・天下一大五郎に扮する松田は、古今東西のミステリーに精通しながら、“ご都合主義”“時代遅れ”と批判されることに、異常なまでの恐怖心を抱いている変わり者の探偵を演じる。

原作者の東野は「何を出しても売れなかった頃、やけくそで書いたのが本書だ。読者に一泡吹かせてやろうと思い、小説のルールはすべて無視した」と原作執筆時の心境を振り返り、テレビ化については「このたびの映像化には本当に驚いている。無理じゃないか、と今でも半信半疑だ。テレビドラマのルールをどれだけ無視できるか。そこに注目している」と期待を寄せている。

また番組のプロデューサー・関拓也氏は「何をやってもカッコいい松田翔太クンが、周りからイジられまくる名探偵(?)をどう演じるのか。そもそも、本格ミステリーの裏側を大暴露するドラマなど、本当に放送していいのか!? チャレンジフルな作品にしたいと思うのでご期待ください!」と自信を覗かせる。
テレ朝は、これまでに、『トリック』や『時効警察』など、新ジャンルの推理ドラマを生み出してきただけに、新たな実験的な作品にファンならずとも期待が高まる。

posted by toshi at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ケンコバ司会で「オールナイトフジ」が復活

ケンコバ司会で「オールナイトフジ」が復活

“女子大生ブーム”を呼んだフジテレビの伝説的深夜番組「オールナイトフジ」が復活することが2日、分かった
新番組名は「キャンパスナイトフジ」で、司会にはお笑い芸人、ケンドーコバヤシを迎え4月10日スタート。
もちろん“主役”は現役女子大生たち。

素人女子大生が男心をくすぐった「オールナイトフジ」。
実に18年ぶりの復活を遂げる。

番組は、1983年4月2日スタート。
1991年3月30日まで計404回放送された。平均視聴率は3.5%、最高視聴率は89年3月25日の7.2%と、深夜帯にしては異例の高視聴率を誇った。

もともと「(70年代の)オイルショックで深夜放送が自粛される中、世の中が明るくなるような活気ある番組を目指して始まった」という。
この明るさを担ったのが、ごくフツーの現役女子大生たちだった。「オールナイターズ」との愛称で、アイドルタレントにはない素人っぽさが逆に男のハートをわしづかみ。

レコードデビューを果たした山崎美貴(44)=東海大中退=ら3人組「おかわりシスターズ」が大人気となった。
その後、ミス日本となり八王子市議を務めたエッセイストの佐野美和さん(42)=帝京女子短大卒=や、フリーアナウンサーとなった松山香織さん(47)=明大卒=らを輩出。
バブル景気に突入していく時代の陽気さを象徴する番組となった。

復活版は4月10日スタート。
構成の詳細は不明だが、素人の女子大生が旬の芸人たちとともにファッション、音楽、お笑いなどの最新情報を生放送で伝えていく形式はほぼ同じ。
出演女子大生は現在オーディションで二十数人を厳選中という。

これを仕切るのがケンコバことケンドーコバヤシ。
「みなさんにできないことを平然とやってのけたいです! そこにシビれてあこがれてください」とヤル気満々。
素人女子大生をどう“いじって”いくのかも注目だ。

女子大生の明るいパワーで、ニッポンを未曾有の不況から脱出させる!!
posted by toshi at 12:13 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

飯島愛「お別れの会」、島田紳助・中山秀征号泣「あなたは日本のモンロー」

飯島愛「お別れの会」、島田紳助・中山秀征号泣「あなたは日本のモンロー」

昨年12月に死去した元タレント・飯島愛(本名・大久保松恵)さん=享年36=の「お別れの会」が1日午前、東京都港区の東京プリンスホテルで行われた。
生前の交友の広さを物語るように多数の芸能人、関係者ら700人が駆けつけ、飯島さんに最後の別れを告げた。

祭壇には飯島さんが好きだったという真っ白なカサブランカやカラー、桜の花が飾られた。
親交の深かったタレントの中山秀征さんは「美人薄命とはいいますが、本当にその通りですね。あなたは日本の(マリリン)モンローですよ。愛ちゃん、よくがんばりました。ありがとう。また会おう!」と涙をこらえるようにあいさつした。

「お別れの会」は、飯島さんが07年3月に芸能界を引退するまで所属していたワタナベエンターテインメントが主催。
発起人でもあるアナウンサーの徳光和夫さんが司会を務めた。
中山さんのほか、島田紳助さん、大竹しのぶさん、ホンジャマカの石塚英彦さんと恵俊彰さん、うつみ宮土理さん、古館伊知郎さんらも出席した。

会場の一角には、ベストセラーとなった自伝小説「プラトニック・セックス」の各国語版や、飯島さんが受賞した00年の流行語大賞などの賞状などが展示された。この日の香典は、飯島さんが取り組んでいたHIV/エイズ啓発活動に役立てるため、すべて財団法人エイズストップ基金にあてられるという。午後には一般のファン向けのお別れの会も行われ、約1500人が参列する。
posted by toshi at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。