玉置浩二&石原真理子、復縁&不思議婚

玉置浩二&石原真理子、復縁&不思議婚

歌手の玉置浩二と女優の石原真理子が25日、電撃結婚した。
この日、2人で東京・大田区役所に婚姻届を提出。
2人は85年に不倫愛が発覚し、86年に破局。
石原が06年に出版した自叙伝「ふぞろいな秘密」で、玉置からドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたことを暴露していただけに、不思議なゴールインだ。
玉置はこの日、「全力でマリ(石原)を守っていきたい」と宣言。
玉置は女優の薬師丸ひろ子らと3度、石原も米国時代に1度、離婚歴がある。

自叙伝の発売以降、玉置とは連絡を取っていなかったという石原だが、玉置が慢性すい炎のため音楽活動を休止しており、「とても心配だったので」今月14日に連絡。
玉置も「連絡をくれたので『来る?』と言った」と感激。

そのまま「僕を助けに来てくれたんだな、と思った。信じられないというか、奇跡というか。昔はいろんな事情があって一緒になれなかったけど(今度は)全力でマリを守っていきたい」とプロポーズしたという。

終始握り合っていたお互いの手にはペアリングが光っていた。
色違いのダウンジャケットを羽織った2人はその後、婚姻届を提出、日本武道館でエリック・クラプトンの公演を楽しんだ。

玉置は86年に4年間連れ添った一般人女性と離婚。
91年に結婚した薬師丸とは98年に2度目の離婚。
キーボード奏者の安藤さと子とは99年に結婚し、07年に3度目の離婚。
今回が4度目の結婚となる。
石原も米国で03年に結婚した男性と04年に離婚し、今回が再婚。元祖“お騒がせ女優”らしいサプライズ婚に「(玉置とは)感性とか考えることが似ているんです」とのろけた。

一歩間違えれば下半身不随の大けがだったという玉置のDV。
玉置は「事実なので、ずっと頭を丸めて過ごしてました。謝りたかった。マリが散歩してて、僕が反省しながら散歩の帰りを待っていた。24年かかっちゃった」と振り返り「マリに会うまでジジイ化していた。またときめきたい」と笑顔を見せた。挙式について、玉置は「予定していない。2人で旅に出ようかな」と話した。

posted by toshi at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「のだめカンタービレ」産休明けで連載再開

「のだめカンタービレ」産休明けで連載再開

作者の二ノ宮知子さんの出産で08年9月から休載していたマンガ「のだめカンタービレ」が3月10日から、マンガ誌「Kiss(キス)」で連載を再開することが明らかになった。

「のだめカンタービレ」は、ピアノの才能はあるが、だらしない生活を送る風変わりな音大生「のだめ」こと野田恵と、指揮者を目指す音楽エリートの千秋真一の青春を描いたラブコメディー。
単行本(1〜21巻)は累計2950万部を発行。
上野樹里さんと玉木宏さん主演でテレビドラマ化され、アニメも放送されている。

二ノ宮さんは08年10月に男児を出産、連載再開を目指していた。6号では表紙にのだめが登場、巻頭カラーで、のだめが世界的指揮者で千秋の師匠シュトレーゼマンと共演し、世界デビューを飾るという展開が描かれる。
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

倖田來未×misono、姉妹初コラボ!

倖田來未×misono、姉妹初コラボ!

歌手、倖田來未と妹のタレント、misonoが、初めてコラボレーション曲を発表することが19日、分かった。
「倖田來未×(あんど)misono」の姉妹ユニット名で、3月に「It’s all Love!」を発売。
妹がデビューした2002年以来、7年にわたって温めてきた構想がようやく実現した。

芸能界きっての仲良し姉妹の、7年越しの夢が結実した。
初のコラボ曲は京都出身の2人らしく、テンポの速い掛け合いが特徴的。
歌詞も約6カ月間をかけて初共作し、姉が失恋した妹を励ます内容に仕上がった。

2000年にデビューした倖田とその2年後に3人組バンド、day after tomorrowのボーカルでデビューしたmisono。先にブレークしたのは妹だったが、バンド解散とともに立場は逆転した。

「エロかっこいい」のフレーズを確立した姉に対し、06年3月にソロ再デビューした妹はバラエティー番組で天然キャラを発揮。
ともに苦しい経験を乗り越えて、姉妹コラボにまで到達した。

2人は、テレビ共演でさえ、昨年12月の「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」しかなく、そのとき歌も一緒に歌っていない。それだけに姉妹コラボはファンの誰もが待っていた。

私生活ではカラオケにも一緒に繰り出し、2年前の倖田の誕生日会では倖田のヒット曲「恋のつぼみ」を即興でデュエットし、パーティーを盛り上げた。
今回のレコーディングでも息はピッタリ。
空き時間には曲同様に、マシンガントークが止まらなかったという。

倖田は「これだけ掛け合いの曲ができたのは、やっぱり姉妹だからこそ。アレンジも10回以上試行錯誤しながら作ったんですが、ベストな仕上がりになりました」と納得顔。
misonoも「これをきっかけにウチの曲を聴いてもらって、アーティストmisonoを感じてもらえるとうれしい」とPRした。

満を持してのコラボ曲完成。
2人そろっての歌番組出演も予定しており、ソロとはまた違った一面を披露する
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フジテレビで『音楽寅さん〜』で“桑田&ユースケ”コンビ復活

フジテレビで『音楽寅さん〜』で“桑田&ユースケ”コンビ復活

4月20日からスタートするフジテレビ系列の新音楽番組に、桑田佳祐がレギュラー出演することがわかった。
桑田がテレビにレギュラー出演するのは、2000年10月〜2001年3月に放送されたフジテレビ『桑田佳祐の音楽寅さん〜MUSIC TIGER〜』以来、8年ぶり2回目となる。

新番組には『音楽寅さん〜』のときと同様、ユースケ・サンタマリアもレギュラーで出演。
フジテレビの佐々木将プロデューサーは、「8年ぶりに桑田さんとレギュラー番組が出来て光栄です。音楽を通して、昨今の暗いニュースが多い日本に元気を与えられるような番組作りが出来ればいいなと思っています」と意気込みを語っている。桑田&ユースケコンビの復活に、サザンオールスターズファンはもちろん、同番組のファンからも喜びの声が聞こえてきそうだ。

具体的な番組内容は現在検討中とのことだが、スタジオとロケでの収録を交えながら、桑田佳祐独自の視点と企画による、過去にも現在にもない新しいタイプの音楽番組になる予定だという。

伝説の音楽番組と言われた『音楽寅さん〜』を踏襲しつつ、番組から新たな音楽、感動、サプライズが生まれるような、笑いあり、涙ありの、さらにパワーアップした内容になるとのことだ。

サザンオールスターズの無期限活動休止を経て動き始めた桑田佳祐の新たな挑戦に、注目が集まりそうだ。
posted by toshi at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

『誰も守ってくれない』ヒロイン志田未来、国際映画祭で大絶賛!

『誰も守ってくれない』ヒロイン志田未来、国際映画祭で大絶賛!

女優の志田未来がヒロインを演じた映画『誰も守ってくれない』が、先月開催された第24回サンタバーバラ国際映画祭に出品され、現地で舞台あいさつを行った志田に映画祭に参加した感想などを聞いた。

志田未来は、海外の映画祭は初参加だったということもあって「すごく緊張しました! また、日本での舞台あいさつとは違って、作品を観終わった人たちが直接わたしたちに話しかけてくることも新鮮でした」と感想を振り返る。会場では不得意という英語でのスピーチもこなしたが「事前に覚えていても、舞台の上に立ったら頭が真っ白(笑)。わけがわからなくなっちゃいました」とコメントし、通訳と一緒に考えた英語の文面を披露した。

英語でのスピーチによる舞台あいさつ前にはあまりの緊張で泣き出してしまい、辛い思い出だけが残ったのかと思えば「サンタバーバラの地を楽しみました。おみやげもたくさん買いましたし、1時間ぐらい散歩もしました。スピーチが終わる前はまったく周りが目に入りませんでしたが(笑)、舞台あいさつが終わってからは楽しませていただきました!」と元気に話してくれた。
サンタバーバラは、アメリカ西海岸にあるリゾート地として知られる場所。
日本で女優として、そして学生として忙しい日々を送る志田にとって、リフレッシュする貴重な時間になったという。

今回の映画祭で日本の作品が海外の映画人が観る機会となったことについては「すごくうれしいです。『誰も守ってくれない』は日本が舞台のドラマですが、共感してもらえる部分がたくさんあると思います。これを機にさまざまな国の人たちに観てほしいですね」と話した。
舞台あいさつ後には、ティーチインも行われ、充実した質疑応答の時間に志田も驚いたとのこと。
また、感動した観客にほほをなでられ、サインを求められるなど楽しいハプニングもいい経験になったと話してくれた。

小学校6年生以来の海外体験は15歳の志田にとって刺激的だったが、今年は新しく高校生活も始まる。
「楽しい時間を過ごせるように新しい友だちをたくさん作りたいです」と希望に目を輝かす。

ちなみに目下の課題は勉強と仕事の両立になりそうだ。
今回の映画祭の責任者は志田の演技を“アカデミー賞も夢ではない!”と絶賛していたようだが「ピンとこないです(笑)。目の前のことをしっかりこなしていきたい」と現実的な一面ものぞかせた。

『誰も守ってくれない』はシリアスなテーマの作品で、志田が演じたのは実兄が殺人容疑で逮捕されたため、世間から好奇の目にさらされる少女だ。公開後の観客の反応や評判も上々で「わたしが演じた沙織と同じ世代の方に観てもらって、何かを感じてほしい」とメッセージも。「演じることでいろいろな人になれるこの仕事が大好き。今後もいろいろな役にチャレンジしたい」と熱く語る若手女優の今後にも期待したい。

映画『誰も守ってくれない』は全国東宝系にて全国公開中

posted by toshi at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

SMAP中居正広が月9主演、ヒロインは上戸彩

SMAP中居正広が月9主演、ヒロインは上戸彩

SMAPの中居正広が、4月にスタートするフジテレビの月9ドラマで主演することになった。
タイトルは、未定。
月9への出演は98年4〜6月に放送された「ブラザーズ」以来11年ぶり。
新ドラマでの役どころは、結婚相手を探すための活動、いわゆる「婚活」や仕事にいそしむ等身大の現代青年という。

昨年、40歳前後の女性が婚活に励む姿を描いたTBSの連続ドラマ「Around40〜注文の多いオンナたち〜」が話題になったばかり。男女の晩婚化が進む中、男性版として注目を集めそうだ。

中居が演じるのは30代半ばの会社員。結婚なんてまだ早いと仕事に情熱を燃やしていたが、周囲の勧めで「結婚」の2文字に翻ろうされることになる。婚活や仕事を通した家族や同僚とのかかわりの中で、人間的に成長していく姿がコメディータッチで描かれる。

 月9では、「ブラザーズ」で僧侶役として登場して以来。最近はバラエティー番組などの司会で活躍する一方、俳優としては映画「私は貝になりたい」(08年)やTBSの連続ドラマ「砂の器」(04年)などシリアスな演技が続いていた。今回は、中居本来の親しみやすいキャラクターを前面に出せる役どころで、クランクインを前に楽しみながら準備を進めているという。

 保原賢一郎プロデューサーは「さまざまな役どころを柔軟にこなす中居さんの演技を見て、いつか一緒に仕事がしたいと思っていました。中居さんの魅力を視聴者の皆さまにお届けできるよう頑張ります」と話している。

共演は、上戸彩、佐藤隆太ら。
上戸は初の月9ヒロイン。
木村拓哉の主演ドラマ「HERO」を手掛けた鈴木雅之氏が演出を務める。
posted by toshi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

KinKi/ 堂本剛の「33分探偵」3月3週から復活

KinKi/ 堂本剛の「33分探偵」3月3週から復活

KinKi Kidsの堂本剛主演で昨年放送されたフジテレビ系「33分探偵」の続編が、再び土曜深夜ドラマ枠で放送されることが12日、分かった。
探偵ドラマ史上例のない“ゆる〜い”脱力系キャラクターとして異彩を放った迷探偵が帰ってくる。

“33分探偵”こと鞍馬六郎役の剛は「こんなにも早く『帰ってこさせ』られるとは思っていませんでした」。コメントも脱力系だ。

前作は、昨年8〜9月に全9回放送。
今回も「3」にこだわり、3月第3週目の21日にまずは特番「帰ってくるのか!?33分探偵」として復活。
翌週28日から連ドラ版「帰ってこさせられた33分探偵」として放送する。

同枠の本編尺(CMを除いた実質的な長さ)の33分間に、鞍馬探偵が明らかに無関係な人を犯人視するなど独自の推理(妄想?)を展開する軸は変わらない。
今回は京都や大阪でもロケを行い、その関西編では捜査上のパートナー、京都府警警部として沢村一樹が新加入する。

剛は「帰ってきたからには次のドラマが始まるまでの間、毎回33分もたせたい」。
またまたゆる〜い推理でファンを魅了?しそうだ。
posted by toshi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

嵐マツジュンとガッキーが連続ドラマで初共演、キーワードは、スマイル。

嵐マツジュンとガッキーが連続ドラマで初共演、キーワードは、スマイル。

4月スタートのTBSドラマで「嵐」の松本潤と女優のガッキーこと新垣結衣が、新番組「スマイル」で初共演する。
松本潤は、フィリピン人と日本人のハーフ、新垣は失声症の役でセリフがない。これまでとは、ひと味もふた味も違う演技に挑む2人のラブストーリーを軸に、人間愛がテーマの重厚なドラマを目指す。

主演の松本潤は、父がフィリピン人で母が日本人の設定。
明るく活発で常に笑顔を絶やさないが、その裏で苦労をした過去を持つ青年役だ。

松本は「ハードルの高いキャラクターですが、リアリティーのある、人間味あふれる人物にしたいと思っています」と意欲満々。初共演となる新垣と偶然、あるスタジオで会い「“頑張りましょう!”とエールの交換をしました」という。

ヒロインの新垣は、ある出来事が原因で失声症となり、言葉は発しないが、太陽のような明るい笑顔の純粋な少女を演じる。表情とボディーランゲージだけで感情を表現する難役。
セリフなしの演技が注目を集めそうだ。
一方で、まぶしい笑顔の役どころとあって、明るいガッキー・スマイルも画面からあふれる。

新垣は「私の中で今までにない役設定なので、戸惑うこともあると思いますが、しっかり“スマイル”の世界になじむよう懸命に取り組んでいきたいと思います」と意気込んでいる。

この2人に信頼される弁護士役で中井貴一が絡む。
TBSの連続ドラマは97年の「ふぞろいの林檎たち4」以来となる。
中井も人を食ったような笑い顔がキャラクターとなる予定で、瀬戸口克陽プロデューサーは「笑顔がこのドラマを象徴する重要なキーワードなので、スマイルというタイトルにしました」と説明している。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「Goro’s Bar」がドラマ化、ゲストは、キムタク

「Goro’s Bar」がドラマ化、ゲストは、キムタク

SMAP稲垣吾郎がホスト役を務めるTBS系バラエティー番組「Goro’s Bar」がスペシャルドラマ化されることになり、9日、都内で会見を行った。
この番組は高級クラブの2代目オーナー、ゴロウ(稲垣)が女性ゲストをフロアレディー候補として面接。友近ママや先輩フロアレディー(ハリセンボンらお笑いタレント)とともにゲストの本音を引き出していく。
ストーリー性のある舞台設定や多彩な顔触れなどから、ドラマ化が決定した。

トークバラエティーの異例のドラマ化は初恋がテーマ。
“女芸人”に囲まれる稲垣は「型にはまらない自由なスタイルのお芝居ができました。勉強になりましたね」と戸惑いも多い様子。

会見は欠席したが木村拓哉が、オーナーの兄役でゲスト出演する。
稲垣に対し「フロアレディーの向上化を図ってほしいです」と女性陣を刺激するコメントを寄せた。

稲垣が「検討させてください。でも性格美人たちだから…」と慰めにならない一言をこぼすと、女性陣が一気に爆発。
クワバタオハラのくわばたりえが「頑張ったらオーナー(稲垣)と付き合えるんじゃないかと思って」。
森三中の大島美幸は「友近さんも『オーナーと付き合ったらどうする!? おもろいかもしれへん』って言ってました」。
稲垣がプライベートで菅野美穂との破局が報じられたこともあってか、役柄を度外視したような発言が相次いだ。

それでも稲垣は「オーナーなんで、誰かをひいきにできない。誰も傷つけないで管理していくことに慣れてますから」と、冷静に“かしまし娘”とつきあう極意を打ち明けていた。
posted by toshi at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

イケメン芸人・狩野英孝が神社で無料ライブ

イケメン芸人・狩野英孝が神社で無料ライブ

お笑いタレント狩野英孝が、昨年6月14日の岩手・宮城内陸地震で被災した宮城県栗原市の実家、桜田山神社で復興応援の無料ライブを行うことが8日、分かった。
狩野の父勉さんが、神主を務める神社で4月12日に行われる「春の大祭」後に、境内でネタを披露する。
地震後、地元から複数の要請があったものの調整がつかなったが、このほど実現のめどが立った。
地域への御礼と応援の気持ちを込め“イケメン神社”に帰還する。

古墳時代から1500年以上も続く由緒ある神社で、イケメンネタが披露される。狩野が日帰りで参加するのは、地域にとって、昨年の地震からの復興祈願の新たな節目である4月12日の「春の大祭」。
地域の子どもらが1年の豊作を祈願する栗原市指定無形文化財「桜田ばやし」の奉納後、狩野が単独ライブを行うという。
狩野は昨年6月14日の地震後、11月に番組収録のために1度だけ帰省したが、プライベートの帰省は今回が初。
故郷でのライブも初めてだ。

狩野はこの神社で高校卒業まで過ごし、地域住民から子ども時代のままの「英孝ちゃん」として今も親しまれている。
地震後、神社には「お笑いライブで地元を明るく盛り上げてほしい」などの要請が地元から複数あったが、なかなか調整がつかなったという。

しかし、神社も今年の正月に参道が復旧。
狩野のイケメン効果もあり、1月の初詣では例年の10倍の5000人を超える史上最多の参拝客でにぎわった。
復旧のめどもたったことから、同神社では地域への恩返しとしてのライブを、狩野の所属事務所に頼み込み、実現にこぎつけた。
このほど、狩野のメッセージ入りのポスターも作成し、大祭と御礼・応援ライブの案内を進めている。

岩手・宮城内陸地震は岩手・宮城両県で死者13人、不明者10人を出したが、そのうち、栗原市だけで9人が死亡、8人が不明となった。
関係者によると、大きな被害を受けた地元の応援ライブだけに、狩野は当初「自分はまだまだ未熟です」として、簡単には引き受けようとしなかったという。
だが、地元の要請も相次ぎ、今回は「ボクを育ててくれた故郷に感謝し、少しでも応援できれば」と、ライブ開催を決意した。
大祭のスタートは日曜日の午後1時。
地域の子どもたちも、郷土が生んだ“イケメン”スターの姿を待ち望んでいる。
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記

飯島愛さん死因は肺炎と断定、3月1日は、「お別れの会」

飯島愛さん死因は肺炎と断定、3月1日は、「お別れの会」

元タレントの飯島愛(本名・大久保松恵)さんは、12月24日午後、自宅マンション内のリビングでうつぶせに倒れて死亡していた件で、その後の行政解剖で死後1週間経過していたことが分かったが、死因は判明せず、東京都監察医務院が病理検査をしていた。

飯島さん宅からは風邪薬や睡眠導入剤など、医師が処方した薬品が見つかったが、渋谷署は事件性はなく病死と断定した。

飯島さんの密葬は、死因が特定されないまま、親族らにより、昨年12月26日に営まれた。
3月1日には、親しかった仕事仲間、中山秀征、島田紳助、石塚英彦らが名前を連「お別れの会」が東京・芝公園の東京プリンスホテルで行われる。
posted by toshi at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

異性に言われてショックだった言葉は?

異性に言われてショックだった言葉は?

恋人や異性の友達と話している時、何気ない一言がきっかけで険悪なムードになったあげく、ケンカに発展……。
そんな苦い経験をお持ちの方も多いのではないだろうか?
そこで、オリコンが、既婚者を含む20・30代の男女を対象に『異性に言われて傷ついた言葉』についてアンケート調査を実施したところ、日常の中でふと出た異性からのきつい一言に対して嘆きの声が寄せられた。

特に多かったのは【太った?】、【背の高い人が好きなんだよね】など“容姿”に関すること。
「太っていると自覚していただけに、面と向かって言われると何だか」(埼玉県/20代/女性)、「身長なんて遺伝なんだからどうしようもないよ……」(愛知県/20代/男性)と自分の中でコンプレックスとなっているだけに、悲しい気持ちになったというコメントがズラリ。

男性からの意見が多かったのは【頼りない】、【当てにしてない】の突き放された一言で「仕事でのトラブルをスマートに解決出来なかった時に言われた。
男の威厳を崩されたようだった」(三重県/30代/男性)と消沈気味。逆に女性からは【強いよね】の言葉も「仕事柄、虚勢をはっているだけなのに決め付けないで!」(神奈川県/20代/女性)などと不満の声があげられている。

そのほかにも「バッチリしているつもりなんですけど何か?」(千葉県/30代/女性)などと、女心を傷つけるとともに怒りを買っていた【化粧してるの?】、【そのファッションもう若すぎだよ】。
さらに、思いを寄せる人や恋人との会話中に相手の口からポロッと出た【性格合わないね】、【つまらない】の一言にも「自信をなくす」(北海道/20代/男性)と秘かに心を痛めている人は多い。

いくら気心が知れた仲であっても、相手の気持ちを考えた言葉選びはとても重要。
もしも、これらの発言に思い当たる節がある人は今一度、異性との接し方を見つめ直してみては?
posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

SMAP・中居正広がWBC日本代表サポートキャプテンで原ジャパンを応援

SMAP・中居正広がWBC日本代表サポートキャプテンで原ジャパンを応援

SMAPの中居正広が、原ジャパンを強力サポートする。
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の東京ラウンド(3月5〜9日)を中継するテレビ朝日がWBC日本代表サポートキャプテンに起用。
中居正広は、放送席などから熱戦を伝え、応援を盛り上げる。

日本代表選手よりも先にユニホームに袖を通した中居は「ちょっと、やばいですよね〜」とニンマリ。
自身のユニホーム姿を確認すると「入団会見みたいだな」と話して笑いを誘った。

07年の北京五輪アジア最終予選では星野ジャパンの「公認サポートキャプテン」を務め、昨年の北京五輪ではTBSのメーンキャスターとして日本代表を応援。
野球好き、巨人好きは広く知られるが、特に今回は、大ファンを公言する原辰徳監督が指揮するだけに思い入れも強い。

「原ジャパンへのエールを」という本紙のリクエストに応え、色紙にしたためた文字は「捕」。
「球を“捕まえて”、球場の空気を“捕まえて”、何より世界一を“捕まえて”ほしい。世界一を守るのではなく、捕らえにいってほしいんです」と熱弁。
「捕手が勝敗のカギを握るのでは」という思いも込めた。

原監督からは、「中居さんを通じて、日本中の皆さんがWBCに関心を持ってもらえれば。一生懸命戦いますので、中居さんにも頑張ってもらいたい」とのコメントが寄せられた。大会前に「ぜひ会いに行きたい」と語っており、15日から始まる宮崎キャンプも訪れる予定。現地では中居と原監督による対談も前向きに検討されている。

東京ラウンドは、米サンディエゴ・ラウンド(現地時間3月15〜19日)への2枚の切符を懸けて韓国、中国、台湾と戦う。
特に韓国には北京五輪で連敗を喫した。
「次のステージに弾みをつけるためにも韓国には負けられない。しっかりと応援したい」と力を込めた。

posted by toshi at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。