DJ OZMAが芸能界を引退!2代目は一般人

DJ OZMAが芸能界を引退!2代目は一般人

歌手のDJ OZMAが27日、都内で記者会見し、今年いっぱいで引退することを発表した。
06年大みそかのNHK紅白歌合戦に裸ボディースーツで登場して騒ぎになってから「人気が下降線をたどった」とし、「未練はあるが、ここで退くのも男」と決断。引退後は他のアーティストへ楽曲を提供するなど裏方に回る。
一方で、「2代目OZMA」を一般人に襲名させ、披露した。

紅白の出場者発表から2日。
「重大緊急記者会見」と題し、OZMAは、バックダンサーのPANCHOと夜王KING純一を従え登場した。

「今年いっぱいをもちまして芸能界を引退させていただきます。06年の紅白をピークにゆるやかな下降線をたどり本日に至ります。私はスターではなく普通の人間。これが限界ではないかと思いました」

 今後は「しばらく旅に出る。それから楽曲提供などで芸能界を裏から支えたい」とした。

 後継には、都内のレンタルビデオ店とバーで働くアルバイトの槙精吾さん(年齢非公表)を指名。槙さんは“正装”のホストルックではなく、ダウンコート姿で「えー、いや、あの…。この度、2代目を襲名しました」と緊張気味にあいさつした。

OZMAは槙さんと今年に入って出会い、接客態度の良さにひかれてスカウト。「実直で勤勉。音楽経験は全くないが、彼なら紅白で付いたダーティーなイメージを払しょくできる」と太鼓判を押した。
夜王KING純一も引退し、2代目を「夜王PRINCE純二」と名乗る男性(年齢非公表)が引き継ぐ。
PANCHOは残る。

DJ OZMAは、06年3月、シングル「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」でデビュー。これまでシングル10作、アルバム3作を発売。
8月にEMIミュージックからエイベックスに移籍。
「契約金を8億円ほどいただいたが、(エイベックスの)松浦(勝人)社長には返しました。申し訳ない」と冗談を交えながら説明。来月13日に横浜アリーナで「引退公演」を行う。
3日には、シングル「MASURAO」、31日には、アルバム「I PARTY PEOPLE3」が発売される。

これも話題作り?
posted by toshi at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

長井秀和離婚、原因は女性問題に「間違いない」?

長井秀和離婚、原因は女性問題に「間違いない」?

昨年9月から米国留学していたお笑い芸人、長井秀和が9年連れ添った妻の美奈子さんと離婚したことが26日、分かった。

長井秀和は、世界に通用するコメディアンを目指し、ニューヨークで語学学校に通いながら芸を磨いていた。が、昨年5月に旅行で訪れたフィリピンで美人局被害に遭っていたとが発覚。
現地警察を名乗る男に「17歳の少女にわいせつな行為をした」として拘束され、約1100万円の“保釈金”を静岡県内の信用金庫2店舗に振り込んだ。
その後「淫行の事実はない」と主張して、信用金庫に約1100万円の返還を求める訴訟を起こし、現在係争中だ。

美奈子さんは3歳の1人息子を育てながら長井の帰国を待ったが、同10月に長井とカナダ人タレントとの不倫が一部で報じられた。
女性を巡るトラブルが続いたことで美奈子さんの堪忍袋の緒が切れ、離婚を迫られたようだ。
関係者によると、長井は今月中旬に帰国し、離婚届に判を押して美奈子さんに手渡し、すでに区役所に提出されたもよう。

所属事務所は、「(両騒動発覚)当時は本人がいなかったので、何も話をしていなかった。今回、男として言える範囲のことはキチンと対応しようということです」と美人局被害で、わいせつ行為はなかったことなどを説明するという。
離婚原因については「長井が離婚を望んだわけではない。奥さんに謝りたいという方も出てきたので…」と不倫が原因であることを示唆した。

posted by toshi at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

“美人すぎる議員”観光PR・DVDがオリコン1位

“美人すぎる議員”観光PR・DVDがオリコン1位

“美人すぎる議員”として各方面で取り上げられ話題となった青森県八戸市市議会の藤川ゆり議員が出演する観光PR・DVD『藤川ゆりDVD love navi 八戸』が、12/1付のオリコン週間DVDランキングで初登場41位にランクインした。
アイドル・イメージ部門では1位を獲得し、注目度の高さをうかがわせた。

その美貌で一躍脚光を集めた藤川ゆり議員が地元の八戸市をPRするために体を張って挑んでおり、議員としては異例ともいえる作品で、自らがセレクトした八戸の観光スポット・史跡・食・お祭りなどをめぐり、八戸三社大祭で和太鼓を叩く姿や、日本の渚100選にもあげられる大須賀海岸で水着姿も披露する。

また、市議選出馬への決意、トップ当選を果たした際の心境、議員としての1年間の足跡、今後の抱負と夢、ふるさとである八戸への思いなど、これまであまり語られることのなかった藤川議員の人間像をクローズアップした単独インタビューも収録している。

このDVDは、2008年度のアイドル・イメージDVD(女性部門)でも4位を記録し、同年度のデビュー作品としても1位となっている。
11/18付のオリコンデイリーDVDランキングでは“議員モノ”としては異例といえる総合TOP10入りを果たしており、週間ランキングの動向に期待が高まっていた。

しかし、後援会からは、厳しい意見もでているようだ。
posted by toshi at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

羞恥心の解散はない、と上地雄輔が否定

羞恥心の解散はない、と上地雄輔が否定

俳優の上地雄輔が『ギネス世界記録2009』の応援団長に就任し20日(木)、都内で行われた任命式に出席した。
前日発売の東京スポーツで「解散」と報じられた人気おバカトリオ・羞恥心のメンバーでもある上地は、イベント後の取材で解散は「ない」と自らの口で否定した。
また“おバカキャラが嫌になった”と報じられた件にも「バカは隠していない。僕はバカです。キャラではなく僕のそのまんまです」と報道をはねのけた。

上地は、今年4月12日付の公式ブログ『神児遊助』のユニークユーザー数が23万755人を記録し『世界で最も一日の閲覧ユニークユーザー数が多いブログ』としてギネス世界記録保持者になった。
名実共に“ギネスの顔”となったことに「世界一の男です」と喜びを表すも、次のギネス目標を問われると「もうないです。一つとれただけで十分です」と謙虚な姿勢をみせた。

その後も「羞恥心としてギネスに載る?」と問われると「何(の記録)で載るとかわかりませんよね〜」。“スピード解散”を例に挙げられると「絶対言うと思った。ないです。ないです」。羞恥心として「まずは「弱虫サンタ」で頑張ります」と来月10日発売予定の新曲をPRしつつ“活動休止”などにも言及せず、最後まで「(解散は)ない」と繰り返し会場を後にした。

posted by toshi at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

『サザエさん』一家の25年後続編で、小栗、瑛太らが演ずる、イクラちゃんとタラちゃんの職業が!

『サザエさん』一家の25年後続編で、小栗、瑛太らが演ずる、イクラちゃんとタラちゃんの職業が!

俳優の小栗旬、浅野忠信、宮沢りえ、瑛太がアニメ『サザエさん』の25年後を描いた“25年後の磯野家”を演じ、話題となった江崎グリコ『OTONA GLICOシリーズ』の続編CMで、小栗演じるイクラちゃんが社長に、瑛太演じるタラちゃんがたこ焼き屋になっているなど、2人の未来の職業が明らかにされている。

イクラちゃんの住む超高級マンションへ遊びに来たタラちゃんが、「スゴイとこ住んでんね〜!」と驚くほどのゴージャスな部屋も登場する『仕事&屋台』篇では、イクラちゃんが「イクラネット」というIT関連企業の社長(CEO)を務めていることや、タラちゃんが駅前のワゴン屋台でたこ焼き屋を経営していることなどが判明。

CM後半では「昔からイクラちゃんには負けたくないと思っていたんだよね」と告白するタラちゃんに、イクラちゃんも「俺も思ってたよ」と応戦し、「しゃべれなかったけど・・・」とつぶやくコミカルなCMに仕上がっている。

19日より放映しているCMは、何気ない言葉のやり取りなどから滲み出る、何年たっても変わらない2人の友情が見どころ。
プライベートでも仲が良いという小栗と瑛太だけに、撮影では本番中もアドリブが次々に飛び出し、「元々仲が良い2人だからこそできるアドリブや、2人の変わらない友情を感じさせるシーンなど、予想以上に素晴らしいものが出来た」と監督が絶賛する掛け合いを繰り広げた。

また、『テスト』篇にはワカメを演じる宮沢とカツオを演じる浅野が出演。「小学校ん時のテスト、0点だって」とカツオのテスト用紙を見せるワカメが、「それ、大学の時だよ」というカツオの思わぬ告白に言葉が詰まってしまうなど、こちらも思わず笑ってしまうようなユニークな内容となっている。

posted by toshi at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

KAT-TUNの亀梨和也警察沙汰、酔ってタクシーと運転手と口論

KAT-TUNの亀梨和也警察沙汰、酔ってタクシーと運転手と口論

KAT-TUNの亀梨和也が、酔ってタクシー運転手と口論になり警察に事情を聴かれるトラブルがあったことが17日、分かった。

トラブルが起きたのは10月23日の未明。
亀梨和也が、自宅に帰宅しようとタクシーに乗った際、ドライバーの選んだ道が間違っていると勘違い。
運転手に「道が違う」と声をかけたところ、運転手も車外に出て激しい口論となった。

暴行などはなかったが、驚いた通行人が110番通報した。
警察が駆けつけ2人に事情を聴いた。その日はスタッフが警察に亀梨を迎えに行き、自宅まで送り届けた。
後日ルートが正しかったことが判明し、亀梨は運転手に謝罪。
運転手も受け入れたという。

亀梨の担当弁護士は「事件性はなく示談書などもない。相手の方にもわかっていただいた」と説明。亀梨自身も猛省している。来年1月スタートの日本テレビ系主演ドラマ「神の雫」ではビール会社の社員役を演じるため、酒がらみのトラブルはご法度。

若手人気俳優の石垣佑磨も酒によって暴力事件で、謝罪会見を開くなど、芸能人という道を選んだ以上、社会ルールは守るべきであろう。
posted by toshi at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

声優、野沢雅子がギネスに挑戦!

声優、野沢雅子がギネスに挑戦!

人気アニメ「ドラゴンボール」の主人公・孫悟空の声を演じている声優、野沢雅子が16日、東京・台場での同作関連のイベントで「声優としてギネスブックに載りたい」と、ギネス宣言をブチ上げた。

女優の菅井きんが今年、映画「ぼくのおばあちゃん」で「最高齢映画主演女優」としてギネスに認定されたばかり。
キャリア50年以上を誇る声優界の大御所は「きんさんは別の分野。私は声優の方で」とライバル心をメラメラ。
「健康でギネスに絶対載れるように頑張ります!」と元気イッパイだった。

この日のイベントは、劇場版計17作品のDVDリリース記念で、ファン1人にフジテレビ内の映画館「マルチシアター」を貸し切り状態で同作を鑑賞してもらう超ゼイタク企画。
野沢と主題歌を歌う影山ヒロノブがサプライズゲストで参加した。
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城田優の実兄・城田純が、音楽ユニットalmaでメジャーデビュー

城田優の実兄・城田純が、音楽ユニットalmaでメジャーデビュー

俳優・城田優の実兄でモデル兼デザイナーの城田純と、高校時代からの友人でミュージシャンの白石経によるユニット・alma(アルマ)が、来年2月11日にシングル「鼓動」でメジャーデビューすることが明らかになった。
13日(木)夜、都内でワンマンライブを開催し、MCでメジャーデビューを報告すると「こみあがってきちゃうんで言葉にならない」と感謝の気持ちをファンに伝えた。

モデル、デザイナーなどクリエイティブな活動を展開してきた城田と、ギター・ベース・キーボード・PCなどを操りギターロックバンドとして活動してきた白石。
高校のクラスメートだった2人が、個々の活動を経て4年ぶりに再会。「頑張って口説き落としました」と城田のラブコールが実り、2006年11月にalmaを結成した。

その一方で、俳優としての活躍が目覚しい弟・優について城田は「(優は)実は音楽をやりたいっていう人なんで、(メジャーデビューを)若干うらやましいと思ってるかな」と得意満面な笑み。そして「よき友達&良きライバル」と兄弟の熱い絆をうかがわせた。

今後の目標について、城田は「僕はスペインとのハーフで、経くんは英語がペラペラ。国際的なにおいがすると思うので、ヨーロッパとか世界に行きたいですね」と世界進出への夢をふくらませた。

この日はデビュー曲をはじめ全15曲を熱唱。
歌い上げるタイプではないものの甘い声を響かせる城田と、ポップで多彩な打ち込みに絡まるギターサウンドを演出する2人は終始、華麗なパフォーマンスでファン魅了。

城田は「10年くらい一緒に笑っててください!」と呼びかけ今後の飛躍を誓っていた。

posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

またまた、「ヘキサゴンII」から"おバカ"新ユニット

またまた、「ヘキサゴンII」から"おバカ"新ユニット

羞恥心やPaboなど人気ユニットを次々と輩出している人気クイズ番組『クイズ! ヘキサゴンII』から、misonoとFUJIWARAの藤本敏史、2人の合田兄妹と里田まいによる3人組ユニット“里田まい with 合田兄妹”が新たに誕生し、12日(水)に都内で行われた3万枚限定のデビューシングル「もうすぐクリスマス」発売記念イベントを行った。
サンタの衣装で登場した3人にクリスマスの予定を聞くと、里田と藤本が「仕事です」と話す中misonoは「好きな人と過ごします」と大胆に答えた。

今回のユニットは、おバカキャラとは裏腹に歌の上手さには定評のある里田と、それぞれジャイアン、ジャイ子のニックネームを持つ藤本とmisonoによる“合田兄妹”が合体し結成されたもの。

この日、会場に訪れた2000人ものファンからの声援に藤本は「38歳で黄色い声援を受けることになるとは思わなかった」と動揺を隠せない様子で話した。

また「ぶっちゃけセンターが良い!」とポジションへの不満を爆発させたmisonoだが「最近、サンタの格好してて『かわいい』って言われるんです〜」とニヤニヤ。

さらに、今年のクリスマスの予定について聞かれ、里田と藤本が「仕事です」と肩を落とす一方、misonoは「好きな人と過ごします」と頬を緩ませた。

なお、報道陣から大晦日の『NHK紅白歌合戦』について尋ねられると「出れるなら出たい」と里田は目を輝かせていた。

posted by toshi at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

TBS「アッコにおまかせ!」の行き過ぎ取材に批判

TBS「アッコにおまかせ!」の行き過ぎ取材に批判

TBS系「アッコにおまかせ!」の番組スタッフが、拘置中の小室哲哉容疑者に差し入れをした問題で9日、この日の同番組内でTBSの安東弘樹アナが「行き過ぎた行為」と謝罪した。
和田アキ子は、番組終了後に今回の事実を聞かされ「非常識。もっと誠実に謝るべき」と激怒した。

番組スタッフが、大阪拘置所に拘置中の小室容疑者に差し入れしたのは今月7日。
約1万円のミニキーボード、和田の著書「おとなの叱り方」「5年目のハイヒール」、番組の特製菓子とTシャツを差し入れようと拘置所に出向いた。

大阪拘置所からミニキーボードと菓子は却下され、Tシャツと著書だけが許可された。
この事実が一部で報道され、この日の生放送の中で安東アナが「小室容疑者に差し入れをしました。行き過ぎた行為でした」などと謝罪した。
拘置所の差し入れ場面などは放送されなかった。

番組関係者によると、小室容疑者逮捕のニュースを報じるため、番組スタッフは各方面を取材したが、芳しい成果が得られなかったという。そのため、拘置所に差し入れをする直撃取材を試みたようだ。取材の名目のため、ミニキーボードや著書の購入代金などは、番組制作費から出ているとみられる。

事前に、差し入れした事実を知らされていなかった和田は、安東アナが謝罪した時「えっ? 何?」と要領を得ない様子だったが、番組終了後に事実を知らされ、和田は「何でこんな非常識なことをしたのか? モラルがない。こんなにひどいことをしたのに、番組内の謝罪はなっていない。謝るならもっと誠実に謝るべきだ」などと激怒したという。

TBS幹部はこの日、ホリプロに対し謝罪したが、「広報が休みなので…」としており、ホリプロは同局の悠長な対応に不快感を示しているという。
TBSの広報は本紙の取材に「番組内で説明したということしか聞いていません」とコメントした。
posted by toshi at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

小室哲哉の楽曲が表舞台から姿を消す?

小室哲哉の楽曲が表舞台から姿を消す?

5億円にも及ぶ詐欺容疑で4日に逮捕された小室哲哉容疑者の楽曲が、各ラジオ局から“締め出し”を受けたことが5日、分かった。
逮捕を受けて、各社はglobeやTM NETWORKの楽曲以外にも小室容疑者がプロデュースした楽曲のオンエア自粛を決定。
波紋は、かつての“小室ファミリー”と呼ばれた安室奈美恵やTRFらアーティストにも広がっている。

4日にはglobeの新曲発売中止とインターネットなどの音楽配信の停止が発表されたが、影響は小室容疑者だけでなく、自身がプロデュースした安室奈美恵や華原朋美、TRFらにまで広がっていた。

小室容疑者の逮捕を受けて、各ラジオ局は楽曲の自粛を決定。
TOKYO FMは小室容疑者の自身が演奏した曲以外にも、プロデュースするなどした関連するすべての楽曲のオンエアを当面、見合わせることを決定した。
また、ニッポン放送では、小室容疑者の楽曲をオンエアしないように配慮して放送。
オンエア中止などの“自主規制”については現在、検討中という。

有線ラジオ放送大手「USEN」では、globeやTM NETWORKなど小室容疑者がメンバーにいたユニットのリクエスト受付を中止。
USENグループのカラオケ「UGA」では、小室容疑者が出演するPVの配信中止などについて「今後の動向を見ながら、柔軟に対応していく」と話している。

プロデュース作品の中には、安室の「CAN YOU CELEBRATE?」などをはじめとしたミリオンセラーシングルが20曲、ミリオンセラーアルバムも400万枚を超えたglobeの「globe」など17枚を数える。
90年代を彩り続けた希代のプロデューサーの名曲の数々が、逮捕とともに消滅の危機に立たされた。

しかし、楽曲に罪はないとしても、事件の重大性を考えれば、当然の報いかも?
posted by toshi at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

小室哲哉容疑の悪質手口が明るみになった

小室哲哉容疑の悪質手口が明るみになった

4日逮捕された小室哲哉容疑者は、「謝罪したい」と容疑を認めた。
かつて仕手戦の舞台となった投資・建設事業の持ち株会社から小室容疑者は年60%にも上る“高利融資”を受け、5億円のうち約3億3000万円はこの融資の返済に充てられていた。

また、今回の一連の事件がきっかけで、小室容疑者が妻KEIKO(36=現KCO)と離婚していたとみられることも分かった。

小室容疑者はこの日、自ら役員を務めるプロダクション「トライバルキックス」(東京)の代表取締役平根昭彦、監査役木村隆の両容疑者とともに大阪地検に逮捕された。

調べに対し小室容疑者は「3人でやったことに間違いない。申し開きすることはない。反省し被害者に謝罪したい。刑事責任を潔く取るつもりだ」と供述しているという。

さらに、小室容疑者が、かつて仕手戦の舞台となった投資・建設事業持ち株会社から“高利融資”を受け、その5カ月後に今回の詐欺事件を起こしていたこともこの日、分かった。

5億円のうち約3億3000万円はこの融資の返済に充てられていた。
木村容疑者は「月利5%という持ち株会社からの借金を返すために著作権の譲渡先を探していた」と説明している。
特捜部は、単利でも年60%に上る実質的な「借入金」の返済に切迫した小室容疑者が主導したとみて調べる。

関係者によると、小室容疑者が“融資”を受けたのはA・Cホールディングス(東京、旧南野建設)。
旧南野建設は、「最後の大物仕手筋」と言われた西田晴夫被告が、07年に逮捕された株価操縦事件の舞台となった。A・Cホールディングスは「当時の担当が分からず、答えようがない」としている。

また、小室容疑者が妻のKCOと離婚していたとみられることも、この日までに分かった。
2人に近い関係者は本紙の取材に「2人は既に離婚している」と語った。今回の事件で、大分県臼杵市で料亭を営むKCOの母親に対し昨夏、被害にあったとされる男性投資家から「小室が金を返さない」と電話があったという。
母親がKCOに伝えると、事務所を通じて「安心してほしい」と説明されたという。

だが、この借金が原因で、02年の結婚から6年で夫婦関係にピリオドを打ったようだ。

特捜部の調べによると、小室容疑者らは06年8月、これまでの作品806曲分の著作権について、既に音楽出版社に34曲譲渡し、うち主要12曲はト社に譲渡するなどしていたのに「過去の作品806曲がフルセットになっていることに意味があるし価値が出る」などとうそを言って、10億円で売却する契約を兵庫県芦屋市の投資家男性と締結。さらに、前妻の歌手吉田麻美に差し押さえられていた印税の権利について、解除する意思がなかったが、解除代金として計5億円を支払わせ、だまし取った疑い。

男性との交渉過程では「これでも名の知れた男。逃げも隠れもしない」とかつての知名度を信用させ、説得させたちう。
さらに、男性のために自ら曲を作り「世界で1つの曲」としてCDにしてプレゼント。「小室サウンド」で相手を手玉に取ったテクニックも明らかになった。

どうして、ここまで転落してしまったのか?
一部のファンでは、小室容疑者の擁護説もあるが、ここまで悪質だと
騙されていたでは、済まない。
posted by toshi at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

小室哲哉が詐欺?容疑を認めた。

小室哲哉が詐欺?容疑を認めた。

楽曲の著作権を譲渡すると偽り、兵庫県内の投資家の男性から5億円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は4日、音楽プロデューサーの小室哲哉容疑者と取引の関係者2人の計3人を詐欺容疑で逮捕した。
特捜部は、小室容疑者が「音楽配信ビジネスをしたい」という男性の意向につけこみ、事業失敗などによる借金返済のために著作権譲渡を持ちかけたとみており、取引の経緯などを調べている。

小室容疑者は「間違いない」と認め、「被害者に申し訳ない。反省している」と供述しているという。

他に逮捕されたのは、イベント企画会社「トライバルキックス」社長、平根昭彦▽広告会社の実質経営者、木村隆の両容疑者。

特捜部によると、小室容疑者らは共謀し、06年7月ごろ、日本音楽著作権協会に小室容疑者が作詞・作曲家として登録していた全楽曲806曲の著作権を10億円で譲渡すると男性に提案。
8月9日と29日、男性に前払い金として計5億円を振り込ませ、だまし取った疑い。

取引関係者によると、小室容疑者は木村容疑者の紹介で男性と知り合った。
男性から「音楽配信をやりたい」との意向を聞き、インターネットなどを使った新たな音楽ビジネスを提案し、著作権譲渡を持ちかけたという。
実際には、著作権は既に音楽出版社に譲渡していたが、小室容疑者はその事実を隠していたという。

男性が振り込んだ5億円は、木村容疑者を介し、06年8月末、小室容疑者の資金管理をしていた平根容疑者の会社の口座に入った。平根容疑者は即日、小室容疑者の借金返済のため、1億5000万円を木村容疑者に、約3億4400万円を東京都内の事業会社に返済したという。

特捜部は4日朝、小室容疑者を大阪市内のホテルから任意同行。
東京都港区の自宅や所属事務所を捜索し、資金の流れについても調べる。

小室容疑者は90年代にTRFや安室奈美恵さんらをプロデュースして次々にヒット曲を生み出したが、00年ごろからは人気が低迷し、海外進出に失敗するなどして多額の負債を背負っていたというが、
こんなに早く転落の人生を歩むとは、時代の先を読んでヒット曲をだしていたのに、自分の先は読めなかったのだろうか?
posted by toshi at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。